※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マーティン・パー写真展

  • 東京都写真美術館
  • FASHION MAGAZINE
  • 私の、私による、私のためのファッション・マガジンにようこそ!

スタイリッシュに配置された赤や黄色のペンキ壁や、空や砂浜のつくる色彩のなかで、人間の肌だけが年輪を刻んだアースカラーとして写っている。

赤茶色にくすんだ肌色が生々しいのは、まわりに散らばる原色の鮮やかさがとても人工的に対比されているからだろうか。

広告やファッションを起源にしているから「消費」という言葉がすぐ浮かんでくる写真ばかりだけど、その人工物を身にまとった人の姿が、両者の隔たりの大きさを語っているようで面白かった。2007-07-16k.m

コメントなど

名前:
コメント:

カテゴリー展示写真