|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

2006.05.08_2

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリフトのアリーナへの想いはPart5
169 :【ザラキの理由】1/2 ◆dVT/uH21fA :2006/05/08(月) 07:53:43 ID:CPFmS3Fl0

「やっぱり故郷はいいわね。」
 日常の中では、自分を縛りつけるものにしか見えなかった故郷の城門。しかし、長旅
から帰った身には、それは砂漠の中のオアシスのように見える。
「そうですね。姫様を無事お守りすることができて、私も肩の荷が下りました。」
 あたしの何気ない言葉に、クリフトは、晴れやかな笑顔で答えた。それが昨日。
 それなのに。

 今、ベッドで寝ているクリフトは、ぴくりともうごかない。せめてもの幸いは、その
死に顔が安らかなこと。
 今朝、待ち合わせの時間に現われなかったのを不審に思った神官長が、部屋の扉をこ
じあけ、息をひきとっているクリフトを発見した。荷物を床に置いたなり力尽きた、
という感じだったそうだ。
 長旅に出るにしても片づきすぎている部屋から見つかったのは、大量の医学書。それは、
全て、ある特異体質についてのものだった。
 その特異体質、いや、先天性疾患の持ち主は、高い魔力を持つが、魔法を使う度に身
体が蝕まれる。高度な魔法を数多く使うほど、その余命は短くなる……。

 そうだったんだ。
 城付きの神官になったのは、魔法を使う機会をできるだけ減らすため。
 ミントスで倒れたのは、病気が末期に入ったしるしの発作。
 ザラキしか唱えなかったのは、あたしがここに帰ることができるまでの間、なんとか
命を保つため。
 クリフトは、実は強い人だって思っていた。でも、
 「こんな強さだったら、いらなかったのに。」

 涙さえ出すことができずに、あたしは、心の中で何度もつぶやいた。