|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

2007.05.13

    
クリフトとアリーナの想いはPart7
375 :祝出場 1/2:2007/05/13(日) 17:34:56 ID:QuxtdgUR0

すっかり暑くなったわね。みんな初夏バテしてない?
あたしは今、毎日がすっごく忙しい。
実はね、恒例となったすごろく大会がいよいよ来月に迫ってきたの。
今度もまた、いろいろな世界で楽しめるのね。楽しみだわ。

ちなみにあたしは、これで三回目の出場になる。
そろそろクリフトのところにも、届いてる頃かもしれない。
今ごろ参加証を見て、びっくりしてるんだろうな。
当たり前よ。あんたに内緒で、あたしが勝手に申し込んだんだから。

だって、前々作では二人揃って出場できたのに、
その次のでは、クリフトは出してもらえなかったじゃない。
ま、代わりにマーニャとミネアが一緒に来てくれたから、
それはそれで結構楽しかったのは嘘じゃないわ。
でもね。やっぱりあんたがいないと、なんだか寂しくって。

だからね、あたし「開発部」ってところに行って直談判してきたの。
もちろん、クリフトも出場させてほしいってお願いするためよ。
以前あんたが「交渉も戦いの一つです」って言ってたから、
あたしは右手に炎の爪を装備して、単身乗り込んでやったわ。

で、交渉なんだけど…あたしがあいさつ代わりに
炎の爪を何度か振り回したら、向こうのおじさんってば、
あっさりこっちの要求を呑んじゃったの。
意外と物分かりがいいのね。あたし、こういう人って好きだわ。

あ、来た来た。
ねえねえクリフト。あんたも出場できるんですってね。おめでとう!
ランクは?えっ、Cランクに上がった?
なによ。たった1ランクだけ?…開発部のくせに意外とケチなのね。
ううん、こっちの話だから気にしないで。また一緒に頑張りましょ。
どうして自分が出場することを知ってるのかって?
あ、あら。ついにあたしにも王家の予知能力が身についたのかしら?
ていうか、大の男が細かいこといちいち気にしないの。

さあ、舞台と役者も少しずつ揃ってきたわね。
今度こそ、正々堂々と勝負してもらうわよ。
前みたいにわざと負けたら、お仕置きだけじゃすまないんだから!