|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

2007.03.16

    
クリフトとアリーナの想いはPart7
169 :【ルーシア】1/7 ◆XJ3Ut0uuQQ :2007/03/16(金) 13:20:58 ID:+sx+E7nd0

「きゃー、クリフトさん、見てください、あの青くてプルプルしてるのはなんですかあ?」
「またかよ、勘弁してくれよ…。」
ルーシアの歓声に、御者席に座っていた勇者は頭を抱えて呟いた。
一行が世界樹の上で拾った、ルーシアと言う天空に住む少女。
羽を痛めて天空に戻れないという彼女を連れて、地上に降りたのは数日前のことだった。
地上に降りるのが初めてと言うルーシアは、見るもの全てが珍しいらしく、
馬車から頭を突き出し、何かに目を止めては馬車を降りて走り出す。
天空の塔に入るために必要という天空の装備を揃えるため、海鳴りの祠に向かう一行であったが、
その道行きは、遅々として進まなかった。

ルーシアの声に、勇者以外にもう1人、不機嫌そうに眉根を寄せた者がいる。
アリーナだった。
旅の仲間達は、ここ数日のルーシアの止め処もない質問の嵐に疲れて、
ルーシアに何かを聞かれても、適当にあしらうようになっていたのだが、
クリフトだけは、生来の生真面目な性格故、根気良くルーシアの質問攻めに付き合っていた。
自然、ルーシアも、クリフトにもっぱら話しかけるようになる。
今では、クリフトはルーシアにつききりの状態となっていた。
今も、
「ああ、あれはスライムですよ。世界樹にはいないんですか。
弱いですが、一応モンスターですから、余り近くによってはいけませんよ。」
「ええ~、あれ、モンスターなんですかあ。あんなに可愛いのに~。」
ルーシアの言葉に、クリフトがクスクス笑う声が聞こえてくる。
「スライムが可愛いなんて、ルーシアは面白いことを言いますね。」
アリーナが馬車の後ろを振り返ると、クリフトがルーシアの頭をぽんぽんと叩いていた。
アリーナは思わす、馬車を飛び降り、2人の元に駆け寄った。

「クリフト!こんなにしょっちゅう馬車を止めてたら、全然前に進まないじゃない!」
いつになくきつい語調のアリーナに、クリフトは驚いたような顔をした。
ルーシアも怯えたようにクリフトの後ろに隠れる。
それを見て、アリーナは眉間の皺を深くした。
「皆が待ってるんだから、早くして!」
投げ捨てるように言うと、アリーナは2人から顔を背け、その場を足早に立ち去った。
「アリーナさんは、どうしてあんなに怒ってるんですかあ。」
ルーシアの不思議そうな声を背中で聞きながら、
アリーナは、それが知りたいのは自分の方だと思った。
アリーナ自身、何故、ここのところ自分がこんなに苛々するのか、理由が分からなかった。
しかし、この苛々があの天空の少女に関係していることだけは、何となく分かる。
彼女が一緒に旅するようになってから、どうも気分が良くない。
―――あの子が、ああやって皆に迷惑をかけるからだわ。
アリーナは自分自身にそう言い聞かせた。

結局、その日はほとんど前に進まないままに、一行は森のそばで足を止めた。
「へえ~。シチューはこうやって作るんですかあ。」
夕食の準備をするクリフトの隣に、ルーシアがへばりついていた。
いつもであれば、夕食の準備をするクリフトの隣はアリーナの特等席であり、
クリフトを手伝いながら(と言っても、ほとんど手伝いになっていないのであるが)、
その日にあったことを色々とおしゃべりをするのはアリーナの楽しみの一つだった。
しかし、ルーシアが来てからは、アリーナが割り込む隙間がない。
アリーナは仕方なく、不機嫌のオーラを漂わせながら、ミネアと一緒に食器を並べていた。
周囲の仲間達は、そんなアリーナを腫れ物を扱うように遠巻きにしていたが、
アリーナは仲間の反応にも気づかず、クリフト達の会話に一心に耳を済ませていた。

「天空人は、ホントは、食べ物を食べる必要はないんですよお。
でも、単に楽しみとして食事をすることはあるんです。」
クリフトさんのお料理はおいしいから、つい私も食べちゃいます、というルーシアに、
クリフトは「それは光栄ですね。」と嬉しそうに笑った。
アリーナは、その笑い声を聞いた瞬間、手にした食器を地面に叩きつけた。
木でできた食器は、壊れはしなかったものの、大きな物音に皆が驚いて振り返る。
アリーナは、自分の行動に自分でも驚いたが、ルーシアを睨むと声を張り上げた。
「何よ、食べなくてすむんだったら、食べないでよ!
食べ物がいつもいっぱいあるわけじゃないんだから!」
アリーナのいつにない乱暴な態度に、クリフトが叫んだ。
「姫様!」
その厳しい声音に、アリーナは思わず身構えたが、反抗的な目でクリフトをにらみ返す。
クリフトはそれを見てため息をつくと、ルーシアに、
「少しの間、この鍋を見ていてくれますか?」
と言い置くと、アリーナの方を向いた。
「姫様…。ちょっとこちらに。」
アリーナは、頬を膨らませると、しぶしぶクリフトに付いて行った。

皆から離れると、クリフトは静かな声でアリーナに尋ねた。
「姫様、最近、一体どうなされたのですか?」
「…。」
「確かに、ルーシアは、何かと我々とは相容れない部分があるかもしれませんが、
地上人ではないのですから、多少は仕方ないじゃありませんか。」
アリーナは、相変わらず頬を膨らませたままだったが、ふとあることに気がついた。
「クリフト…。何でルーシアを呼び捨てにするの?」

クリフトが女性を呼び捨てにするのは非常に珍しいことだ。
クリフトはアリーナの質問に面食らったような顔をした。
「姫様、私の話を聞いて…。いえ、ルーシアの呼び名の件は、
彼女がそう呼んで欲しいというものですから。」
天空では、皆から呼び捨てにされていたので、他の呼び方をされると寂しいらしいんですよ、
と優しい目をしていうクリフトに、アリーナの中の苛立ちが再び顔を覗かせる。
「だったら、もし、私が呼び捨てにして欲しいって言ったら、
クリフトは私のこと、呼び捨てにしてくれるの?」
「な、何をおっしゃるんですか。そんな畏れ多いこと、とんでもありません。」
ぶんぶんと物すごい勢いで手を振るクリフトに、アリーナはいつになく距離を感じた。
―――今まで、クリフトを遠くに感じたことなんかなかったのに…。
まるで、ルーシアが、自分に取って代わってしまったかのようだ。
アリーナは、じわりと目の奥が熱くなって下を向いた。

そのとき、遠くから能天気な声が聞こえてきた。
「クリフトさーん、お鍋、焦げてますけど~。」
ほてほてとこちらに向かってくるルーシアに、クリフトは額に手をやった。
「ルーシア…。『見ていて』というのは、そういう意味ではないんですが…。」

と、クリフトの額に当てた手がそのまま止まる。
アリーナも、はっと顔を上げた。
2人のそばまで来たルーシアは、不思議そうな顔をして2人を見たが、次の瞬間、
アリーナに突き飛ばされた。

「きゃあ、何するんですかあ!」
アリーナは、ルーシアの前に立つと、背中でルーシアに声をかけた。
「そのまま、立たないで!向こうの木まで這って移動して!」
既にクリフトは、アリーナの横で剣を構えている。
2人の視線の先を追ったルーシアは、ブルホークの集団が森から現れたのを見てとった。
「うわわ、これもまた、初めて見るモンスターですね…。」
のん気に呟くルーシアに、アリーナが叫ぶ。
「ルーシア、早く!クリフト!」
アリーナの声に、クリフトが、はい!と答えてスクルトの呪文を詠唱する。
防御の光が完成すると同時に、アリーナは前に飛び出した。
その隙にクリフトはルーシアを抱えて、ほとんど放り出すように木の陰に置いた。
「いたた。乱暴ですねぇ。」
ルーシアの抗議に全く耳を貸さず、クリフトは踵を返すとアリーナの元に走り寄った。
「姫様!」
ブルホークの鋭い角で怪我をしたアリーナにすかさずべホイミをかけると、
クリフトは手近の1頭を剣で切り倒した。
回復したアリーナが再び前に出てブルホークの横面を蹴り飛ばす。
アリーナが奮闘している後ろで、クリフトは左手を掲げ、死の呪文の詠唱を始めた。
「闇の遣い魔達よ、我が呼び声に答えよ…。」
クリフトの左手に黒い気が溜まる。
クリフトがアリーナに声をかけた。
「姫様!」
それに応じてアリーナがクリフトの横に飛びずさった。
「ザラキ!」
魔物達は、一瞬にして灰となった。

ふう、と肩で息をつく2人の後ろから、ぱちぱちと拍手が聞こえた。
「すごいすごい、お2人は、ものすごく息が合ってるんですね~。」
ルーシアがはしゃいだように手を合わせている。
「もしかして、お2人は恋人同士なんですかあ?」
ルーシアの無邪気な質問に、剣を背中に収めていたクリフトが固まった。
「な、な、な、な、何を!?ルーシア、あなたは…。」
パニックに陥っているクリフトに、ルーシアはのほほんと首を傾げてみせる。
「ええ、違うんですかあ?だって、あんなに息がぴったんこなのに…。」
アリーナも何となく自分の頬が熱くなっているのを感じ、クリフトを見上げた。
クリフトは、赤くなったり青くなったりしていたが、アリーナに見上げられ、
飛び上がるように背筋を伸ばすと、
「そ、そうでした、シチューが焦げてるんですよね!鍋を見に行かないとっ!」
と叫び、焚き火に向かって脱兎のごとく駆け出した。
「へんなクリフトさんですねぇ。」
首を振るルーシアに、アリーナが慌てて言い訳をする。
「あ、あのね、ルーシア、別に私とクリフトは恋人なんかじゃないよ。」
「ええ、そうなんですかあ?でも、お2人の間には、他にはない強い絆が見えますよお。」
天空人の私には分かるんです、と胸を張るルーシアを、アリーナは疑わしそうに見つめたが、
それでも、ルーシアの言葉はアリーナの胸にほんわりと暖かく広がった。
―――強い絆、かあ。
何となく、頬が緩んでくるのが分かる。
さっきまでルーシアに感じていた苛立ちも、何故か嘘のように消え去ってしまったようだった。

それからというもの。
「アリーナさん、見てください~!すごいきれいなお花ですう!」
「わあ、ホント!ねえ、クリフト、これで花冠作れそう!?」
ルーシアの行動にアリーナが便乗するようになり、旅の進行はさらに遅れることになった。
「何なんだよ、あいつら…。アリーナ、一体どういう風の吹き回しなんだ?」
勇者は御者台の上で胡坐をかいて、花冠を作り始めた3人を眺めていた。
その後ろから、マーニャが顔を出した。
「大方、クリフトに『姫様が一番大事です』とか何とか言われたんじゃないの?」
いつものことじゃない、と笑うマーニャに、
「ったく。まあ、この前みたいにピリピリされるよりはいいけどさ…。」
旅が進まねえんだよなあ、と勇者はため息をついた。

その後、何とか天空の塔までたどり着き、いろいろあったが、一行は、
ルーシアと別れを告げ、再び旅を続けることとなった。
のべつ幕なしに歓声を上げていたルーシアがいなくなり、一行の日常は元に戻ったが、
「何だか、あの『見てください~!』が聞こえないと、妙に静かに感じるわね~。」
伸びをしながら言うマーニャに、クリフトがうなずいた。
「いなくなってはじめて、人の良さってわかるものですね。
いえ、ルーシアは一緒にいるあいだも ちゃんといい子でしたけど。」
慌てたように付け加えるクリフトに、マーニャがニヤニヤと笑った。
「あんたは大変だったものね~。ルーシアに付きまとわれたおかげで、
大好きな姫様のお世話もロクにできなくてさあ。」
マーニャの言葉に、クリフトが真っ赤になる。
クリフトの隣にいたアリーナも、一緒になって赤い顔をした。

マーニャは面白そうに、赤くなった2人の顔を見比べた。
「ホントに面白いわね、あんた達。いいから、ほら、アリーナ。
これからはゆっくりクリフトに世話を焼かせて上げなさい。」
マーニャはアリーナをクリフトに向かって押し出すと、
あとはごゆっくり~と手を振って馬車に戻って行った。

後に残された2人は、しばらく気まずそうに突っ立っていたが、
クリフトがコホンと咳払いをすると、アリーナに話しかけた。
「姫様…?陽気も良いようですし、しばらく、馬車を降りて歩きますか…?」
アリーナは、顔を上げると、目を輝かせてうなずいた。
「うん、クリフト、一緒に歩きましょ!」
「ああ、でも、一応マントはお召しくださいね、それから飲み水も持った方が…。」
クリフトが忙しそうにバタバタと用意を始める。
それを見て、アリーナは嬉しそうに笑った。
ついこの前までは、クリフトに細々と世話を焼かれることを、何となくうるさく感じていた。
でも、今は、クリフトがいろいろと構ってくれることが、こんなにも嬉しい。
―――私とクリフトは、強い絆で結ばれているんだから…。
―――いつまでも、一緒に歩いて行こうね、クリフト。
アリーナは、心の中でそっとクリフトに呼び掛けた。