※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蛇にピアス




  • 金原ひとみ(著)
  • 集英社
  • 本体1200円(税別)
  • 2004年1月5日


大きな物語が終焉したというのは、それが存在しないとか、信じられないとかではなくって、「あなたの物語」と「私の物語」とが共有できないという状態のことだ、そんなことを東浩紀は書いていたと思う。

自分の物語が常に相対化させられるという状態、それは政治的なものから個人的なものまであった欲求の形態を、すべて恋愛とか個人とかのミクロなレベルまで細分化させてしまう状態なのだろう。すべての承認とか共有の欲求は恋愛的なもので満たすしかない状態なのだ。

主人公は、スプリットタンとか刺青などの身体を改造していくことへの欲求の根源を、不可解なものと自覚していた。そして何かを所有する過程の興奮と、その果ての寂しさとを味わっていた。どこかアウトロー的な感覚を自分の欲求に見出し、むしろ満足していく感もあった。

けれど同棲しているアマが殺人を犯したかもしれないという新聞の記事をきっかけに、自分を満たしていたすべての欲求の根源が、彼との共有、または彼からの承認のなかへ存在していることへ気づいていくのだ。だから彼を失うことは、自分を形成しているすべての欲求をも失うことに等しく、それは死よりも耐え難いことだ。

けれどそれは必ずしも「愛している」こととは結びついていないようにも思える。そしてその定義すら、この小説では見直させることを強いているようでもある。恋愛的なものの中へ負担させる欲求の大きさが、かつてのそれをはるかに超えていることを感じさせるので・・。2004-02-20/k.m

コメントをぜひ

  • KIYO>始めまして・・・蛇にピアスみなさんの感想が聞きたいです。SIZE(10){2004-03-22 (月) 15:45:42}
  • k.m>KIYOさんの感想はどうでしょうか?。SIZE(10){2004-03-22 (月) 21:27:36}
  • KIYO>気持ち悪くなりました・・・芥川賞って一体何なんだろう???って思いました。SIZE(10){2004-03-23 (火) 16:57:18}
  • k.m>確かに身体改造の描写は気持ち悪いし読んでいて「痛い」ですよね。建築雑誌などもそうですが、基本的にジャーナリズムに関係した視点て「時代性を感じさせるもの」ではないでしょうか?。それが誰から見た時代性なのか、普遍的なものはありえないでしょうが、きっと大人の視点なのでしょうね。綿矢さんのほうは共感する方多いでしょうが、金原さんもプロフィールや文体が「いかにも」な所がありますしねー。SIZE(10){2004-03-23 (火) 21:58:15}
  • KIYO>18の私からすれば大人の世界だし、今の私の生活からはとても考えられない世界の話でした。作者や主人公と年齢もあまり変わらないのにやっぱり金原さんは、すごいですよね。SIZE(10){2004-03-24 (水) 18:07:49}
  • めぐ>私はこんな愛もあるんだと感動しました。そして、こんなに愛されてみたいと思ったのが読み終えた直後の感想でした。私的にはかなり心に響きました。泣けました・・・SIZE(10){2004-04-06 (火) 18:21:22}
  • k.m>僕は作者よりずっと歳くっておりますが、今の生活からは考えられない世界の話です。でもどんな世界があっても「ああ。そうなのか」で終わりますね、結構・・。だからって、さめてませんよ別にw。現代の若者のなんたらとか、そういう視点はつまらないですけど、この愛の表現をまっすぐに受け止めることも、もう出来ません・・。SIZE(10){2004-04-07 (水) 01:41:53}
  • >この話、ちょっと矛盾点が多すぎる。何を伝えたかったのかもイマイチ伝わってこないし。まだ新人だから仕方ないのかもしれないけどSIZE(10){2004-04-08 (木) 19:36:48}
  • >私15だけど最高だとおもったよ!!!!SIZE(10){2004-04-21 (水) 20:06:13}
  • きょん>↑のものですがちなみにわたしもるいみたいになりたいっておもいましたSIZE(10){2004-04-21 (水) 20:07:06}
  • >私15だけど最高だとおもったよ!!!!SIZE(10){2004-04-21 (水) 20:10:27}
  • >私の場合、まったく抵抗なく物語の中へ入っていけました。いろいろな過激な描写も全く気になりませんでした。この物語の中では「当たり前」のように感じました。SIZE(10){2004-04-21 (水) 22:41:25}
  • k.m>>この物語の中では「当たり前」のように・・確かに自然な感じでしたねー。ところで金原さん、もう新作出されていますね。SIZE(10){2004-04-22 (木) 01:15:49}
  • am>初めはすごく怖かったです。目の前に本の中で描かれていることが想像できるんですけど…こればかりは気持ち悪くて鳥肌がたちました。でも私はこの話結構好きですね。なんとなく主人公の気持ちがわかりました。SIZE(10){2004-04-24 (土) 21:30:20}
  • aa>私はこの本を読み『アマ』に恋をしました。私もこんな風に誰かを愛し愛されたいと思いました。そのため『アマ』が殺された時には涙がこぼれ落ちました。そして、その後の展開に鳥肌がたちました。この本を読んでしまった事を後悔しました。SIZE(10){2004-04-25 (日) 17:54:43}
  • まり>読みました!結構シリアスで、個人的にはいいと思いますよ★SIZE(10){2004-04-27 (火) 23:48:44}
  • ナミ>この本を読んで、「・・・・・・」っていう気がすっごくしました。でもいい話??でわないけど、なんかぐっときましたね!!感動しました。とにかく深い物語だと思いますね!!私わルイ、すきですよ☆SIZE(10){2004-04-29 (木) 14:28:34}
  • Y.Y.>私もうすぐ49歳になるオバサンです。これって実体験なんですかね・だとすればすごい。半世紀近く生きてきた私としては、自分の大切な体を傷つけるなんて言語道断ですけど。SIZE(10){2004-11-17 (水) 09:59:37}
  • >ラストがなんか物足りない感じでした。シゲだっけ?あれも愛の形なのかそれともただSIZE(10){2004-11-21 (日) 20:14:01}
  • >ただの変態なのか、、、。ざっと読んだだけなのでもう一度読んで理解したいと思います。でも全体的にむなしすぎる。。。SIZE(10){2004-11-21 (日) 20:16:19}
  • すち>これってエロくないですかよく18でこんなのかけると思います。もしかして実体験?SIZE(10){2004-12-06 (月) 14:07:52}
  • ゆり>{アマ}のような性格の男性に出会って見たいと思いました。かなり、大事にしてもらえそうだから・・・SIZE(10){2004-12-18 (土) 22:45:42}
  • カナ>マンガ見ましたなんか本の方も読んでみたくなりましたSIZE(10){2004-12-23 (木) 21:05:12}
  • k.m>えっ!。これってマンガもあるのですかぁ・・。SIZE(10){2004-12-24 (金) 20:05:45}
  • カナ>そうですよーでも、私には、ちょっとむずかしかったですねぇ。SIZE(10){2004-12-25 (土) 12:39:34}
  • なっか>めっちゃこわかったです。舌が、いたそうでした。カナの、パソコン使わしてもらってます。SIZE(10){2004-12-27 (月) 21:03:38}
  • >マンガ読みました。読み終わったときは怖かったけど、カナさんと同じく本の方も読みたくなりました。SIZE(10){2004-12-29 (水) 22:17:38}
  • カナ>私も怖かったですねぇ。あの、舌を拡張するところ・・・。なんか、想像しちゃって首筋がぞっとしちゃいますねえSIZE(10){2004-12-30 (木) 14:07:01}


カテゴリー-小説