私たちの行方(後編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コロンビーヌは666に別れを告げて、病院方面へと向かっていた。
だがその顔にはエンジェル・アームの反動による疲労が見えていた。
いくら愛の力と言っても、半分を別の要因でまかなった以上無理は承知している。
首尾よく計画は成功したのだから、目を瞑る事にした。
それに……

「上手くいったみたいね~計画通り♪」

背後で聞こえる爆発音を聞きながらコロンビーヌは自身の仕掛けが発動した事を悟った。
あのボン太くんスーツの中にいたのは確かにゾナハ蟲だが、それだけではなかった。
変化の杖によってガソリンへと変えられた焦ったドラえもん・永遠のうっかり侍・孤高の黒き書き手の服、そしてピストルが中にあった。
時間が経つにつれガソリンは気化していき、そこには即席爆弾が出来上がる。
そしてタイミングを合わせてピストルの撃鉄をゾナハ蟲に引かせれば、火花が散って大爆発という訳だ。

「なんとか無事に子供が取り返せて良かったわん。
 感謝しますね、フランシーヌ様♪」

そうコロンビーヌの手には一枚のエニグマの紙――「漫画キャラバトルロワイアルwiki管理人」があった。

『感謝される謂われはないように思いますけど』
「じゃあ急に話をしたり、歌を歌ったりして666ちゃんの気を私から逸らしたのはなんで?
 それに貴女の歌がなければ、この子は驚きの黒さにもっと侵させていたはずよ。
 今私と子供が無事なのは貴女のおかげが大きいと思うんだわん」

コロンビーヌがあのタイミングで行動したのはひとえに666の注意が自分から逸れていたからだ。
偵察に出したゾナハ蟲によってその事を知り、子供を取り返す際に一緒に連れてきた次第だ。
携帯も取り戻したかったが、666が墜落したショックで使い物にならなくなっていたので放置してきた。

『それは考え過ぎですよ』
「そうかしら」
『……ですが』
「ですが……」
『子供を人質に取る事はなぜか許せませんでした。
 たぶんなりきりの影響ですね』

なんだかんだで一向に自身の行為を認めようとはしないフランシーヌの態度にコロンビーヌは好意を抱いた。
それがフランシーヌとコロンビーヌのキャラによるものかは関係なかった。
自分と子供にとって命の恩人という事実に変わりはないのだから。

コロンビーヌはクラールヴィントでジャミングをかけつつ、デイパックの中から写真を取り出して眺め始めた。
それはあの富竹時報のカメラによって写されたある書き手の写真だった。
気になっていたので現像してみたのだ。
出来上がった写真の数は実に20枚。
富竹時報が写真を撮っていた描写は一回だけしかなかったが、実は隠れていくつも盗撮していたのだった。
それこそ、このロワが始まってから死ぬまで、まさに執念だった。

「あら?」

いつのまにか写真は15枚になっていた。


 ◇


「ガァ――ッ!? グッ、ここまでやるか」

コロンビーヌ特性爆弾を受けた666は手酷いダメージを負い、せっかく回復した時間が無駄となった。
不死者ゆえにこれぐらいの事では死にはしないが、また回復に時間を割かなければならない。

「――ッ。リインフォース! 起きているんだろ、返事をしろ!」
『……なんですか、我が主』

呼びかけに答えたのは闇の書の管制人格であるリインフォースだった。
いままでアニロワ1stのように黙らされていたのだ。

「クラールヴィントが取られた現状、蒐集した力が暴走する可能性が高くなった。
 君の力で制御しておいてくれ」
『今までもそうしてきましたが、なにか不満でも』
「今まではクラールヴィントもいくらかそちらに力を回していたんだが、今はそれがない。
 だから今まで以上にしっかりやってくれ」
『……わかりました。一応留意しておきます』

それで二人の会話は終了した。
水銀燈のように嫌われているようだが、仕事はしっかりこなすだろう。
8割がた回復した666はリインフォースに一抹の不安を抱きつつ、索敵をさらに密にした。
だが今度はジャミングをかけたのかコロンビーヌが索敵にかかる事はなかった。

(まずい、まずいぞ。
 このままではバトルマスター達が他のメンバーと合流して、さらにコロンビーヌが私の計画を暴露するという最悪の展開に……
 なんとか手を……ん?)

ふと足元を見ると、写真が5枚ほど落ちていた。
奇跡的にあの爆発に巻き込まれなかったのだろう。

(こ、これは!? ……使えるな)

666は新たな策を携え、転移魔法を発動させた。


 ◇


「ししょー、さっきの光って」
「おそらくあれはエンジェル・アーム。一度だけtu4氏に撃たれた事があります」
「バトルマスターよ。ではその光の下におるのは……」
「ええ、たぶんtu4氏だと思います。
 何があったのかは分かりませんが、嫌な予感がします。まずは病院組との合流を急ぎましょう」

病院へ向かう途中、バトルマスター一行は隣のE-7から天へと突き刺さる光の奔流を目にした。
バトルマスターの証言からある程度の推測は立てられたが、確定には情報が少なかった。
とにかくすぐそこまで迫った病院へと急ぐ事にしたのだった。
病院まであと数十メートル――

「!?」

突然蟹座氏の足が止まった。
顔には苦悶の表情を浮かべ、身体はガタガタと震え始めていた。
震えを止めようと自らの両手で身体をぎゅっと抱きしめるが、震えはますます酷くなるばかりだった。
さすがの異常事態にバトルマスターも足を止めて声をかける。

「蟹座氏! どうし「来ないでッ!!」」

だがバトルマスターの接近は蟹座氏に拒絶された。
その声は酷く切羽詰まっていた。
まるでどこか底知れぬ場所に堕ちていく、そんな感じの叫びだった。

「ははは、ししょー、僕……なんかおかしいんだ。
 身体の奥からさ、声が響いてくるんだ。
 目の前にいるのは敵だ、殺せ、ってね。
 本当はそんな事思ってないのに、溢れてくるんだよ」
「まさか……蟹見沢症候群!?」
「……そうかも。でもなんか違うみたいな感じも――」


「これを見れば解決ですよ」


突如現れたのは漆黒の天使。
このロワでは『黒猫』の異名で暗躍し続ける愛を求める者――派手好き紳士『666』であった。
そして666はおもむろに懐から5枚の写真を取り出し、蟹座氏へと手渡した。

「え!? こ、これ、これって――ッ!?」
「ええ、紛れもなくあなたの写真ですよ。
 どう思いますか、こんなあられもない写真を撮られて?」
「え、あぇ、や、やだ……」
「みんなバトルマスターのせいなんですよ」
「な!?」
「彼が写真を撮るように仕組んだんですよ」

バトルマスターはその一言に危機を覚えた。
もちろん写真に何が写っているかはこの場では蟹座氏と666しか知らない。
だがどうにも不味い写真だという事ぐらいは嫌というほど分かってしまう。
そして同時に一刻も早く蟹座氏に声をかけ――

「あは、あはは、あははは、あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは♪」

遅かった。
もう既に蟹座氏は――堕ちてしまっていた。

「ししょー♪ ひどいよ。こんな写真、みんなに見せられないよ♪」
「蟹座氏待つ――」
「あれは『黒猫』! 我が娘よ。話を――」


「うるさいよ♪ どうせみんな僕が倒すんだから♪ そうしたら写真を見られる事もないしね♪」


気づくと、そこにはもう既に黒い天使の姿はあたかも幻だったかのように跡形もなく消えていた。
後に残ったのは幻に踊らされた哀れな道化だけだった。


【真夜中】【E-8 病院まであと数十メートル】

【バトルマスター@ギャルゲロワ】
【状態】:健康、キュレイ種のような身体、首輪解除、魔術回路にダメージ
【装備】:永遠神剣「冥加」、ゲイボルグ@アニロワ2nd、孔明の令呪(残り五画)
【道具】:支給品一式×2、コイン、名簿、孔明のメモ、スタンガン@アニロワ1st、首輪(まとめキング)、みWiki@らき☆すた?、
    ノートパソコン、不明支給品×2
【思考】:
 基本:コインの表が出た――だから徹底的に抗う。
 0:……蟹座氏!?
 1:仲間と協力して主催者を打倒!!
 2:病院へ向かい、残った対主催の参加者と合流。
 3:対主催として仲間を探し、殺し合いに乗った輩を倒す。
 4:こなたorかがみの姿をした参加者に会ったら、みWikiを渡す。

※容姿は前原圭一@ひぐらしのなく頃にです。
※自身の精神が、キャラの影響を受けている事に気付きました。
※【闘争制覇者-Battle Master】
  発動させることで、決して『バトル』に負けない固有結界を張る事ができます。
 【闘争制覇者-Battle Master アイン・ソフ・オウル】
  バトルマスターが生涯描きうるありとあらゆるバトルの世界に敵を放り込む技。
  物語内のキャラの攻撃を全部くらわせます。
  この技が発動した時点で、敵味方の全行動が『バトル』として定義されます。
  故に、発動すればどんな状況でも、バトルマスターは不敗です。
※影の繋ぎ師からディーの話を聞きました。
※孔明のメモにはこのロワに関する孔明の知り得る限りの情報が記載されています。
※孔明の令呪を使うことで魔力を補充することが出来ます。二画以上まとめて使うことでアインソフオウルを使用可能。
 ただし、全ての令呪を使い切ると……?
※みwikiが一段階強化されました。意思持ち支給品として近くの参加者と会話できます。



【蟹座氏@ギャルゲロワ】
【状態】:蟹見沢症候群発症(再発)、へこみLv5、顎部に痒み、『蟹座じゃないもん』覚醒、大程度の疲労、左手首に傷、
     若干錯乱、首輪解除、驚きの黒さに感染
【装備】:体操着(ブルマ)、鉈、ケリュケイオン@リリカルなのはStrikerS、永遠神剣『誓い』、蟹座氏の写真×5
【道具】:支給品一式×2、蟹座の黄金聖闘衣、最高ボタン、カードデッキ(シザース)@ライダーロワ、
     閃光弾、まふうじの杖、バッド・カニパニーの甲羅
【思考】:
 基本:ししょーと共に!
 0:写真を見られないようにみんな殺す♪
 1:私の記憶、どこかおかしい?
 2:『あいつ』に逢ったら殺す。
 3:ギャルゲロワの仲間とはできるなら会いたくない……けど。
 4:敵とは戦う。ギャルゲロワ以外でいじめてくる人はみんな敵。

※容姿は蟹沢きぬ(カニ)@つよきすです。
※最高ボタンを押すと、『いやっほぉぉぉおおおう、蟹座のONiぃ様、最高ーーーーーっ!!!!!』という台詞が、
 ハクオロの声で流れます。シークレットボイスにも何かあるかも?
※自分の心がキャラに影響されていることに気付きましたが、キャラに抵抗するため無駄な努力をしています。
※身体能力は本気を出せば倉成武ぐらいの力が出ます。通常はカニ。
※蟹見沢症候群について。
 へこみのLvが5になったとき、発祥します。発症した場合、自分を苛めたり辱めたりした者を優先的に殺します。
 基本的な症状は雛見沢症候群と同じです。発症中は蟹座氏のチャット状態の特徴により、語尾に♪がついたりします。
※言霊『蟹座じゃないもん』に覚醒しました。
 強い意志で蟹座であることを否定することにより、文字通り蟹に縁のあるアイテムから、
 『蟹座じゃないもん』つまり『蟹座じゃないもん(者、物)』の力を引き出せます。
※蟹座氏のバリアジャケット姿がどのようなものかは以降の書き手に任せます。
※なりきりが解けかけ、記憶に混乱が生じています。
※驚きの黒さに感染しました。
※『誓い』の意思の侵食により精神が混濁しかけています。
※蟹座氏の写真の詳細は後の書き手にお任せします。


【パソコンの中&iPodの中】
【ギャグ将軍@ライダーロワ】
【状態】:首輪解除、腹部にダメージ(治療中)、電脳空間に幽閉、心機一転、増えた、上機嫌
【装備】:電脳空間なのでない、はずですが……
【道具】:顔写真付き参加者名簿、支給品一覧(パスワードによりロック中)、地図、書き手ロワ2ndのSS一部
【思考】:
 基本:新生クライシス帝国の結成。
 1:……我が娘よ!?
 2:閉じ込められたついでに電脳世界を征服してくれよう!
 3:主催者なり真の対主催なりの目的やらなんやら考察してみせよう!
 4:熱血怪人の遺志を継ぎ、熱血王子を救う!
 5:『白猫』を探し出してくれよう!
 6:同胞を冒涜したあの連中は裁きにかける
 7:ついでに飲み友達を集める。
 8:コーカサスゼクターの資格者を探し、コーヒーを飲む。
 9:紅茶を飲むかどうかは保留。
 10:対主催の仲間を集める。

※ポケモンの物まねによる影響が各地で現れたかもしれません。ただ、将軍のギャグ補正により悪い結果は導きません。
※なんか増えました。すべてのコピーが同じ能力を持っているのか、実体化出来るのかは不明です。姿は変えれるようです。
※一時的に実体(きぐるみ)を失っているため、キャラに何らかの変化があるかもしれません。
※制限がライダーロワ基準だと思い込んでいます。
※特殊能力:「書き手界の良心」に目覚めました。
 本気の一喝を放つことにより、悪ノリし過ぎている者に自重を強いることができます。
 ただし、ギャグ将軍の性格上、あまり多用されることはありません。
 真剣な人生相談に乗ることも可能。なお、発動中はピンク色がかかった女言葉になります。
※背中に謎のチャックを確認。ギャグ将軍曰く、開けると「大変なこと」になるそうです。詳細は不明です。
 今回の発動はあくまで電脳空間でのなりきり変化の鍵としての解放であって、本来の解放の効果は不明です。
※ノリと思い込みで電脳空間内でかなりの無茶が可能になったようです。またものによっては現実の方が将軍に合わせて動きます。
 例:ピカピカ鳴くとラピュタの雷が勝手に発動します。
※固有結界「コーヒーブレイク」
 優雅なリネン一式の備わったテーブルと人数分の椅子を造り出し、皆でコーヒーを飲んで和みます。
 それ以上の効果は確かめられていません。
 コーヒーセット自体が発動させている可能性があります。
※ノートパソコンの中に、顔写真付き参加者名簿と支給品一覧(パスワードが設定されている)のデータが確認されました。
 また地図を確認。参加者の区別が付かない第三放送時の参加者分布を知ることが出来ます。上級パスでさらに詳しく?
※書き手ロワ2ndに存在するすべての「アドレス」に向けて、データ化されたギャグ将軍が送信されました。
※パソコンから『柿テロ猥・R2‐ND』のチャットに出入り可能になりました。
※コロンビーヌと情報交換しました。
※『柿テロ猥・R2‐ND』掲載の情報を一部入手しました。
 新生クライシス帝国に因縁のある相手――主催者・ジョーカーと真の対主催がメインです。 影の繋ぎ師の情報もそろっています。
 反面『黒猫』の情報を始め、不完全な部分もあります。お任せ。
※孤城の主のコロンビーヌ視点の情報を得ました。



 ◇


これで彼らの足止めは十分でしょう。
それにしてもあの写真が手に入ったのは僥倖でした。
できる限りの驚きの黒さを感染させ、あの写真を見せて蟹見沢症候群を再発させる。
加えて『誓い』の意思も刺激して精神状態を追い詰める。
しかもバトルマスター達に蟹座氏を傷つける考えはない。

「では次は――ッ!?」

急に胸に衝撃が走ったと思った瞬間、すでに血を吐いていた。
不死者なのですぐに戻っていったが、身体の節々に違和感が若干ある。

(やりすぎたか? 抑えきれないという事なのか?
 なんにせよ、急いで次の手を打たなければ……
 コロンビーヌが向かうとしたら、まちがいなくネコミミストの所でしょうね。
 どうするかはともかく病院へ行きますか)

彼女の想いは誰にも止められない。



【真夜中】【E-8 病院付近】

【派手好き地獄紳士666@LSロワ】
【状態】:闇の書発動、不死者化?、大量の精気(エロパワー)吸収、疲労中、負のエネルギー蒐集中、暴走?、
     アルテマ修得中(小アルテマはラーニング済み)、……私の愛は愛ではないだって?、かなり焦っている
【外見】:黒いリボンドレス、背中から黒い六翼。長い髪は白く染まり後ろに降ろしている。眼鏡外し。
【装備】:ゲート・オブ・バビロン@アニロワ2nd(※特殊仕様)、闇の書@アニロワ1st(ディス・レヴ内臓)、バリアジャケット、
     ビッグ承、コアドリル@アニロワ2nd、
【所持品】:ヒュッケバイン・ボクサー(トロンベ)、四次元ポケット、クレイジーダイヤモンドのDISC、高性能探索機能つき扇風機、
      朝倉涼子のアーミーナイフ、夜天の書(BL本)、ウルトラミキサー、モンスターボール(空)
【思考・行動】
 基本:極悪外道になった後、ネコミミストの前に敵として再会。ネコミミスト心から愛してる。
 1:病院へ向かい、コロンビーヌの行動を阻止する。
 2:ディス・レヴを使いこなせるようにする。
 3:熱血王子の動向はチェック。
 4:熱血王子が改心されそうなら……
 5:ネコミミストの前に敵として現れ、最終的に喰われる。

※ゲート・オブ・バビロンで出せるアイテムをどれも『一応は何とか使いこなせ』ます。
 エリクシールと爆薬は使い切りました。 鳳凰寺風の剣は病院に起き捨て。
 ディーヴァの剣、ルルゥの斧、鳳凰寺風の弓と矢は全て武器融合に使用。
 浄玻璃の鏡の回数制限は残り1回。凛の宝石は全てカートリッジに変形。
 懐中時計型航時機『カシオベア』破壊。
※ゲート・オブ・バビロンで出せる新たに判明した物及び追加された物。
 アニロワ1stからディーヴァの剣、ルルゥの斧、マイクロ補聴器、鳳凰寺風の弓と矢、鳳凰寺風の剣、凛の宝石×10、闇の書。
 加えて――マテリアルブレード@テイルズロワ@XXX、クラールヴィント@アニロワ1st@XXX、
 不死の酒@アニロワ2nd(既に使用済み?)@XXX。
※闇の書と融合しているため、その内に言うまでもなく――
※エロスの鐘の煩悩寺と、エロ師匠の(ついでに大暴れ鉄槌の)精気を吸収しました。
 影丸の魔力を吸収したため、8割がた使いこなせるようになりました。
※書き手としてのメタ視点能力を使える様子。別に全知ではない。
※闇の書とディス・レヴ@スパロワが内蔵されました。リミッターをかけていますが会場内の負の力を自動的に集められます。
※バビロンの財宝はクレイジーダイヤモンドでは治せません(宝物庫そのものは別)
※『真・驚きの黒さ』を蒐集により習得しました。これによりディス・レヴの効率を上げられます。
※全支給品を合成させ、自身も融合することにより、【グランゼボーマ@アニロワ2(グレンラガン)】の力が振るえます。
 制限によりサイズはLLL内で収まっています(つまり星よりでかいとかにはなりません)
 ただし666としてか闇の書の暴走が表に出るかは状況によります。 666もそのことは理解しています。
※ヒュッケバインボクサートロンベ:
 単純にヒュッケバイン・ボクサーが黒色(レーツェルカラー)になったもの。
 トロンベ化に伴いトロニウムエンジンから核融合エンジンになったが、
 666からのエネルギー供給でトロニウムエンジン以上に安定駆動可能になっている。
 人間サイズより一回り大きい。念動兵器が使えるかは不明。

※携帯電話@現実は墜落のショックで故障の後に、最後の爆発で壊れて吹き飛びました。



 ◇


「あらん。遅かったようね」

コロンビーヌが病院のすぐそばまでやってきた時にはもう既に事態は動いていた。
蟹座氏とバトルマスター・ギャグ将軍の間は一触触発の状態に陥っていた。
まさにラブホテルの再来であった。

「まあ、あれって私の落とした写真よね。つまり私にも責任はあるのね」
『でもどうするのですか? あの場に行きますか』
「それはもう少し先よん」

コロンビーヌはあの場に渦巻く様々な愛を感じていた。
バトルマスターからは、共にギャルゲロワで頑張ってきた仲間である蟹座氏に対する親愛。
蟹座氏からは、バトルマスターを「ししょー」として慕う敬愛。
ギャグ将軍からは、娘(?)である蟹座氏を気にかける親子愛。

それらの愛の終着がどうなるのか、見てみたかった。

「でも命に関わるようなら出て行くわん。死んじゃったら、続きが見られないから」

さらなる愛に覚醒した今のコロンビーヌなら、オリジナルは無理だが、666の驚きの黒さぐらいなら浄化する事も可能だ。
だがそれはいざという時まで使用とは思わなかった。
愛とは障害を乗り越えて強くなるものだとおもっているから。

「それに私はああは言ったけど、ネコミミストちゃんに666の事をばらそうなんてあまり思ってないわよ」
『ではなぜあのような発言をしたのですか』
「666ちゃんって、後一歩が踏み出せていない感じなのよねえ。
 だから今回の件でいくらか背中を押してあげたつもりよん」
『……ずいぶんと強引な押しですね。
 それに余計な火種が発生していますよ』
「だから余計に責任は感じるのよん。心配しなくても大丈夫ですよ。
 ちゃんと頃合いを見計らって仲裁に入りに行きますから」

彼女達はただひたすら機会を窺うのみだった。



【真夜中】【E-8 バトルマスター達が見える場所】

【コロンビーヌ@漫画ロワ】
【状態】:健康、
【装備】:ゾナハ蟲@からくりサーカス、腕時計型麻酔銃(1/1)@漫画ロワ、クラールヴィント@アニロワ1st(ネコミミストと同じ物)、
    エニグマの紙「漫画キャラバトルロワイアルwiki管理人」
【道具】:支給品一式×3、ティーセット一式、麻酔銃の予備針×3、変化の杖、ヴァッシュ・ザ・スタンピードの銃@トライガン、
     対戦車地雷×2、リュート@からくりサーカス、ドラゴンオーブ@AAA、キャンディー×1、蟹座氏の写真×15
【思考】基本:恋愛万歳♪
 0:鬼軍曹を生涯愛し続け、宿った命を大切にする。
 1:命に関わる事態になったら仲裁に入る。
 2:愛に介入しようとする邪魔者は倒す。

 ※容姿はコロンビーヌ(ロリ)@からくりサーカスです。
 ※ギャグ将軍にシンパシーを感じています。
 ※猫子頭の鬼軍曹と結婚しました。
 ※ロワ内の愛を感知できるようになりました。お邪魔虫もわかるようです。
 ※真の愛と哀しみを知り、北斗神拳奥義『無想転生』を習得しました。
 ※太陽、月、星々がなくなった訳を知りました。
 ※あらゆる愛に関する技が使用できるようになりました。
 ※愛の力により驚きの黒さを浄化できるようになりました。(ただしオリジナルは無理)
 ※「漫画キャラバトルロワイアルwiki管理人」は一度だけ秘められた力を使う事が可能です。詳細は不明。自身に関係する事?
  どうやら子守唄には驚きの黒さの侵攻をくいとめる効果があるようです。
 ※クラールヴィント@アニロワ1st(ネコミミストと同じ物)が消えないのは、愛の力です。

 ※焦ったドラえもん・うっかり侍・孤高の黒き書き手の服、対戦車地雷×5、ボン太くんスーツ@スパロワ、刃物付き帽子@からくりサーカス、ピストル(0/0)は使用・破壊されました。




265:私たちの行方(前編) 投下順に読む 266:主催者ジョーカーの事情
265:私たちの行方(前編) 時系列順に読む 266:主催者ジョーカーの事情
265:私たちの行方(前編) コロンビーヌ 268:クレイジー・ダイヤモンドは砕けない
265:私たちの行方(前編) 派手好き地獄紳士666 271:カウントダウンツ・ヘブン
265:私たちの行方(前編) ギャグ将軍 268:クレイジー・ダイヤモンドは砕けない
265:私たちの行方(前編) バトルマスター 268:クレイジー・ダイヤモンドは砕けない
265:私たちの行方(前編) 蟹座氏 268:クレイジー・ダイヤモンドは砕けない
265:私たちの行方(前編) 猫子頭の鬼軍曹 [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。