新生クライシス帝国の書き手情報局! 大晦日だよドラえもんスペシャル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「「新生クライシス帝国の! 書き手情報局!」」

焦ったドラえもん「皆さん、こんばんはー! 今回のパーソナリティー、焦ったドラえもんです!」
うっかり侍「…………。……」
ドラ「うっかり侍さん、マイク入ってない……」
うっかり侍「そ、某としたことが……。失礼いたしました。改めまして、永遠のうっかり侍でございまする」
ドラ「いやー、今年ももう終わりですねえ」
うっかり侍「早いものでござるな……」
ドラ「ちなみにタイトルはスペシャルになってますが、別に特別なことはやりません。なぜなら、予算がないから」
うっかり侍「ドラえもん殿、そういう裏事情はわざわざ言わなくとも……」
ドラ「気にしない気にしない。んじゃー、ゲスト呼んでみましょうか。どうぞー!!」

ルシオ「こんばんは、AAAロワの◆MJv.H0/MJQです。愛称はルシオです」
シルベストリ「漫画ロワのシルベストリだ」

ドラ「うん、私ら含めて、すっごい地味な絵面!」
ルシオ「ゲストに対する第一声がそれですか!」
ドラ「いやー、なんていうか……。華がないよねー」
シルベストリ「脱ぐか?」
ドラ「いや、けっこうです」
うっかり侍「あの、ドラえもん殿……。そろそろ進行を……」
ドラ「ああ、そうだね。じゃあまず、ルシオさんのロワでの動向から」
ルシオ「よろしくお願いしますね」
ドラ「空気。以上」
ルシオ「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ってくださいよ! いくらなんでもそれはないでしょ!」
ドラ「だってさあ、登場話でドットーレさんと小競り合いした以外はたいしたことしてないんだよね、ルシオさん。
   ずっと転のおもちゃにされてただけじゃん」
ルシオ「いや、そうかも知れないけど……」
ドラ「それで最後は、『もういらない』でズガン……。本当に同情するわ」
ルシオ「同情するならもう少し優しい言葉をかけていただきたいんですが!」
うっかり侍「同情するといえば、シルベストリ殿もあまり活躍の機会に恵まれませんでしたな……」
シルベストリ「うむ」
ドラ「温泉入って気絶してズガンだもんねえ……。けどまあ、いちおうドSとの戦闘シーンがあった分だけルシオさんよりはましかな?」
シルベストリ「あまり詳しく描写されてはいないがな。荒くれ仮面ネタも、首輪解除フラグも活かせず……。
       正直、残念なポジションだったと言わざるを得ない」
ドラ「まあまあ、年の終わりにしけた顔しない! 明るくいこうよ、明るく!」
ルシオ「あのー……。ドラえもんさん、何かキャラ違いませんか?」
うっかり侍「確かに……。普段はこんなハイテンションな方では……」
シルベストリ「何だか、酒臭くないか?」
ドラ「何言ってるのよ、シルベストリさん。私が飲んでるの、トマトジュースだよ?」
ルシオ「いや、あの、これ……。ブラッディメアリー……。カクテルなんですけど……」
うっかり侍「えー!?」
ドラ「大丈夫大丈夫。カクテルに入ってるアルコールなんてたかが知れてるよー。
   あら? 何かうっかり侍さんが2人に……」
ルシオ「ぐでんぐでんじゃないですか!」
シルベストリ「もはや収録続行不可能と言わざるを得ない」
うっかり侍「で、では、今日のラジオはここまで! 皆様、よいお年をー!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。