※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イタリア旅行記/2000年12月23日


12月23日、イタリア初日。ミラノへ到着した。東京と同程度の気温だと思ってあまり着込んでこなかった。間違って北海道へ着いたような寒さ。このままでは、ろくに歩けない。ホテルへ着いたら早速にでも街へ行きなにか上着を買おう。まずは、空港からミラノ中央駅行きのバスを探す。ガイドブックにもバスの名前までは載っていなかったので、はやくもあたふた。なんとかマルペンサーシャトルを見つけた。すでに6時を回っていたので、すっかり暗い。見知らぬ国、いきなり夜の郊外をバスで走るのは、ちょっと不安だった。40分くらい走るとミラノの中心街へはいってきたようだ。

昨年末、東京駅近辺のミレナリオを、1時間くらい並んで見物へ行った。本場イタリアでのクリスマス・イルミネーションにはとても期待をしていた。バスからの眺めからは、どことなく寂れた雰囲気のする街という印象のほうが強かった。人気も少なく、建物の明かりもみな消えている。ミラノ中央駅へ着く。巨大なホールを持つ立派なターミナルだ。クリスマスの飾りも質素だが、国鉄で用意したと思われる大きな赤い垂れ幕は、雰囲気も良く期待感をそそられた。

初めての国で、夜な夜なホテルを目指すのはシンドイ。まず地下鉄に乗ることで、ちょっと戸惑う。切符を買うのに慣れるまでが大変だ。周囲へ習おうかと思っていても、以外と観光客ばかりなのか、みな戸惑っていたりする。後で気付いたが、自販機はお札の入りが悪いので、ほとんどの人はキオスクのようなお店で買っていた。なんとか乗り継ぎ、レプッブリカ。寒い中迷いながら、しかもこのあたりは全く人気がなく、いったいミラノには人がいるのかと不思議に思うほどで、ホテルへたどり着いた。

すでに9時を回っていたが、在り来たりなホテルで食事をするのもつまらないので、ドゥオーモまで出る事にした。壮大な神の象徴。街の中心にそそり立つその姿はやはり感動的だ。反面相変わらず人気がないのが心細い。

確かに遅い時間だが、パリはもっと大勢の人でにぎわっていたように思う。広場の一角へスケートリンクがあり、大音量でBGMを流している。寂しげな広場が、大きな音でよりいっそう空虚だ。ドゥオーモ脇のアーケードを歩いていると、デパートがまだ開いていた。9時半頃だったが、日本と違ってこういうところは遅くまで営業しているのだろうか。デパートの前には怪しげな路上販売が、かなりの数で路面を埋めていた。うろついている人も若くて柄の悪そうな連中ばかりにみえた。その後も何度かドゥオーモ周辺を歩いたが、壮大な建物と広場がある反面、とても治安の悪そうで、危険な雰囲気のする所という印象だった。

寒さを凌ぐべく上着を探しに中へはいると、デパートの割になんだか雑然としている。客もそこかしこに座り込み、路上と変わらない扱いだ。デパートですらこんな雰囲気なのかと、少し呆れた。それでなくとも、ドゥオーモの散らかしようにはちょっと驚いていた。ミラノには観光地という意識はないのだろうか。普段からあんなに汚れていては、街を利用する人のモラルも廃れてしまう。

すっかり印象を悪くして、腹も空かし目的のピッツェリアにたどり着く。ガイドブックでもおすすめの店だ。中へ入ると、想像以上に賑わっていた。日本人など一人もいなく、みな店員とも親しげの雰囲気が良い。ピザの基本、マルゲリータとトマトソースのパスタを食べる。とてもおいしく、値段も二人で2500円くらい。印象の悪さも忘れ、やはりイタリアでの食事には期待できると満足。ホテルへ帰り寝る頃には1時を回っていた。時差ボケと、慣れない街での深夜に及ぶ彷徨で、すっかりくたびれた初日だった。


カテゴリー-建築旅行