※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


まだ行ったことのない国を旅行する際、いきなりガイドブックのたぐいを見てしまうと、細かく配置されたイメージの洪水へお腹いっぱいになってしまう。自分はむしろ活字から入ることで、記憶に残っているイメージを頼りに膨らませていくほうが自然なようだ。

映画はイメージの洪水にはならない。スペイン、ポルトガルには素晴らしい映画がたくさんある。けれどまとめて見るにはそれなりのテンションを必要とするものばかりだ。映画や文学はラテンアメリカのそれと切り離せないのも特徴だ。そこには両者の関係の複雑さが象徴されている。

もっとも、まず現地へ行き興味を持つことで、その後調べたりする。何度も気軽に行ける生活を手に入れていればそれでもよいのだけど・・。そんな貧乏根性を頼りに意識がそこへ向かっている内に手にした情報をメモして行く。

「ヴァンダの部屋」にでてくるような、リズボンのスラム街。以前見た南米のスラムが舞台の「シティ・オブ・ゴッド」。前者の方が大きくて深刻だと言うのだから、想像を絶する。

グッゲンハイム美術館には建築の変換点が象徴されている。けれどここはスペイン北部バスク地方。バスクと言えばテロリズム。ピカソの「ゲルニカ」以上に、テロ組織・ETA(祖国と自由)の存在が気になる。2006年3月23日、無期限停戦を宣言、同24日発効のようだけど。

そんな暗い話題ばかりが目に付く。建築を飾る状況と政治・社会の明暗の差には、切り離せない関係がある。その事実に驚くばかりだ。2006-06-10/k.m


スペインうたたね旅行


  • 出版社:文芸春秋
  • 著者:中丸 明

とても軽い読み物で、出だしには良かった。けれど「闘牛は三幕一場からなる宗教劇」という解説は、他の本では得られないエピソードだった。サグラダ・ファミリアの経緯も面白い。大工ヨセフのような微妙な立ち位置から、あの壮大な建築が生まれてしまったのだから。


スペイン5つの旅


  • 出版社:文芸春秋
  • 著者:中丸 明



「スペインうたたね旅行」と同じ中丸明の著作だが、よりガイドブックじみていて、かえってつまらなかった。けれど、こういったエピソードなんかが、生きたガイドなんだろうけど。


スペイン巡礼史 「地の果ての聖地」を辿る


  • 出版社:講談社現代新書
  • 著者:関 哲行

スペイン関連情報を求めていたら、この著作ではいきなり秩父霊場を回った作者の思い出からはいっていた。それがサンティアゴ巡礼へとつながり、スペイン巡礼史へと至る。あまりの路線変更に戸惑いながら、奥の深さへ恐れ入った。というか余り入り込めなかった。ただ、その後幾つか先を進むに至って、また興味がもてるようにもなってきた。

ところで、レコンキスタ(失地回復運動)のとき、スペイン側は「サンティアゴ(聖ヤコブ)!」と叫んで団結したようだ。けれどこれはキリスト教からみた回復であって、イスラムから見たら奪われたことになる。イスラム支配下のトレドでは、キリスト、ユダヤが共存して文化を成熟させた時代もあったようだ。


ポルトガルを知るための50章

amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
  • 出版社: 明石書店
  • 著者:村上 義和

このシリーズは結構重宝していて、広く浅くしかも今の姿をうつしているという意味で実践的だ。レコンキスタからサラザール独裁体制、移民事情から教育問題、イスラムの影響などかなり広範囲にわたっている。特に興味深い章は、サウダーデの国というタイトルで、日本で言う無常感のような奥行きを感じた。



白い街へ―リスボン、路の果てるところ


  • 出版社: 彩流社
  • 著者:杉田 敦

この本に出合えたことは既に旅行の収穫かもしれない(まだ行ってないけれど)。ペソア、タブッキ、ヴェンダース、ベンヤミンなど数多くのアーティストを惹きつけ、クリエイティヴィティを刺激し続ける白い街、リスボン。そんな視点で語られたエッセイ。杉田敦さんはart&river bankという川沿いのこじんまりしたギャラリーを夫婦で企画されている。写真会議という興味深い企画もあって一度参加したいと思っている。



スペインを知るための60章

  • 野々山 真輝帆

ポルトガル版よりもはるかに政治話題が多いのは、スペインの特徴なのだろうか。独裁政権という同じような閉鎖性を経験した2国は、地味な近代化を遂げて、いま世界の多様化・自由化と共に揺れ動いている。そんな印象だ。ただこの本では国民党への希望的観測が多いが、既に2004年3月11日、マドリッドの列車爆破テロを契機として当時のアスナール政権に対する国民の不満が募り、国民党から社労党へと政権交代がなされているので、情報としては古くなっている。

コメントをぜひ

名前:
コメント:

カテゴリー-社会建築映画旅行