鬼軍曹とドSの書き手放送局! 第8回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「「鬼軍曹とドSの!書き手放送局!!」」

ドS「こんにちは、皆様。前回は不慮の事故で休みましたが、今回から復帰のマスク・ザ・ドSです。」
軍曹「こんにちは!前回は新婚旅行で休みましたが、今回から復帰の鬼軍曹です!」
ドS「しかし新婚旅行って、どこ行ってきたんですか?」
軍曹「各ロワ死者スレ巡りの旅。もちろん、そこの住人に見つからないようこっそりと。」
ドS「楽しいんですか、それ…。」
軍曹「フハハハ、嫁と一緒なら楽しくないわけがなかろう!」
ドS「はいはい、それじゃ本題行きますよ。今日のゲスト、カモン!」

差「よう、俺は差だ。」
闇その1「私は闇その1だ。」

ドS「実に話を広げづらいゲストですねえ…。」
差「待てこら。ゲストへの一言目がそれってどういうことだ。」
ドS「考えても見なさい。ロワで会ったのがどっちも相方だけ。しかもやっていたことはゲームだけ。これで何を話せと?」
差「う…。それを言われると…。」

ドS「というわけで、今回は久々にこのコーナーです!」


ドS「”マスク・ザ・ドSの、色々思い出してもらいましょう”のコーナーぁ!」


闇その1「な、なんだとーっ!」
ドS「差さんの衰弱死は再現のしようがないので、今回のターゲットは闇その1さんです。
   さあ、コキッといっちゃいましょうか♪」
闇その1「いやだーっ!あんな痛いの、もう一回繰り返してたまるかー!」
ドS「フフフ、逃げても無駄ですよ。」
闇その1「こうなったら…最終地獄、ジュデッカ!」
軍曹「ちょ、この狭いスペースでそんな大技使ったら…。ああああああ!!」


深淵「三回連続で崩壊オチ…。またスタジオの修復しなきゃ…。 orz」
ルシオ「プロデューサー、しっかりー!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。