|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

キャラクターにGM権限を付ける

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクターにGM権限を付けるにはデータベースを弄れば簡単にできます。

先ず、Navicatを起動させl2jdbに接続します。
accountsを開いてGM権限を付けるアカウントのaccess_levelを100にし次に
charactersを開いてGM権限を付けるキャラクターのaccesslevelを100に
すればGM権限を付ける事が出来ます。

GMの設定は、C:\l2j-server\gameserver\config内にある
other.propertiesで弄ることが出来ます。
変更するとしたら以下の箇所ぐらいでかな?

# Allow different name color for GM and Admin characters.
GMNameColorEnabled = True
# Color to use for GM names, if enabled. (access level 75).
# (Must be in hex RGB format: eg. FFFF00 = Yellow)
GMNameColor = FFFF00 (accesslevelが75のキャラの名前の色指定)
# Color to use for Admin names, if enabled. (access level 100+).
# (Must be in hex RGB format: eg. 00FF00 = Green)
AdminNameColor = 00FF00 (accesslevelが100のキャラの名前の色指定)
(色の変更は、RGBで指定してやります。)
# Enable GMs to have the glowing aura of a Hero character.
GMHeroAura = True (GMキャラにヒーローオーラを付けるか否か、
付けるならTrueに、付けないならFalse)

# Auto set invisible status to a GM on login.
GMStartupInvisible = True (GMキャラを他のPCに見せるか見せないか、
見せないならTrueに、見せるならFalse)
# Auto block private messages to a GM on login.
GMStartupSilence = True (GMキャラに対して1対1会話を受け付けるか拒否する
か、拒否するならTrueに、受け付けるならFalse)
# Auto list GMs in GM list (/gmlist) on login.
GMStartupAutoList = True

とこんな感じです。
自分なりに弄ってみて下さい。