※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まずは釣りに行く前に道具の説明から。

まず必要なもの。

まずは竿...
釣りに行くには必要ですね。
種類がたくさんあり選ぶのに迷うと思いますが、やはり専用の物がいいと思います。
でもそれぞれそろえると大変な数になってしまうためある程度特徴を挙げておきます。

大まかな竿の特徴として
  • のべ竿    リールを使わない竿です。近い場所を手返しよく釣るのに向いています。
         主な用途 川や池での釣り、海ではハゼ釣りなどに使います。
  • 磯竿     リールと一緒に使い、近くから遠くまでいろいろな用途に使います。
         種類としては大きく分けて、ふかせ用、遠投用に分けられます。
         違いとしてはふかせ用はガイドが小さく、竿先が柔らかいため細かい当たり
         が取りやすいです。遠投用はガイドが大きいため投げたときの抵抗が少なく、
         遠くまで投げることが出来ます。
  • 船竿     基本的に船専用です。仕掛けを投げたり狙ったところに入れることが難しいため、
         他の用途で使うことはほぼありません。
         また他の竿に比べて重い錘を使うことが多いため太く重いものが多いので、
         竿立てもセットで使うことをお勧めします。
  • ルアーロッド そのままルアーを使う竿です。比較的ガイドの大きいものが多いです。
         ルアーは特に投げるもルアー重さによって飛距離が大きく変わるため、
         その用途に合った竿を使ってください。

おおまかにはこれぐらいにしておきます。
細かいことは釣具屋に行ってお店の人に聞くと分かりやすく教えてくれると思います。


リール  主にスピニングリールと両軸リールの2種類に分けれます。
     スピニングリールの特徴として扱いが簡単で遠くまで投げやすい点です。
     欠点としては糸によりがかかりやすいです。
     両軸リールの特徴は、糸によりがかからない、丈夫でパワーがあるです。
     欠点としてはバッククラッシュするため扱いが難しいです。
     これらの特長により扱いやすく投げやすいスピニングリールが多くの用途に
     使われているが、船釣りでは投げる必要が無いため、よりのかからない両軸リールを
     使う場合が多いです

救命胴衣...安全を確保するための物なので着てください。
      服を着たまま水に落ちると大変です。

ハサミ...糸を切ったりエサの加工などいろいろな用途に使えます。
      海で使う場合鉄だとあっさり錆びるのでステンレス製のものをお勧めします。
タオル...汚れた手を拭いたり魚を掴むのに使う場合もあります。汚れてもいいものを。
針、糸...仕掛けが切れたときなど直すときに使います。使えるととても便利です。

クーラーボックス  釣った魚は持ち帰って食べたいですね。保冷効果がいいものが良い...
          事は分かっていますが氷を多く入れておけば安いのでも問題ありません。
          半日ぐらいなら問題無しです。
          釣った魚をすべてリリースするなら必要ありません。


何か疑問点があればここへ
名前:
コメント: