※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

涼宮ハルヒの日常それは他人と同じようで同じでなかったりする。。。

ある日のあいつは。



「あーヒマだわ。なんかおもしろいことないかしら。」

そういってもな~。お前のおもしろいことといったら、ろくな

ことがないからなぁ。

「あっお茶をどうぞ・・・。」

おっ唯一の例外発見!部屋限定のメイドさん。

オレは朝比奈さんのお茶をすすりながらそう思った。

「おくれてすいません。委員会があったもので。」 キラ~ン。

毎回ウザい爽やか笑顔が特徴の古泉。しっかし なにかが

あるわけでもないのに みんな集合・・・。

あっいた。この中で一番役に立つであろう宇宙ナントカ・・・元メガネッ娘

長門有希!! 今日の本はイギリス語? まあいい。 この変人軍団を

集めた直本人は机に足をのせ、エンピツをくわえている。

……パンツみえるぞ。  ゲシッ

「たっく。油断の隙もありゃしない。」

別にお前のパンツなんて見たくない。できることなら朝比奈さん

のほうが・・・、という視線を朝比奈さんにながしていると

視線がぶつかる。

「なっなんですか?」

なんでもありませんよ。ただあなたのかわいいすがたに見惚れて

いただけですというコトを言おうとしたらハルヒのヤロウが

「キョン。ちょっと来なさいッッ!!」

たっく こいつは、朝比奈さんとのいい雰囲気が台無しだ。

「なんだよ。」 なるべく不機嫌な感じでのセリフだ。

「この学校の探索よ。」

そんなこと言ってもなぁー。もう入学から10ヶ月も経ってるじゃないか。

この学校は知り尽くしているつもりだ。

「いーから早く来い!!」



  続く