※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

綾辻行人(あやつじ ゆきと)

解説

  • 京都大学推理小説研究会出身。新本格ムーブメントの契機となった。

受賞歴

  • 1992年『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞

作品

作品名 出版社 出版年 備考
十角館の殺人 講談社ノベルス 1987 ※1
水車館の殺人 講談社ノベルス 1988 ※1
迷路館の殺人 講談社ノベルス 1988 ※1
緋色の囁き 祥伝社ノン・ノベル 1988 ※2
人形館の殺人 講談社ノベルス 1989 ※1
殺人方程式-切断された死体の問題 光文社カッパ・ノベルス 1989
暗闇の囁き 祥伝社ノン・ノベル 1989 ※2
殺人鬼 双葉社 1990
霧越邸殺人事件 新潮社 1990
時計館の殺人 講談社ノベルス 1991 ※1
黒猫館の殺人 講談社ノベルス 1992 ※1
黄昏の囁き 祥伝社ノン・ノベル 1993 ※2
四〇九号室の患者 森田塾出版 1993
殺人鬼II -逆襲編- 双葉社 1993
鳴風荘事件-殺人方程式II 光文社カッパ・ノベルス 1995
眼球綺譚 集英社 1995
フリークス 光文社カッパ・ノベルス 1996 ※3
アヤツジ・ユキト 1987-1995 講談社 1996
どんどん橋、落ちた 講談社 1999
最後の記憶 角川書店 2002
暗黒館の殺人 講談社ノベルス 2004 ※1
びっくり館の殺人 講談社 2006 ※1

※1 館シリーズ
※2 囁きシリーズ
※3 エッセイ集

他のメディア

関連リンク