フィーラ神話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィーラ神話は、古代フィーラ海の原住民に伝わった神話・伝説を中核として、様々な伝承や挿話の要素が組み込まれ累積してできあがった、箱庭世界の始まりと、それを司る神々たちの物語であるとされる。
蒼炎王国までは口承形式でうたわれ伝えられてきた。蒼炎王国時代にはすでに文字の形で記録されていたとされるが、相次ぐ災厄によって現存しているものは少ない。
現在、近海に古代フィーラの遺跡が発見され、発掘調査が進められている。

内容

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。