※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「π」

amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
  • 監督:ダーレン・アロノフスキー
  • 出演:ショーン・ガレット/マーク・マーゴリス/スティーブン・パールマン/ベン・シェンクマン/サミア・ショアイブ/アジャイ・ナイデゥ
  • 1997年/アメリカ/85分/モノクロ

ダーレン・アロノフスキー監督作品。わずか6万ドルの低予算で制作されながら、大ヒットを納めた作品。 北川原さん設計の渋谷シネマライズに見に行った。21:20〜のレイトショーだというのに、立ち見まで出る勢いだった。 先週キューブリック遺作の「アイズワイドシャット」を先行オールナイトで見にいったときは、30人程度だったが。

オープニングはテクノサウンドにのった激しい数字のカットが続き、久々に期待感がまった。けれども見終わった感じでは、ただパラノイアの苦悩が、永遠と続くだけだったような、、。 映像と音楽の連続観は、確かに迫力があり斬新だったが、苦悩を描くには少し物足りない。 キューブリックの、追いつめられて行くさまを描く迫力へは、到底及んでいないといった感じだ。

実は、このページタイトルのPersonalNoteは「π」の主人公が、独白的セリフを言うときに、いつもPersonalNote(個人ノート)”と言っているのを見て、「っあ、こんな感じ?」と思って使いました。 

99.07.31/k.m


コメントをぜひ

名前:
コメント:

カテゴリー-映画


関連リンク