第三回書き手ロワ2作品投票 結果発表!!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「漆黒と沙羅さんの書き手情報局! 番外編」」

漆黒「さて皆さん、長らくお待たせしました」
tu4氏「……これより、結果発表をしたいと思います……はぁ……」
漆黒「え、ああ、tu4さん。一応聞くけど、どうしたの?」
tu4氏「言わなくても分かるでしょ。また私の出ていた作品が一つしかランクインしていないのよ。
    しかもよく見たらあの話、私が最後においしいところを転に持っていかれた話じゃない!
    ……こうなったら、今からでもこの『時逆』で時間を操作して投票を――」
漆黒「ちょっと待った!! なに不正行為しようとしているんですか! さっさと結果を発表しますよ」
幻夜「このような事で癇癪を起こすようでは、空気王と称しながら『王』にも届かぬ未熟者だな」
tu4氏「つ、次の投票では必ず……では、結果発表!」



幻夜「ならばまずは第5位からだ」

ONIICHAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNN!!!!

tu4氏「第198話 大いなる意思、そして第208話 Can You Celebrateが同率の第5位で、5ポイント獲得よ!」

るるるるるるるるるるるるるるるるるるるる~♪

漆黒「じゃあまずは「大いなる意思」から」
????「うー、さすがは妹者の作品だね☆」
ウッカリデス「ま た あ な た か ! はい、こっち来る!」
パンタローネ「この話はジョーカーとそれに対する7人との集団戦だな」
nanasinn「はははははっ!!! 俺が大活躍する話だな!!」
ルーキー「くそ、上手くいけばお姉さまは俺がもらえるはずだったのに!」
パンタローネ「――ふぅ、気付いてよかった。ああ、勇ましいお姉さまの手、綺麗だな……」
tu4氏「そこ! 個人的な感想はその辺りで自重!」
ウッカリデス「集団戦も見応えがあるけど、各々の心理も逐一描写されていて良いですね。
       nanasinnさんもAAを抑え込むなんて、いくらなんでも無茶な事を――」
nanasinn「ぎゃははははっ!!! 俺は大いなる意思に勝ったんだ。それだけにあの最期は予想外だったぜ」
ルーキー「さすがは魔球使いの魔王というところか」
脳内補完「ここからお姉さま争奪戦、俺の復讐戦と続いていくんだな」

tu4氏「もう一つは「Can You Celebrate」ね」
軍曹「すまないコロンビーヌ。君を置いて先に逝ってしまって……」
コロンビーヌ「そんな事、もういいのよ。私の素敵な騎士様は最後まで格好良かったわ」
軍曹「コロンビーヌ……」
コロンビーヌ「鬼軍曹様……」
漆黒「あのー、もしも~し」
tu4氏「完全に二人の世界を作っているわ、はぁ」
漆黒「それにしてロワ内では珍しく結婚式まで挙げて、おまけに死体も礼装されて、軍曹は恵まれていますね」
tu4氏「この一つ前の軍曹が覚醒する話もランクインしているわね」
6/「orz」
ガチホモ「どうしたんだ6/」
6/「あの、俺の話題は……」
超展開「……ジョーカーは強くてなんぼ」
6/「うぎゃああああああああああ」


サプライズ「よし。次は第4位だ」

ONIICHAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNN!!!!

漆黒「第223話 エロス頂上決戦、決着……?!/エロス頂上決戦。仕切りなおし。/エロス頂上決戦終幕――そして。13ポイント獲得です」

るるるるるるるるるるるるるるるるるるるる~♪

tu4氏「それにしても5位と4位の差が8票もあるなんて……」
漆黒「今回は上位4作品が激戦でしたからね」
煩悩寺「エロス頂上決戦が4位か。まあまあじゃないの」
エロ師匠「私としては少々ヤり足りない気もするが……どうだ、今から再戦でもしないか。今度は不覚は取らん」
煩悩寺「へぇ、大きく出たわね。大きいのは胸だけにしときなさい。悪いけど、今度こそ勝つのは私よ」
エロ師匠「ほう~」
煩悩寺「へぇ~」
漆黒「あ、あの二人とも……落ち着いて――」
エロ師匠「よし、勝負だ。ついでにもう一人の私との勝負も付けるか」
ボマー「なんでいきなり私が!?」
煩悩寺「なら、私もあなたと勝負を!」
tu4氏「ちょっと、いい加減にして!」
鉄槌「とまあ、あっちは置いといて。前半のエロ対決はヤバかったなあ。放送禁止ギリギリだったしな」
熱血怪人「将軍が止めていなければ、どうなっていたやら」
将軍「皆もエロとギャグは程々にな」
漆黒「でも、鉄槌さんは最後に……」
鉄槌「まあ、いつ死ぬか分からないのがバトルロワイアルってもんだ。油断していた俺には熱血が足りなかったって事だ」
影丸「その頃、俺はずっと気絶したままだったんだよなぁ……」



影丸「あ、俺か。じゃあ第2位の発表だ。
   ああ、なぜ第2位かというとポイント同数で同率だったからだ。それでは――」

ONIICHAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNN!!!!

tu4氏「第219話 Blitzkrieg――電撃戦、そして第220話 さよならは言わないで。だって――。15ポイント獲得ね」

るるるるるるるるるるるるるるるるるるる~♪

漆黒「まずは「Blitzkrieg――電撃戦」から。これはすごい死亡者数ですね! 1話で7人死亡していますよ」
焦ドラ「ああ、なんか訳も分からないうちに身体を乗っ取られた私が……」
感電「あー、それに関しては申し訳が……」
うっかり侍「お二方もういいですよ。感電殿にも事情があった訳ですから」
残月「そうだよ。それにあの後、わざわざ温泉に立ち寄って供養してくれたじゃないか。
   あんたの償いはそれで十分だよ」
シルベストリ「手ぬぐいを活用してくれた事に関して礼を言わざるを得ない」
フラグビルド「私は一矢報いたから何も言わないわ。Chain情さんも責めないでね」
Chain情「ああ、分かっているよ。それより僕は一人だけ生き延びて……」
フラグビルド「いいんですよ。私が好きでやった事だから。Chain情さんには生きてほしかったから」
tu4氏「また良い雰囲気ですか!」
ピザの1号「じゃあBLなんてどう――」
tu4氏「却下」
ピザの1号「即答か!」
地味子「うう、あの時僕がもっと周りに注意していれば皆の想いを無駄にはしなかったのに……」
フリクリ「落ち込まないでくださいジミナさん。
     あなたは何もできなかったと、そう思っているみたいですが違いますよ。
     あなたの死に様に心打たれたという感想もたくさん来ています。
     書き手として誇っていいでしょう」
地味子「そう、なのかな。あと、ジミナじゃなくて地味子!」

tu4氏「次は「さよならは言わないで。だって――」ね」
漆黒「でも肝心の当事者二人は今まさに運命の再会か。それも票が入った要因かな」
幻夜「なーに。ネコミミストとて、あのシャリダムの記憶に耐え我の意志を継ぐ者だ。
   あのような愛に狂った黒猫などに負けはせんよ」
体はスクライド「彼女は俺の信念をも受け継いでいる。大丈夫だ」
Chain情「ネコミミストさん、どうかご無事で」
コロンビーヌ「貴女の愛の結末、見せてもらうわよ。666ちゃん♪」
漆黒「それにしてもあのシャリダム追体験はきつそうだなあ。それを乗り越えたからこそ今のネコミミストさんがあるんだね」
tu4氏「あの二人、この話の少し前までは若干空気気味だったのに……」
脳内補完「落ち着けマイハニー。そういや俺がギャラドスになった話にも票が入っていたな。
     それもこれもマイハニーのおかげだぜ」
tu4氏「……どういたしまして」


ルシオ「目立たなかった俺が第1位発表の音頭なんていう目立つところに……よっし! 気合い入れて発表だ!」

ONIICHAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNN!!!!

漆黒「第237話 White Trick/―――&Black Jokerが16ポイント獲得、僅差で第1位です!」

るるるるるるるるるるるるるるるるるるる~♪

お姉さま「え、ウソ!? 私の話!?」
tu4氏「ホントに僅差だったわ。1~4位までが16,15,15,13で接戦だもの」
漆黒「あの書き手ロワを震撼させた話ですね。深夜にもかかわらず雑談スレは大騒ぎだったなあ。
   雑談スレでは寝耳に水の悲鳴が13レスも付くし、挙句に勢い余って告白紛いの行為に走ったバカもいたな」
ルシオ「この話って相当反響が凄まじかったですね。それに比べて僕のは……」
tu4氏「まさにみんなの人気者ね……つまり空気キャラの敵……」
お姉さま「それだけじゃないでしょ。私の最期よりも熱血王子とか愛媛さんとかの方が印象深いって!」
熱血王子「ああ、ここから俺の怒涛の連戦が始まったんだ。ここまでいいところなかったしなあ」
愛媛「えっと、ごめんね、二人とも。なんだか変な汁の処理に付き合わせちゃって……」
6/「前半の説得が上手くいくかもしれない所からの落差が引き立っているな。落差と言えば俺も……」
お姉さま「もう過ぎた事はいいわ。ほら、とりあえず1位になった事を誇りましょう。
     それだけこの作品を評価してくれたってことなんだしさ」



tu4氏「さて第5位までの発表は終わり。続いて総評ね」
漆黒「ああ、僕が出ているのは一つもないか」
幻夜「我の死亡話が入っているな。なかなかいい所に目を付ける」
サプライズ「俺の書き様も最後に見せつける事ができた」
蟹座氏「ああ、ししょーとの再会の……あははははは♪」
バトルマスター「え? 蟹座氏……思い出さない方がいい事も……」
影丸「俺があのまま覚醒したままなら――」
ウッカリデス「あなたは後付けでいろいろ出ていましたね」

ドS「はあ、また帰ってきましたよ。じゃあ投票も終わったし、今回はパーティーでも開きますか。
   生き残っている人が無事である事を祈って……」
一同『あんたが言うか!?』


【投票結果】

第1位:16P:第237話 White Trick/―――&Black Joker
第2位:15P:第219話 Blitzkrieg――電撃戦
       :第220話 さよならは言わないで。だって――
第4位:13P:第223話 エロス頂上決戦、決着……?!/エロス頂上決戦。仕切りなおし。/エロス頂上決戦終幕――そして。
第5位:5P:第198話 大いなる意思
       第208話 Can You Celebrate
第7位:4P:第199話 かくて勝者は不敵に笑う
       第214話 人蟹姫/闘争制覇者
       第224話 世はこともなく廻り続ける
第10位:3P:第204話 我輩は――……
        第235話 意思×支給品=影丸
第12話:2P:第238話 trigger
第13話:1P:第231話 今ここにいる私



     ▼     ▼     ▼



お姉さま「ふぅ、それにしても第1位とはねぇ」
〝     〟「お姉さま!」
お姉さま「はい?(あれ、見覚えのない顔?)」
〝     〟「第1位おめでとうございます」
お姉さま「ああ、ありがと。でも、僅差だったから1位も2位も関係ないよ」
〝     〟「そんな謙虚な所も素敵ですね。ささやかながら私からもお祝いを……失礼――」
お姉さま「え!? ちょ、ちょっと、待っ――――///」

     ▼     ▼     ▼

蟹座氏「お姉ーさま!」
お姉さま「はっ」
蟹座氏「どうしたの、こんな所でぼーっとしてさ」
お姉さま「ねえ、私の傍に誰かいた?」
蟹座氏「誰もいなかったよ。それよりも投票終了パーティーが始まるよ」
お姉さま「え! そんなのあったの!?」
蟹座氏「しっかりしてよ、主役なんだから。はい、早くドレス着て急ぐ」
お姉さま「ちょっと待った! 私ドレスなんて――」
蟹座氏「何言ってるの。ちゃんと持っているじゃん。きっと綺麗だよ」
お姉さま「……あ、本当だ、いつの間に――ん? メモだ」

『愛しいお姉さまへ 素敵なドレスをどうぞ』

お姉さま「誰?」
蟹座氏「さあ急いで。パーティーが始まるよ」
お姉さま「あ、蟹座氏待ってぇ」

To be next vote――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。