サルでもわかるふー○語講座

基礎編

マビノギをやっていく上で必須ともいえるふー○語マスタリーについて
簡単に説明させていただきます。

ふー○語はみんな難しいとか訳がわからないとかよく言いますね。
でもふー○語は難しいようで簡単です。嘘です。難しいです。
でも基礎的な知識を身につければ怖くない!!嘘です怖いです。

でも、この言語には基本的な解析手法が存在しています。                    
それがFSAM(Fingar Slide Analyse Method)という手法です

具体的なふー○さんの発言を元に説明していきましょう。

ある日あなたは武道会に行くことになりました。

PTに入った瞬間
ふー○ 「ちえい0q」

訳がわかりませんね。
泣きそうですか。
でもそこで諦めたら試合終了だよ。

慌てずに解析しましょう。まず彼女が打った文字をじっくり見てみましょう。
t [ティー] i [アイ] e [イー] i [アイ] 0 [ゼロ] q [キュー] ですね。              
次にキーボードをよく見ましょう。
その際活躍するのがFSAMです。
FSAMとは・・・!
・・・・キーボードの横の文字を見てください。

T の横は Y

I の横は O

E の横は R ・・・・

これは・・・!
そうです彼女は「よろーw」と言いたかったんですね。             

謎は・・・すべてとけた!

キーボードの入力時にふとした弾みにホームポジションからずれてしまうことは誰にでもあるかと思います。
だがふー○さんは頻発します。
そして訂正しません。それがふー○語がふー○語たる所以なのです。

以上、基礎編でした。 応用編に続く