※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暗号的な世界について

#ref error : ファイルが見つかりません (01.jpg)

http://www.hirokiazuma.com/texts/superflat.html

  • 存在論的、広告的
  • 東浩紀

今の世の中、どっちつかずの議論が多い。 かつての象徴的存在(?)が消滅し、それでもなにか中心を求めたくなる気持ち。自分の不安定な存在なんて、自身のささえにならないし。 とは言え、その瞬間を楽しんでいるときに、象徴なんて全くない。 あるのは強度。楽しむ身体。 そのためなら、それが途絶えないでいてくれるなら、その先の事なんて考えなくたっていい。 けれど、どちらにも自分は居る。そこに何時もいる。

2000.06.01/k.m


カテゴリー-雑誌