※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乙一(おついち)

解説

  • 1978年生まれ。1996年、『夏と花火と私の死体』で第6回「ジャンプ小説・ノンフィクション大賞」を受賞し17歳でデビュー。彼の作品は、「黒乙一」と呼ばれる残酷さや凄惨さを基調としたものと、「白乙一」と呼ばれる切なさや繊細さを基調としたものの2つの傾向が存在していると言われる(Wikipediaより)

受賞歴

  • 1996年、『夏と花火と私の死体』で第6回「ジャンプ小説・ノンフィクション大賞」

作品

作品名 出版社 出版年 備考
夏と花火と私の死体 集英社 1996 短編集
天帝妖狐 集英社 1998 短編集
石ノ目 集英社 2000 短編集 ※1
失踪HOLIDAY 角川スニーカー文庫 2001 短編集
きみにしか聞こえない CALLING YOU 角川スニーカー文庫 2001 短編集
暗黒童話 集英社 2001 長編
死にぞこないの青 幻冬舎 2001 長編
暗いところで待ち合わせ 幻冬舎 2002 長編
GOTH リストカット事件 角川書店 2002 連作短編
さみしさの周波数 角川スニーカー文庫 2003 短編集
ZOO 集英社 2003 短編集
失はれる物語 角川書店 2003 短編集 ※2
小生物語 幻冬舎 2004 エッセイ
銃とチョコレート 講談社 2006 長編
※1 文庫版では「平面いぬ。」と改題
※2 スニーカー文庫刊行作品の中から5篇を収録+書き下ろし。

他のメディア

  • 漫画化
    • 「はじめ」、『GOTH リストカット事件』
  • 映画化
    • 「手を握る泥棒の話」、『ZOO』

関連リンク