※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

よくわかんなくても使用マナについてだけは見ておくこと推奨。




はじめに

精霊術の使用にはマナを3つ必要とする。
マナは、火・水・風・土の4種類があり、
精霊術の種類によってそれぞれ優位属性が異なる。

戦闘前に4種9個ずつ計36個のマナがランダムにシャッフルされ、
1・11・21ターン目に3つ、それ以外のターンには1つが配られる。
つまり、30ターンの間に12回精霊術を使える機会がある。
共有マナというものもあるが、最初は考えなくてもいい。

ターン 配布マナ 累計マナ
1 3 3
2 1 4
3 1 5
4 1 6
5 1 7
6 1 8
7 1 9
8 1 10
9 1 11
10 1 12
11 3 15
12 1 16
13 1 17
14 1 18
15 1 19
16 1 20
17 1 21
18 1 22
19 1 23
20 1 24
21 3 27
22 1 28
23 1 29
24 1 30
25 1 31
26 1 32
27 1 33
28 1 34
29 1 35
30 1 36
31 マナ消滅 0
32- 0 0

精霊術の威力

int(精霊力) * int(スキル) / 10
精霊力、スキル共に小数切捨
負の場合は0として扱う
精霊力の一覧から使用するマナの組み合わせ毎の精霊力を確認できる。

精霊術と精霊力の関係

精霊力が低いマナを優位属性とする精霊術に使っても威力が低く、
通常攻撃より効果が期待できない場合がある。

精霊術【強化】【増幅】は例外で基本が上乗せの為に通常攻撃より弱くはならない。
その為、精霊鍛冶師のクエスト等で役に立ち辛い
操作、結界使いなどがにわか強化、増幅使いになる手もある。

精霊術は、通常攻撃よりも有効な行動でなければ
あえて行う必要はないので、マナを使わず通常攻撃してもいい。
そんな場合は、回復等をする時のためにマナを温存しておくか
適当に【強化】辺りを使っておくと便利。

使用マナについて

使用するマナは、術ごとにできるだけばらしておくといい。
かぶってもいいが、総マナ量と、優先順位には気を付けたほうがいい。
よく分かんない場合は、ワイルドカード(★)3つで固めとけ。
★★★なら、とりあえずマナがあれば精霊術を使用していける。

増幅メイン・強化サブの一例
(1)精霊術1(強化【攻撃】自分) を 全般【1-終】 で 3回まで 使用する
精霊術の属性 [ ★ ][ ★ ][ ★ ]
(2)精霊術2(増幅【攻撃】自分) を 全般【1-終】 で 3回まで 使用する
精霊術の属性 [ ★ ][ ★ ][ ★ ] 
(3)精霊術3(強化【均衡】自分) を 全般【1-終】 で 3回まで 使用する
精霊術の属性 [ ★ ][ ★ ][ ★ ] 
(4)精霊術4(増幅【敏捷】自分) を 全般【1-終】 で 3回まで 使用する
精霊術の属性 [ ★ ][ ★ ][ ★ ] 

もちろん、これだと効率は大体において悪い。
理解ができてきたら、シュミレーターで効率的な設定を模索していこう。

終盤の精霊術は即座に効果があるもの、特に攻撃だといい。
結界や精製【装填】は要らない。

鍛錬での上昇(下降)値

(100 - 元の精霊力) * 固定値 / 100 ※小数点第3位以下は切捨
95を越えて上昇する場合は元の精霊力が95として計算される?
(99.50以上の場合は未確認)
0(?)を越えて下降する場合は元の精霊力が0として計算される?
(-88.84以下の場合は未確認)
固定値一覧
A属性 A相反 B属性 B相反
 ▲
+6.0
 ▼
-3.0
 ■
±0
 ■
±0
 ▲
+4.0
 ▼
-2.0
 ■
+2.0
 ▼
-1.0
 ▲
+4.0
 ▼
-2.0
 ▲
+1.0
 ■
±0
 ▲
+3.0
 ▼
-1.5
 ▲
+3.0
 ▼
-1.5
 ▲
+3.0
 ▼
-1.5
 ▲
+0.75
 ▲
+0.75
 ▲
+3.0
 ■
±0
 ■
±0
 ■
±0
 ▲
+1.5
 ■
±0
 ▲
+1.5
 ■
±0
 ▲
+1.0
 ▲
+1.0
 ▲
+1.0
 ■
±0
 ▲
+0.75
 ▲
+0.75
 ▲
+0.75
 ▲
+0.75

新規登録直後の鍛錬で上昇する値(参考)

A属性 A相反 B属性 B相反
 ▲
+3.0
 ▼
-1.5
 ■
±0
 ■
±0
 ▲
+2.0
 ▼
-1.0
 ■
+1.0
 ▼
-0.5
 ▲
+2.0
 ▼
-1.0
 ▲
+0.5
 ■
±0
 ▲
+1.5
 ▼
-0.75
 ▲
+1.5
 ▼
-0.75
 ▲
+1.5
 ▼
-0.75
 ▲
+0.37
 ▲
+0.37
 ▲
+1.5
 ■
±0
 ■
±0
 ■
±0
 ▲
+0.75
 ■
±0
 ▲
+0.75
 ■
±0
 ▲
+0.5
 ▲
+0.5
 ▲
+0.5
 ■
±0
 ▲
+0.37
 ▲
+0.37
 ▲
+0.37
 ▲
+0.37
相反する属性同士では、▲▲と▼▼は同じの筈です。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る