※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

偏愛は、お客さまに取って価値観の押付け

製品を深く知るためには、競合製品や競合他社に関して、
深い洞察を行い、客観的な比較のもとでの自社製品の評価が必要

自社製品が劣る部分は劣っていることを明確に顧客に伝えることも必要