※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2003雑感

今年はwikiを使ってサイトを構築し、それまでのやり方と大きく変わった。更新が楽だということが、「サイトする」ことの意識をも変えていった。

ひとつは「近況」として日記的な書き込みを継続していけたこと。これはウェブログという形式が主流を占めつつある状況の中で、むしろ旧来のウェブ日記をしているという感覚だった。そして個人日記というメディアに対して考えさせられる出来事でもあった。「はてな」を中心に広がっているブログは、2度目の個人サイトブームを引き起こし、ある決まったメンバーによる思考の流れがとても視覚化された状況をつくっている。もはやそれらとの距離感によってしか、自分のサイトを位置づけるこが出来ないかのようでもあり、やや息苦しさを感じている方も多いのではないか。

もうひとつは、すべてのページにコメント欄をもうけられたことにより、3年前に書いたノートが再び話題に上がったりした。これはウェブ・ノートという性質へ初めて実感を持てた、とても意義ある展開だったと思う。キーワードとしてたくさんのページを立て、それらへ時間とともに情報を付加して、さらにコメントをもらう。この繰り返しがとても面白く興味深かった。雑多な情報を少しでも掴み止めておきたい、そんな気分をカタチにしているのではないか。正直このようなツールが無くたって、それなりに掴んでいくのだろうし、あるいはもっと深く追求出来ていたかもしれない。けれど行為として面白いかということと、実のある結果を残せるかということは、別の問題だ。

上記2つの新しい楽しみが今年の大きな収穫だったが、同時にこれらによってウェブ活動の限界のようなものも感じた。しかし元々ある限界の中で楽しんでいるのが、ウェブならではの気の抜けた開放感であった。それ以上の活動は外へ出てやるべき事がたくさんあるのだ。むしろ今後は外へ向けて動いて行くことを真剣に、そして楽しむ中でウェブとのバランスをとりたい。そんな気分で2003を総括(汗)。2003-12-31/k.m

2003総合ベスト5(かなり思い切って・・)

2003ベストに関するサイト(募集中)

  • 読了本/2003年/年間ベスト本(青月にじむ さん)
  • nobodyによる映画+そのほかベスト5
  • 紀伊國屋書店スタッフが自分で読んでみて面白いと思った本30冊-ベスト10
  • 紀伊國屋書店 単行本・新書売上げベスト100
  • Yahoo! JAPANユーザーが選ぶ2003年ベストミステリー
  • ガイドが選ぶベストグルメ2003
  • 2003年に発表されたなかで忘れられない映画
  • テレビドラマ2003年のベスト
  • 2003年映画極私的ベスト発表
  • 2003年の映画ベスト5
  • 大学生協文庫ベスト2003フェア

おまけ

2003年見て(劇場・ビデオ)ノートした映画リスト

2003年読んでノートした書物リスト


カテゴリー-その他