※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴェルナー・パントン展


  • 東京オペラシティ アートギャラリー 
  • 2009年10月17日(土)~2009年12月27日(日)
  • ヴェルナー・パントン(1926-98)は、デンマークに生まれ、ポール・ヘニングセンやアルネ・ヤコブセンなど、同国を代表するデザイナーと交流し、多くの名作デザインを世に送り出しました。



靴を脱いでの展示は、すっかりとこの美術館のウリになっているように思う。話題の展示だけれど思ったほどボリュームはなく、こじんまりしていた。もちろん、ファンタジー・ランドスケープだけで十分行く価値はありますけど。キューブリック「時計じかけのオレンジ」を思わせるカラフルな空間。「2001年宇宙の旅」もそうだけど、キューブリック映画は本当にスタイリッシュで、シンメトリーで、緊張感のある空間を見せてくれたなー。ジャックタチやデヴィッド・リンチ、ペドロ・アルモドバルや黒沢清の映画でも空間は注目させられる。パントン・チェアはカッコイイけれど家に置くにはちょっと大きい。そう思うとアルネ・ヤコブセンのアリンコ・チェアはコンパクトで存在感があって素晴らしいw。合わせてICCの「コープ・ヒンメルブラウ:回帰する未来」を見たけれど、何かよくわからなかった・・。建築家のインスタレーションってどうだろ。2009-11-25/k.m


カテゴリー-展示建築