※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どんてん生活

amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
  • [監][脚][編][出]山下敦弘 
  • [脚][編]向井康介 
  • [音]赤犬 
  • [出]山本浩司  宇田鉄平  康季丹  前田博通  今枝真紀  柴田剛  神田新  加茂浩志 
  • [制作データ] 1999スローラーナー
  • [上映時間] 90分

山下敦弘監督の作品をまさかDVDで見られるとは思わなかった。「リアリズムの宿」公開の影響だろうか。ともかくTUTAYAの新作コーナーにこの「どんてん生活」を見てちょっと感激した。なにをそんなに惹きつけられるのだろうか。自分でもよく分からないまま興味だけは尽きず、見逃していた映画にまたあえた満足感で見るのだった。

特にどうと言うわけでもない。あっさりしたものだ。けれど「カウリスマキ風」と語られるらしいが、そんな趣はある。アメリカン・ニューシネマの雰囲気もある。あの時代の倦怠感にいまの日本が近いのだろうか。成熟した社会と不景気の風が作り出す脱力感。登場人物達がなんとなく集まっていて、お互い心の内は明かすことはなく、それでいて何かを伝えたい。そんなもどかしさが漂う。

パチンコ屋へならぶ光景は時々朝に見かける。自分もあそこに並んでいるのかも知れない。そんな風に思うこともある。けれど同じ顔ぶれでいても、きっと輪に入れないだろうし、どこかで拒むのだろうかとも思う。何かを目指すでもなく、ただ日常をやり過ごすことを日課としているような生活。熱い者を拒み、それでいて共感を求める。もうひとつの、でもあり、今そうなのかも知れない、とか・・。

随所に小さな笑いがあって、暗い映像のなかで明かるさを感じるのだが、ベースに流れている部分はけっして笑っていないように見える。そう見ている自分を、もう一度外から見ている気分だ。ラストの花見はそんな「はかない」人間関係を浮き彫りにしている象徴的な場面だ。花吹雪にまみれた沢山のごちそうと、表面の笑いに満たされた細い関係とが、セリフの無いままただ続くのだから。2004-04-18/k.m

コメントをぜひ

  • YUKA>今これ見てる人いたらコメントください!!!!2004-05-24 (月) 16:33:27
  • k.m>まずはYUKAさん、なんかコメント下さい。2004-05-24 (月) 22:45:18
    名前:
    コメント:

カテゴリー-映画