※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サルでもわかるふー○語講座

応用編


続いて応用編です。

ふー○さんは○学時代はワープロ部(謎)に所属されていたそうですが
非常にタイプミスが多いです。
ですがそれだけではなく、タイプミスをしていないときにも
少し変わった日本語をお使いになるので難易度が跳ね上がります。
対応するには普段の言動を意識する必要があります。

基本的な知識がないと、いろいろつらいです。
あってもつらいです。

基本的な知識とは以下のようなものですね。

・語尾は「じゃろ」


・長音(ー)はほとんどの場合省略されるか0[ゼロ]になる。
「0」になるのはきっと指が短いのでしょう。かわいい。

・入力方式はヘボン式ではなく日本式ローマ字。
(「シャ」と入力するときSHAではなくSYAと入力)
ローマ字について(wikipedia)

こういう知識は積み重ねですね。
日本式ローマ字というのは「○ょちょさん」を「○ょとさん」と呼ぶことから推測されます。

さて応用編では、
ふー○語を作ってみることで習熟度をあげてみようかと思います。

今回は「ランスチャージ強いよねーw」をふー○語に変換してみましょう


まず語尾をじゃろに変えてみましょう。
「ランスチャージ強いじゃろーw」

続いて長音を0に置換しましょう。ついでなんでwもqにしておきましょうか。
「ランスチャ0ジ強いじゃろ0q」

チャージですが、「○ょとさん」の例を出したように、さらりと彼女は一文字抜いてきます。恐ろしい。
「ランスタ0ジ強いじゃろ0q」

そして伝家の宝刀の横ずらしを一部にだけ適用します。
「tsmタ0ジ強いじゃろ0q」

だいぶふー○語らしくなりましたね。

これで緊急時に「tsmタ0ジ使って111」とふー○さんに言われたとしても問題なく対応できますね!

え?わかるわけがない?
ふー○さんへの愛が足りないんじゃよ・・・
私も足りないです。

愛が足らない方はこちら