※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リチャード三世


  • 「パルコ・プロデュース公演 いのうえmeetsシェイクスピア リチャード三世」
  • 赤坂ACTシアター
  • 2009年1月19日(月)~2009年2月1日(日)
  • 出演:古田新太、安田成美、榎木孝明、大森博史
  • 三田和代、銀粉蝶、久世星佳、山本 亨


直前に慌ててシェイクスピアの原作を半分くらい読んだ。相変わらず長いセリフだけど、それが面白さを出している。現代演劇でこの演出をおこなうのだから、結構アレンジするのだろうと思いきや、ほとんど脚本はいじられていない。役者のセリフばかりが気になってしまう。早口に吐き出す呪文のように過剰さを感じた。

俳優にサイケ風の服を着せ、独白部分は小型マイクでつぶやかせ、舞台各所のテレビ画面にせりふが字幕で流される。色々と面白い演出だ。リチャード三世は身内をだまし、殺した相手の妻をも口説こうとする狡猾な悪役。1000人超えの大型劇場で、さらに後方の席だったので、古田新太のお芝居もほとんど表情が見えなかった。安田成美などはどこへ出ていたの?という感じ。 爆音のBGMとエレベーターの演出がとても良かった。

赤坂サカスへはじめて行った。意外とこじんまりしていた。開場前はホワイエにも入れず、芝居客が飲食店ゾーンに溢れ返り全てのソファが埋まっていた。どこも高そうなお店ばかりで夕飯を食べる気になれず、近くの韓国料理でソルロンタンを食べた。2009-02-03/k.m

カテゴリー-芝居