※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<LastUpdate: 2011-09-19 >

<Steam>






Dirt2のオンラインプレイ登録(サインイン)が出来ない。

The profile could not be signed in to LIVE.
There may be a network problem or the Windows Live ID service may not be available.
というエラーがる。
また、エラーが出たときの「network status」を参照すると
internet ip adress: not signed in
UPnP: not signed in
となっている。

Windows Live と Xbox Live の 本登録 (関連付け)が完了していない

Windows Live IDの未登録または仮登録な状態でDirt2を起動し、オンライン(GFWL = Games For Windows Live)のサインインにて新規アカウントを選択するとGFWLアカウント登録ウィンドウ(Xbox Liveとの共有アカウント登録)が出てきます。
しかし、この登録を済ませ、次のライセンスキー(CDキー)入力を済ませてもWindows Live IDの本登録が済んでいないため、しばらくすると上記のエラーが出ます。
本登録はWindows Live ID ログインを開き、ゲーム内でGFWL(Xbox Live登録との共有アカウント)の登録に使用したメアドとパスワードでログイン(サインイン)してください。
ログインするとそのメアドに仮登録メールが届きますので、その本文中の本登録用URLをクリックして完了してください。
それでもダメな場合はXbox Liveの方でもWindows Live IDと同じアカウントでサインインしてください。

dirt2.exe と dirt2_game.exe がファイヤーウォールにブロックされている

※Windows XP SP3での対処方です。
「スタート」→「コントロールパネル」→「Windows ファイヤーウォール」を開く。
例外設定で下記2つを追加(プログラムを追加)する。
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\dirt 2\dirt2.exe
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\dirt 2\dirt2_game.exe

※Windows標準以外のファイヤーウォールソフトを別途インストールしている場合はそちらの設定(例外設定、及びポート開放。ポート番号等は↓のルーターのポート開放を参照)を行ってください。
※Anti Virusソフトにはファイヤーウォール機能を有しているものもありますので、その場合はそちらの設定を行ってください。

UPnPを有効にする(ポートを開放する場合は無効のままでOK)

Windowsサービスの「Universal Plug and Play Device Host」(デフォルトは手動なので気にする必要はない)とルーターのUPnPを有効(基本的にデフォルトで有効になっている)にする。

※Windowsサービスの「Universal Plug and Play Device Host」を「無効」にしている場合は「手動」へ変更(適用)して「開始」してください。(参考:Windows XPスマートチューニング 128 UPnP機能を完全に無効にする

ポートを開放する(UPnPを有効にする場合はポート開放不要です)

ルーターの下記ポート番号を開放してください。
TCP port 3074
UDP port 88
UDP port 3074

※ファイヤーウォールソフトを別途インストールしている場合はそちらでもこのポート開放を行ってください。


TrackMania Nations Forever にてG27のアクセルペダルとブレーキペダルを利用したい。

ゲーム内の「プロフィール」→「インプット」の「アクセル(アナログ)」をクリックし、Logicool G27 Racing Wheel(海外版は Logitech G27 Racing Wheel)のアクセルペダルを踏んで設定しても、ゲーム内でアクセルを踏み込むとアクセル(とカーソルキーの↑)、アクセルを戻すとブレーキ(とカーソルキーの↓)になります。(※場合によってはアクセルを踏み込んでいてもブレーキが効いてしまう現象が頻発する)
これを解消するにはロジクールプロファイラの設定を変更すれば大丈夫です。
  1. ロジクールプロファイラを開く。
  2. 「オプション」→「グローバルデバイス設定」を開く
  3. 「組み合わせペダルをレポート」にチェックを入れ「OK」
これでアクセルはアクセルペダルで、ブレーキはブレーキペダルで操作出来るようになり、アクセルペダル操作によるカーソルキーの↑↓入力もされなくなります。

ゲーム毎にプロファイルを設定している場合は、「編集」→「特定のゲーム設定」の「組み合わせペダルをレポート」にチェックを入れください。
恐らく、Logicool(Logitech)製のハンドルコントローラー(G25 Racing Wheel、Driving Force GT、GT Froce Proなど)で同じような問題がある場合はこの設定で解消できると思われます。

ロジクールプロファイラは Logicool Gaming Software という名称で提供されています。
ロジクールのサポート → 「方法3」の製品タイプの選択で「ゲーミング」を選択 → 「G27 Racing Wheel」を選択(Driving Force GT 用も同じ) → 右側の「ソフトウェアのダウンロード」 → あとは「OS」や「32bit or 64bit」を選択してダウンロードし、インストールする。