|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

2013.06.01

    
【クリアリ】クリフトとアリーナの想いは Part13【アリクリ】
142 名前: 名前が無い@ただの名無しのようだ Mail: sage 投稿日: 2013/06/01(土) 23:01:10.47 ID: ad8IA2MI0
山麓です。解除祝いの『クリフト、ザオリクを唱える』
初ザオリクはこんな感じかと思った。


「姫様!!」
嫌な音と共にブライの小さな体が地面に叩きつけられた。それは一瞬の出来事だった。
対峙している魔物に珍しく苦闘していたアリーナは、珍しく背後からの新手の魔物の攻撃に気づいていなかった。その魔物の攻撃がアリーナに振り下ろされる瞬間、ブライがアリーナを庇うように魔物との間に入り、その攻撃を己の体を盾に受け止めた結果だった。
「ブライ様!!」
「ブライィーーーーー!!」
魔物を仕留めたアリーナは背後の異様な気配に振り返った。そしてアリーナの目に映ったのは、見るも無残な姿になった老魔術師の姿だった。
「いやぁ! 」
いつものアリーナとは違った悲鳴のような声と、震えるように立ち尽くし、子供のようにイヤイヤする姿に、クリフトは居ても立ってもいられず、馬車を飛び出した。
「姫様」
飛び出し、手土産と言わんばかりに、ブライを叩きつけた魔物を切り捨て、地面に縫い止めると、アリーナに駆け寄った。
「ブライが……、ブライが…… 」
パーン
メダパニを受け、子供が泣きじゃくるように、錯乱し荒れ狂っているアリーナの頬をクリフトは叩いた後、強く抱きしめた。
「落ち着いて下さい姫様。姫様は一国の姫、忠臣の犠牲に動揺してはなりません。そしてブライ様は私が生き還らせます故に……、信じて下さい」
「ク…‥リ…フ…ト…」
何が起きたか分からない様子のアリーナだったが、クリフトの最後の「信じて下さい」の言葉に己を取り戻した。
(ザオラルでは厳しい。ザオラルの上位ザオリク……)
クリフトはブライの肉体を検分し、厳しい状況である事はすぐ分かった。
(この私に……、出来るのか。ザオリクが……)
思案の果てに目を瞑り、開けた視線がアリーナの不安な瞳とぶつかった。その瞳を見た瞬間、クリフトは腹を決めた。
「聖水を下さい。場を清めます」
「あっ、はい」
慌てて馬車にから、トルネコが聖水を持って来て、クリフトに渡した。クリフトはその中身をブライの周囲に振りまいた。
「陰府より向かえし魂よ、こちらへお戻り下さい。ザオリク」
ロザリオを握りしめて、クリフトは祈りを捧げた。
(あっ、引きずられる)
クリフトは普段のより奪われる精気に一瞬よろめきそうになった。しかし背後から抱きしめられる感触を感じとどまった。
「クリフト、信じてるから――」
(姫様……)
ブライの瞼が開いたのは、それからまもなくだった。