※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fire Wall

三次元的な空間を創り出す魔術
空間製作魔術においては、最もポピュラーな魔術といえる。
魔力操作の技術があるならば、ある程度の空間を製作することが可能。
三次元的に魔力を操作し、空間を作るだけで《障壁》と成る。
魔力の量を増やし、厚みや密度を上げれば、それだけ強固な壁とすることが可能であり、魔術師の技量よりも魔力の量が物を言う。
最もポピュラーな使い方は盾としての役割。魔力によって作られた空間という名の壁は、それだけであらゆるモノを弾く盾となる。物理的干渉の全てを拒絶し、魔力で作られたモノ故に魔術への耐性もある程度防ぐことが可能だ。
しかし、《結界》のように干渉するものを区別する能力はなく、応用のきかない魔術でもある。

Category

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|