カブ港について

この町の特色

ゲームの設定では、イリア大陸(ケルラ港)やベルファスト島に行く船(便)と、大きな灯台のある港町となっています。ケルラ港、ベルファスト島とも大陸移動アクションで瞬間移動可能ですが、交易モード中は大陸移動を使えないためベルファスト島へは必ずカブ港の船便を使うことになります。灯台守のNPCアスコンにまつわるストーリークエストもあります。ウルラでは珍しく、人間、エルフ、ジャイアントのNPCが揃っています。最近(2011年7月)実装されたこともあってか、景色も見ごたえがあります。(坂、海、灯台など)
mabinogi_2012_12_13_004.jpg mabinogi_2012_12_13_003.jpg

この町のよいところ

個人商店の販売上限金額が高く設定(1000万G)されていて、高額なアイテムを販売することができます。また、ダンバートンと同様に町がコンパクトにまとめられています。アスコンから受けられるアルバイトでハンディクラフトスキルの修練が可能です。

この町の足らないところ

この町には港がある一方で、聖堂、魔法アイテムを販売するNPCなどがなく機能的に不完全な面もあります。町の名前も「カブ港」となっていたり、武道会ではカブ港のNPCがダンバートンのチームにされていたりすることから、ダンバートンに属する港といった見方もできます。


地図

カブ港区域全体図

その他

名前
コメント