※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戻らねえ・・・。

ツナは今、修行中に小言弾を使われて、ハイパーモードになっていた。

そしてツナは、ハイパーモードから戻れなくなっていた。

「沢田殿・・・、大丈夫ですか?」

バジルは心配そうに聞く。

今ここにいるのは、ツナ・リボーン・バジルの三人だった。

ツナがハイパーモードになってから、もう五時間がたっているのに、全く戻りそうにもない。

そこで考えたことは、

 力を使い果たす→相手をしていたバジルが先にダウン。

 水を頭にぶっかける(リボーンがわざとやった)→意味なし。

こんな感じでいろいろ試したが、意味もなく終わった。

「もう疲れただろうし、今日はどっかに泊まっていくぞ。そのまま帰ったらママンが驚いちまうからな。」

とリボーンは言った。

「そうですね・・・、拙者も少し疲れました。」

とバジルも言う。

「そうだな・・・。」

とツナも賛成し、近くにあるホテルへと向かった。




ホテルを見て、ツナはかなり驚いた。

そこは、一般人が入れないような超高級なホテルだった。

ツナはドキドキしながら、部屋をかりた。

だが、部屋は二つしか空いていなく、ツナとバジルが同じ部屋になった。

リボーンがニヤニヤしながら部屋に入っていくのに、ビビリながら二人も部屋に入った。



・・・・・。

二人とも部屋に入ると黙り込んでしまう。

それは、隣の部屋から喘ぎ声が聞こえてくるからだった。

それが原因で二人ともとても気まずくなってしまったのだ。

だが、話さないとその声が余計気になってしまう。

だからツナもバジルも何か話題を考えるのに必死だった。

そしてツナは、バジルの事をチラッと見た。

するとやはり、バジルは考えていた。

その動作が、ツナの心を、大きく揺さぶった。

ツナはバジルをベッドに押し倒した。

バジルは

「ダメです!!やめてください!!沢田殿!!」

と必死に抵抗する。

だが、ハイパーモードのツナに死ぬ気になってないバジルが勝てるわけなかった。

ツナはバジルの顎をつかみ、バジルの口の中に舌を入れる。

「ぐっ・・・、」

バジルは思わず息をつめる。

ツナは以外にかなり上手かった。(小言弾のせい?)

バジルは口を塞がれているので、しゃべれない。

下半身が熱い・・・。

バジルの体はぞくぞくと震える。(こんなのはじめてだよ・・・。)

とバジルが思っていたら、ツナがバジルの服を器用に脱がせ始めた。

バジルは全裸にされてしまい、恥ずかしさのあまり、耳たぶまで赤くなった。

ツナはバジルの乳首をいじり始める。

なめられ、ひっかかれ・・・、それだけでバジルは快感で頭がどうにかなりそうだった。

ツナの舌が這うだけで、熱をおびてきた。腰の辺りがゾッとしてバジルは思わず体を竦める。

たまらない快感。。。 「やめてください こんな!」

バジルはやっとキスから開放されて話せた。


「何が?」 ツナはなおもバジルに舌を這わせている。

とぼけてバジルを快感に引き釣り込むつもりだ。

「・・・あ・・」 バジルはしばらくして自分が乳首を勃起させている事に気づいた。

「・・っ・・あ・・・や・・」 このまま快感に支配されてしまうのだろうか。。。怖い・・・。

「いい反応をするな・・・。」 ツナは満足そうに呟くと、バジルの乳首をつまんだ。

「・・・っ、あぁっ・・・!」 人差し指と親指に小さな乳首をすりつぶされて、バジルは声を上げる。

乳首は硬くなっていて、ツナの指に反応してしまう。

「こっちも・・やるか。」 ツナはそう呟くと性器を握ってきた。

そこもすでに硬い。そして熱い・・・。

「やめ・・・っ!」 こんなに自分の体が淫らで、欲望をひめているとは知らなかった。

「・・・っ、や・・・」 バジルは体をくの字にまげて、快感を押さえ込もうとした。

だがツナの手は止まらない。 「・・・つ・・・あ・・」 ツナに握られた性器はもうコントロールできない。

「・・・っ、ふぁ・・・」 我慢できない。 「・・・つ、く・・ん・・」 腰が大きくふるえた。

「・・っ・・・や・・!」 苦しい声を絞りだすと、ツナは自分の性器を出してきた。

するとバジルは後孔に痛みを感じだ。ツナは後孔に指を入れてきた。

「いた・・いっ!」 だがツナは楽しそうだ。(拙者はこんなに辛いのに)とバジルは心の中で思う。

そしてツナはしばらくバジルの後孔をいじり続けた。

「次はココいくぞ」 ツナは囁く。

そしてバジルの後孔にツナの性器を押し付ける。 「な・・・っ!」 (何をする気だろう。。。)

その時!バジルの中に性器が入ってきた。

「ひ・・うっ・・・やぁ!」 バジルは初めての事でおどろいた。そして快感に襲われる。

「あ・・・だめ・・だ・・やぁ」 後孔には引きつるような痛みを感じる。

だが、その痛みも快感に変わってしまった。

「ふっ・・く・・ん」 バジルの声が鋭くなった。

「ひ・・あ・・ん!」 感じやすいところをこすられた瞬間

バジルは射精していた。。。



意識が遠のく。。。。。。



その時ツナの炎が消えたのが見えた────



                 それが分かった瞬間バジルは気を失った


「えっ?!何これ・・・どういう事?!」 ツナはヒビった。





次の日・・・また二人は黙り込んでしまった。ツナは少しだけ昨日の事を覚えている。

(謝りたいけど・・・)とツナは思う。

バジルは何も考えていなかった。

だが二人ともずっと黙ったまま修行が始まった。





それを見てリボーンがニヤッと笑った。。。