※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラストデイズ


  • 監督 :ガス・ヴァン・サント
  • 出演 :マイケル・ピット、ルーカス・ハース、アーシア・アルジェント

監督、脚本、編集を行い、『ジェリー』、『エレファント』、『ラストデイズ』と人生の最期を描くガウ・ヴァン・サントの三部作。気合の感じる作品。(他の2つはまだみていない。)

部屋で一人セッションをする姿をゆっくりと引きで撮るシーンがとても印象深い。もうじき死へ向かう主人公へ、決して感情移入を許さない距離感がある。これは終始作品に感じるもので、ただ映された画面を追いかけることでしか参加できない。

安易に感情を落とし込む内面の見え透いてしまった感動映画は、一見して分かるように「死」そのものは描いていない。死がうばう感情や、それが与える絶望感をテーマパークのように体感させているだけだ。

死には何の意味もなく、なんの変化も生まない。ただ存在を失った後の「かわらない」時間が続くだけで。ブラックホールのようにぽっかり浮かぶ闇に吸い寄せられる時間を思う。2007-04-06/k.m

コメントをぜひ

名前:
コメント:

カテゴリー-映画