ガフィット級原子力潜水艦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製造国 ツキガミ連邦
全長 90.2m
全幅 9.4m
喫水 7.6m
速力 水上:14kt/水中:28kt
機関 加圧型原子力タービン、1軸推進
兵装 533mm魚雷発射管×6門(対艦ミサイル併用)
総排水量 5220トン

概要

ノースフィーリア連邦初の攻撃型原子力潜水艦。船体は涙滴型・複殻式構造であり、主機に加圧水型原子炉 ターボ・エレクトリック方式を採用。
これによって水中速力は当時としては速いものとなった。しかし、技術不足という点は否めず、基準値を遥かに超える騒音や初期型では事故も頻発した。
度重なる改良により、ようやく原子炉の安全性は確保できたものの、依然として騒音の面で同世代の潜水艦に劣っていた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。