Hさん、Mさん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Hさんインタビュー

出身について

出身 大津 から草津→野瀬→谷口
 実家は商店街にあったらしい

谷口の古民家
 離れを風呂トイレの整備をしてもらった
 探している時に水回りが近代的でない為に幾つか断念したようだ

経歴
大学 建築を専攻
 ハウスメーカーのエクステリア部に勤務 木造の住宅等を手がける
元 博物館(名前失念)勤務

興味を持ったきっかけ
 アトピーがあって病院からの紹介で有機野菜を栽培している綾部という場所を紹介してもらい通う事に。そのうち古民家を始めとした田舎の生活のライフスタイル自体に興味と憧れを抱く様になる。その後、森林組合での就職が決まった事がきっかけとなり本格的に古民家を探す事に。先輩である村井さんのアドバイスも受けながら。

建物単体ではなく「生活としての古民家」に興味がある。
古い事が重要である


村井さん

生活について
仕事が重要
生活はサラリーマンスタイル 朝出勤夜帰宅
 平日は割と寝るだけ
 シェアハウス グラフィックデザイナーの人と
   その人は割とずっと家にいる為ちょうど良いみたい
田舎に暮らす為に必須の技術は農業と建築である。 社会との繋がり
生活は一年周期
一年目は全てが心配と解決 二年目から楽しめている
低収入でいかに楽しくやっていくか
理想は 現金収入 週3日内勤週4日の生活
特に女性の観点としては子育てをする時の教育機関がしっかりしているかが重要であると思う。
田舎で暮らす為には技術 手に職がある事が必要
 最近ではそこで出来る外の仕事をしている人が多い
  絵描き 陶芸 大工 編集 整体師 グラッフィクデザイナーなど

理想と現実はある

畑にいる事を通じて周辺の人と話したりする

独歩村
 変わった人が多いみたい

現在の古民家
今住んでるのは8畳田の時型の古民家
 薪ストーブ など少しずつ改装している
放置してると 風通し、カビ、シロアリなど問題が

外からの人の方が景観とかの事を敏感に感じていると思う。

意識について
どういう風に今ある状態を使うかという事に興味がある。
行事等には出来るだけ参加したいと思っている。