※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホテルで仕事をしたりすると,妙に集中できる。
視覚的な刺激が減って,考えに集中できる。
脳は絶えず刺激を求めてしまうので,飽きてくると,
すぐ他のところを見てしまう。
だから普段の仕事環境もできるだけ,不必要なものを排除した環境作りが必要。

 目線から上にあるものは,基本的には使用頻度は低いものです。捨ててしまうか,どこかにまとめて箱に入れてもいいでしょう。つまり自分の身の回りの,余分な情報をカットすることが必要なのです。

 着るものでもそうです。1年間着ないものは,また着る可能性は低いものです。余計なものを取っておく空間のほうが,価値がある場合もあります。捨て去ることを恐れて過去にこだわってしまうと,前向き思考になっていけません。

 取っておくより,捨て去ってしまうこと,これがむしろ脳にはいい環境なのです。つまり捨てることで,必要なものの整理ができます。必要な雑誌として取っておくのではなく,必要なページを切り取っておく,即座にそうやって情報の整理をする習慣が必要です。なんでも取っておくことは,何もできないことと同じなのです。

 記憶の整理は常に必要になりますが,思い出すと同時に忘れてしまったほうがいいことも多いのです。脳の基本は忘れるようにできています。資料を保存すると,それができにくくなってしまいます。脳をリセットするためにも,余計なものを捨て去る努力をしましょう。