000-100まで


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

000 オープニング
空想が現実になる?そんなことあり得ませんよ、ファンタジーやメルヘンじゃないんですから。
そう言い切れたら、どんなに楽なことか。しかし少女が巻き込まれた状況は、まさしく「現実になった空想」だった。

001 お姉さまの珍道中?
惨劇の幕が開き、最初に登場するは後の看板役者。殺し合いという舞台は、彼女を徐々に変えていく。
というか、完全に別人になってるんですけど!?

002 エース見参!
彼は切り札の名を与えられた男。早くもその手を血に染め、このゲームの制覇者となることを彼は誓う。

003 番人が如く
その名前は死を司る。その持ち物は悪を示す。そしてその姿は、悪魔と蔑まれる。
これだけ条件が揃っていて、ゲームに乗らなくてどうする…!

004 体は鉄槌でできている。
パロロワ界でダントツの知名度を誇る男、鉄槌。そして同じく抜群の知名度を誇るレイジングハート。
この両者が組めば無敵…とはならないんだなあ、これが。

005
あまりに存在感が薄すぎた少女。自らの命を絶とうとした彼女は、しかし最速の男に救われる。
ここが彼女のピークだったとか、思っても言わないように。

006 そうあれかしと叫んで斬れば
アンデルセン神父。それは狂気の代名詞。
その服と武器を与えられた青年は、迷わずゲームに乗ることを選んだ。

007 黄金の旋風
この康一には夢があるッ!それは本当の英国紳士になることだ!
だから紳士とは言えない吐き気がするような悪どもは…俺が裁く!

008 カミングアウト
夜の校舎で、一組の男女が出会った。女はとても妖艶だった。
その女の前で、男は何も出来ずに体液をぶち撒けた。

009 俺は影の王子!!
繋ぎ師は激怒していた。こんな殺し合いを行わせるクライシス帝国に。
「あきれた連中だ、許しておけぬ!」

010 温泉少女
「名は体を表す」という言葉がある。それを真実とするならば、殺し合いの場で彼女が取ったこの行動も、なんら不思議ではないのかもしれない。

011 闇夜の少年
彼は名実共に、ライダーロワの王と呼ぶにふさわしい男だった。
だが、今の彼は名君にあらず。己の愉悦のために力を振るう暴君なり。

012 導くものは愛とギャグ
さあ皆様お待ちかね、希代の喜劇俳優、ギャグ将軍の登場です。
パートナーを務めますは可憐なる少女、コロンビーヌ。どうか拍手でお迎えください。

013 すべては君をリレーするために
仮面ライダーは、一般的に正義の味方として知られている。
だが、すべてのライダーがそうではない。この男は、まさにその典型例である。

014 貴重な貴重な燻し銀
さあ、読者サービスタイムだ!お湯をはじく健康的なダイナマイトボディー、しっかりと心に刻め!

015 無題
この物語において、名前は重要な意味を持つ。
似た名前を持つものは、お互いに引かれあう。今回もまたしかり。

016 無題
なぁ、書き手さんよう…。この俺の登場話だってのに、タイトルなしってのはどういうことだぁぁぁぁ!
なめてんじゃねえぞ、くそっ!くそっ!くそっ!

017 きゃあ、じぶんごろし!
相羽シンヤの姿を借り、降臨するはアニロワのエースオブエース。
その第一の目的は、自分殺し。その発想は魔王故か。

018 無題
対主催。マーダー。ロワにおいて自分のスタンスを決めるのは非常に重要である。
だが、彼女はそれに興味がない。ただ同胞の力になることだけが、彼女の望み。

019 会場の中心で宣伝を叫ぶ
拡声器。パロロワ住人なら誰もが恐れる呪いのアイテム。
だが生きることを諦めた彼にとって、それは都合のいい代物であった。

020 第一印象がロリでも吸血鬼にロクな奴はいない?
まさしく 抱きしめたくなる 女の子 何も知らない人間が彼女を見たら、そんなことを思うかもしれない。
そう、彼女が天下無双の強さを誇る、吸血鬼の化身と知らなければ…。

021 炎の男
男が出会ったのは、二人目の同郷出身者。
その異形にあきれながら、彼はためらいなく炎の拳を放つ。

022 拡声器の呪い? 何だそりゃ、喰えんのか?
月明かりの下、少女は闘争を求める吸血鬼に出会う。
後に物語の中心となる二人が、早くも邂逅を果たしたのである。

023 熱血怪人対自動人形~特別ゲストお姉さま~
森の中で始まる戦い。怪人は銃剣を振るい、自動人形は空気弾を撃つ。
そして、お姉さまは見てるだけ。

024 常識人のなく頃に~手違い編
「エル」で表現できるものといったら、まあ世の中にはいろいろあるわけで。
だからこんな間違いがあっても、まあしょうがない…で済むかこらぁぁぁぁぁ!!

025 全ては愛しの人の為に。
お姉さま ああお姉さま お姉さま
松尾芭蕉、松島での一句(大嘘)

026 嫌すぎるこった
「なにか普通のなにか普通のなにか普通のなにか普通のなにか普通のなにか普通のなにか普通のなにか普通の……」
彼女の混乱は加速するばかり。落ち着けハマーD(ドラ)!

027 とりあえずこれからは卑屈っぽく見えないように『過疎ロワ』のことを高貴っぽく『カソリーヌ』って呼ぼう
一本一本は脆弱な矢でも、三本集まれば強固となる!
盛況ロワだからって調子に乗るな!過疎ロワの力見せてやる!

028 渡る世間は鬼畜ばかり
仲間を失った少女は、もう一人の少女の胸で泣く。
傷心の彼女は気づかない。悪魔は皆優しいのだ…!

029 無題
黒き翼と白き翼。二対の翼を羽ばたかせ、機械人形は空を行く。
「ああ、それにしてもマナがほしい…!」

030 再生怪人
他ロワ書き手《異教徒》は塵芥に。だが、今はそのときではない。
森に身を潜め、怪人は狂おしく笑う。

031 森に咲く炎
黒き夢を抱く少女を、炎を操る人形が襲う。
そして少女を救うべく、炎の仮面ライダーが姿を現した。

032 海鮮鍋温泉(効能:やけど・外傷・打ち身・不妊症・空腹)
温泉は、いつの間にかにぎやかになっていた。
しかし温泉があまりに気持ちいいので――そのうち温泉少女は考えるのをやめた。

033 『必殺技は受け止めなければならない』
アルレッキーノの目的は、ただ勝利することではない。読み手を楽しませることが、彼の至上の命題。
たとえそのために、自分の命が危険にさらされようとも…。

034 ギャグ将軍の道標
同士を求め、異形の将軍と人形の少女は自分たちが信じた道を進む。
しかしその道がどこに通じているのかは、本人達も知らないのかもしれない…。

035 吠えろ! 獣戦機
与えられた機体を知った瞬間、彼の中から殺し合いに参加させられたという悲壮感は消えた。
あるのはただひとつの言葉のみ。「やぁぁぁぁぁってやるぜ!!」

036 無題
名前がかぶってしまうというのは、意外によくあることで。
たとえば、アスカ・シンとシン・アスカとか…。

037 エンゲージ
コーヒーに紅茶。そして使用不可能の変身アイテム。こんなものが支給されたら、普通は怒る。
だが、この二人はむしろ喜ぶ。なぜなら彼らは普通ではないのだから。

038 AAA(トライエース)は永遠に不滅です
愛は人を強くする。その愛は、何も人間に向けられたものでなくてもいい。
あるゲーム制作会社を愛した男の生き様、とくとご覧あれ。

039 やらないか?
私はアニロワ2ndに所属するごく普通の書き手。
ふと後ろを見ると…ウホッ、いい女…。え?女?

040 スーパー書き手大戦
闇その2。彼の支給品は、大当たりと言っていいだろう。
しかし、それでも彼は運がない。それを帳消しにする相手と出会ってしまったのだから。

041 無題
私は不幸の星の元に生まれついた。いや、こんな言い方は他の人に失礼かもしれない。
その星は、私にとってだけ不幸の星なのだから。
「蟹座じゃないもん…。」

042 うっかり~ん☆しゃむらいさん
「○ョンくん○ョンくん、悲鳴が聞こえてきたのはこっちかい?」
「全然違う方向ですよ。」
「うっかりーん」

043 彷徨の雷鳴
天に星、地に花、人には愛を!
愛を説くために今、一人の男が立ち上がった!

044 どっきり、びっくり、サプライズ
世の中には同じ顔をした人が三人いるといいますが…。
それがこんなところで出会うとは、なんたる奇跡!え、そうでもない?

045 同郷の人間はよく知る人物が、想定外のことするとは予想できない。
彼女には力があった。彼女には知恵があった。
だが悲しいことに、彼女には運が全くなかった。

046 天才的戦術家達の遭遇
歩く頭脳戦は、最高の軍師の名を持つ少女と出会った。そして、彼女が連れてきたマーダーとも。
「これって…。孔明の罠?」

047 ドSとの出会い
絶望した!とんでもない制限と最初に出会った人の恐ろしさに絶望した!
ああ、もちろんドSのことじゃありません。もう一人の心の声です。

048 岸田バスターズ!Ex~エクスタシー~
近親憎悪とか同族嫌悪なんて言葉があるが、これはそんなレベルじゃない。
何せ、ほぼ同一人物なんだから…。

049 温泉話っスか! Chain-情さん
これまで楽園だった温泉にも、とうとう動乱の影が迫る。
無色の湯が、血を吸って赤く染まっていく…。

050 書き手じゃないからといって安心できるほどバトロワは甘くないのだよ
♪ある日 バトロワで クマさんに 出会った
H-5の街の道 クマさんに出会った

051 タチムカウ
手にしたものはナイフ。手に入れたものは勇気。
失ったものは同胞の命。少女は、声をあげて泣く。

052 人は勝ち誇った時、すでにその戦いに負けている
その道の達人が二人。これで負けることなどあり得ない。
だがその慢心は、一人の少女に完膚無きまでに打ち砕かれる。

053 名前で判断するのはお約束
漆黒の龍。彼は正義感あふれる好青年である。
だが、物事をあまり深く考えないのが玉に瑕だ…。

054 たこ焼き屋は闇に踊る
ステルスマーダー、扇動マーダー、奉仕マーダー…。
一口にマーダーといっても、いろいろある。
そしてここに、新たなジャンルのマーダーが誕生した。

055 ロリスキーはクールに怯える
恨むべきは死ねない体か、それとも「柊かがみ」というパーソナリティーか。
なんにせよ、彼女の出だしが最悪だったというのは疑う余地がない。

056 信じる者
胸に宿るのは、対主催の意思とある書き手への復讐心。
激情を秘め、鬼軍曹と呼ばれた男は活動を開始する。

057 史上最強の厨性能支給品
過ぎたるは及ばざるがごとし。どんな強力な支給品も、使いこなせなけれれば意味がない。
要するに、バランスが大切ってことさ。

058 超展開! 漆黒と真紅は混迷の果てに何を見たか!?
すべてを黒く染める闇と、すべてを呑み込む混沌。
真っ向からぶつかり合った両者は今、決着の時を迎える。

059 小さなエロスとEGO
草カイザVSエロゾルダ。学校で始まったライダーバトルは、意外な結末を迎える…。

060 コインは今投げられた
闘争を制する者、バトルマスター。
いち早く「なりきりシステム」に気づいた彼は、それでもあえて自分の道をコインにゆだねる。

061 BIG-JOE SHOWTYME
意思は拒絶する。だが、肉体は了承する。
彼にとって最悪のショータイムが今、幕を開けた。

062 バトルマスター
戦闘において不敗。故にバトルマスター。
彼の前では、混沌すら道を空けるしかない。

063 紙の子どもたちはみな踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら……?
わずかな出番で葬られるか、多い出番で苦しめられ続けるか。
どちらが不幸かは一概に言い切れないが、どちらも不幸なのは確実である。

064 首狩り女と不死者
首を狩ることに執着する策略家と、遊び相手を求める少年王。
どちらがまともかは一概に言い切れないが、どちらもまともではないのは確実である。

065 燃えよロワ
自らの活躍を絶望視する青年がいた。その彼の元に、死した仲間からのメッセージが届いた。
その言葉は、青年をドラゴンに変えた…のか?

066 ウルトラミキサー
数学以外の世界では、1+1が必ず2になるとは限らない。
3にもなるし0.5にもなるし…。測定不能になることだってあるのだ。

067 嵐を呼ぶカオス
バトルマスターにやられたカオちゃんだったが、この程度でめげるような男じゃない。
さあ、ここからが真のカオスタイムだ!

068 逝っちゃった神
力がほしいか…?ほしければくれてやる…。
ただし、我の趣味に合わせた形でな。

069無題(079)
目の前に現れたのは、怪しい仮面を付けた男。そして、血を吐く少女。
そりゃ普通、危険人物だと思うよねえ…。

070 救いの手
救済措置。そういえば聞こえはいいが…。
ある意味、一番の反則だろ、これ!

071 荒野の中心で、不幸を嘆く。
いや、確かにこれは俺が書いた奴だけど…。
スタート時点で死にかけって!制限ってレベルじゃねーぞ!

072 俺の容姿
出だしから絶望したのは彼女も同じこと。
孤高の少女の戦いは、ここから始まる。

073 貫けよ、その仮面で
迫る凶刃。圧倒的な戦力差。
だがそのとき、空から救世主が飛来する。

074 dddddddd
ちょっとした誤解と、ちょっとした判断ミス。それで済むはずだった。
苛立ちに身を焦がす、一人の男さえいなければ…。

075 希望と絶望のサイボーグ
まっすぐすぎる正義感を持つ改造人間と、やる気ゼロのサイボーグ。
噛み合わない二人の遭遇は、ただ騒乱を起こすのみ。

076 私には早急に手に入れたい物がある。
彼女はボマー。LSロワで名を馳せる爆弾魔。
自分好みの武器は手に入った。だが彼女には、決定的に足りないものがある。

077 Zero noise (+1)(前編)Zero noize (+1)(後編)
ホテル。アニロワ1stで未曾有の惨事の舞台となった場所。
見えざる糸に操られるかのように、書き手達はそこに集う。そして…。

078 嵐を呼ぶカオス・リターンズ
矛盾も後付でどうにかしちゃうのが、書き手ロワクオリティー。
トウカリョウのはずだったその男の正体は?続く!

079 嵐を呼ぶカオス・ネクスト(仮)
すべては矛盾を解決するために…。
カオスロワの王者、ここに見参!

080 ほとんど無害スーパーお夜食タイム
鯛焼きを手に、街を行く焦ったドラえもん。出会ったのは曲者にも程がある二人。
彼女の苦悩は、まだまだ終わらない…。

081 戦爵様だぞーえらいんだぞー!
いつの間にか荒野からビルの中に移動していた彼は、そこで一人の少女と出会う。
死にかけのじいさんと美少女…。すごい組み合わせだなあ…。

082 ウラガワ
物事は裏方がいなければうまくいかない。バトルロワイアルもまたしかり。
裏側で動いていた二人の人物が、ここで初めて表舞台に出る。

083 支給品次第で参加者のモチベが変わるのは必然である
彼は一般人である。一般人と言えど、支給品次第で活躍は出来る。
しかし、彼に与えられた支給品は…。

084 月下の騎士の虎退治
自由奔放に会場を駆ける虎の前に現れたのは、凛々しい女剣士。
喰らうか、それとも狩られるか…。

085 蟹座氏の憂鬱
一縷の希望を託し、チェックする支給品。しかし、出てきたのは色物、色物…。
だから、蟹座氏は今日も憂鬱である。

086 ゼットン
怪人対正義の味方。実に王道の対決である。
そしてピンチになった正義の味方を新ヒーローが助けに来るのも、また王道である。

087 噛み合わない二人+α
水掛け論を延々と続ける、二体のサイボーグ。
そして、それを物陰から見つめる男が一人…。

088 支給品以外でも登場の仕方はある
謎の声に導かれ、やってきました怪しい館。
そこでは、彼の運命を大きく変える出会いが待っていたのであった。

089 ありえたかもしれない死闘
一本の剣が繋ぎかけた、二人の書き手の縁。今回は二人の道は交わらなかった。
だが、近い未来、二人は出会うこととなる。

090 吼える男
二人の参加者を葬ってもなお、彼の血潮は燃え続ける。
彼の名はエース。最強のストライカーを目指す男。

091 無題2
禁断の言葉が、少女の中の何かを目覚めさせる。
響き渡るのは破滅の音。カラカラ、空空…。

092 交錯していく雄と雌~旅館で朝食を~
温泉旅館。一時の安らぎをくれるその場所に、人々は集まる。
そして流れについていけない少女は、一人泣く。

093 無題(1443)
しばしの休息を経て、王子は動き出す。
己の悲願、復讐を果たすために。

094 諸君、私はかがみんを苛めるのが大好きだ
あえて断言しよう。かがみが不幸になるのは、もはやパロロワのお約束であると。
そしてここでも、パロロワの神は彼女に試練を与えるのだった。

095 前門の虎。後門の狼。そして……
熱気と狂気。纏うオーラは違えど、共に危険であることに間違いはない二人。
狂乱サンドイッチに巻き込まれた地味子達の運命は!?

096 カミングアウト【Side.B】
少女は男に告白する。自分が抱く罪のことを。
だが、よりによってこの男に言ってしまったのは間違いかもしれない…。

097 「繋ぐ」ということ
死を目の前にして、少女は自分の信念を思い返す。
彼女の信念はつなぐこと。だから彼女は、バトンを仲間に託す。

098 「混ぜるな危険」とか言われるとかえって混ぜてみたくなるよね
脳内補完はしばらく妄想の世界に浸っていた。
そして我に返ってウルトラミキサーが壊れたことを思い出し…泣いた。

099 このロワがスタートしたのと同じ日にOG外伝発売
二人にとって、その支給品はまさに大当たりであった。
しかし、幸運と不幸は常に表裏一体なのである。

100 100話目だからって調子に乗って自分を書く。後悔?ないねッ!
街で出会ったのは、不死身の魔人。
仲間を倒され、愛の伝道師は静かに闘志を爆発させる。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。