イメンマハについて

この町の特色

ゲームの設定では美しい街並みを誇る湖畔都市とされています。町の南側がセン湖に面しており、湖に突き出る形で建てられているイメンマハ大聖堂前にある広場を中心に街路が放射状に広がる閑静な町の姿をしています。この町だけの施設も多く、大聖堂では人間種族同士の結婚式場となっており、戦闘、生産などの一部のスキルについて段位を取るための昇段試験場もあります。公演場ではプレイヤー自らが舞台で演劇することができ、ユーザ-自身による手作りのイベントがしばしば行われています。毎週現実の土曜日にはイメンマハ料理大会が行われています。前述の昇段試験、料理大会のほか、各種スキルランクを獲得、向上させる上で鍵となるNPCもこの町に多いです。(ゴードンから料理スキル、ネイルから音楽スキルなど)最近実装された人形術師(スキル)関係のNPCもいます。このとおり内容が盛りだくさんの町ではありますが、BGMも含めてとても落ち着いた、見方を変えれば寂しい感じがします。メインクエストを進めていくと、この町の歴史について触れることがあります。町がたどってきた歴史に影響を受けているのかもしれません。

この町のよいところ

エリン唯一のレストラン「ロフリオス」があり、料理、食材の販売が充実しています。店内には水汲み場とかまどもあり、料理スキルを使うアルバイトが受けられます。フィールド内で調達できる食材の種類も豊富ですので、料理スキルの修練などにとても適しています。また、ティルコネイルと同様に紡織スキル修練にも適しています。ここではさらに衣料品店で裁縫スキルを使うアルバイトも受けられます。都会的な性格の町にしてはプレイヤー数が少なめなこともあってか、ユーザ自身が行うイベント、催しもの(演劇、蚤の市など)があって楽しめます。衣料品修理成功率98%のNPC、エレノアと隣のセンマイ平原に行けば魔法衣装の修理ができるフレッタがいます。人形術師スキル関係の実装があった際に錬金術師のかまども設置され便利になりました。

この町の足らないところ

G17実装時点での主な狩り場は、タルティーン、タラの影ミッションとエイヴォンでの演劇ミッション、武道会が中心となっており、プレイヤーがこの町を拠点にすると少々移動が面倒です。ムーンゲートも町の中心から少し離れています。ダンバートンと同様に武器、鎧の修理の成功率は平均的で、バンホール、タルティーンのNPCへ修理に出すプレイヤーが多いです。

地図

イメンマハ区域全体図:画面をクリックすると別ウィンドウで拡大図が開きます
mabinogi_2012_12_12_001EmainMacha.jpg

その他

名前
コメント