炎の男


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幸先良く一人撃退したエースは自らの支給品を再度確認する。
拳が巨大化する核金「ピーキーガリバー」
そして、スタンドディスク「マジシャンズレッド」
この組み合わせは防御に難が残るが、それでも大当たりに属するだろう。
そして、たった今倒したボイドの持ち物、対化物用拳銃ジャッカル。
本来これは人類に扱えるようなシロモノではないのだが、彼の熱き血潮がそれを可能にする。
恐らくボイドも同じ理由でこの拳銃を扱えたに違い無い。奴に出来て俺に出来ない事があろうか。
これだけ揃っていて、負ける要素など何処にも無い。
だが、僅かな油断が死を招く事も重々承知している。
油断無く、人目を避けるように道無き道を行く。
そこに、何処からか軽快な音楽が聞こえてくる。
(何処の間抜けだ? それともこちらを誘う罠?)
いずれにしてもその目で確認しない事には始らない。
慎重に、周囲に気を配りながらその音の元へと近づくエース。

その男は、とても特徴的な頭部をしていた。
エースはその男に心当たりがあったので、遠間から声をかける。
「おい、あんたもしかしてメリーゴーランドオルセンか?」
同じ漫画ロワに、そう呼ばれる男が居たと思う。
向こうもエースに気付いたのか、何やら話しかけてきている。
「すみませーん! 良く聞こえないです! 私はメリーゴーランドオルセン! どうか一緒にここから脱出するべく協力しませんかー!」
何やら大声をあげているようだが、全く聞こえない。
何故か?
それは、その男の頭の上にある半径数メートルはある巨大なメリーゴーランドの音が騒々しすぎるからだ。
電飾はピカピカと輝き、馬や馬車が上下に揺れながらぐるぐると回っている。
つか嘗めんな。お前の体よりメリーゴーランドの方が遙かにデカイじゃねーか。首折れるだろ絶対それ。
その男は更に何か言ってくる。
「私何としてもカミさんの所に帰らないといけないんですよ! ですから、一緒に頑張って戦いましょう! 私ちょっとだけ目立ちますけど、何、拡声器に比べれば可愛いものです!」
やはり何を言っているのかわからない。頼むから会話する気ならBGMの音量下げろ。
奴は両手を挙げてこちらに振ってみせている。
もうどうでも良くなったエースは、ぼそっと呟いた。
「……武装錬金」
その両腕に機械の塊が装着される。
腰を落とし、右腕を大きく後ろに引く。
「マジシャンズレッド!!」
更にその背後から炎を纏った鳥の頭部を持つ人間が現れる。

「いい加減頭ネタから離れやがれ! 火拳ッッッッ!!」

振りぬいた拳は巨大化しながら炎を纏い、一撃でメリーゴーランドごとオルセンを跳ね飛ばし、燃やし尽くした。
最早振り返る事すらせずその場を立ち去るエース。
「ウチのロワにゃまともな奴ぁ居ないのか……」

【メリーゴーランドオルセン@漫画ロワ】死亡

【深夜】【C-6 町】
【エース@漫画ロワ】
【装備:不明】ピーキーガリバー マジシャンズレッドのスタンドディスク ジャッカル
【所持品:支給品一式×2】
【状態:健康】
【思考・行動】
基本行動方針:最強のストライカーと成る為、何者だろうとブチのめす!
1:どいつもこいつも俺のこの手で叩き潰してやる!


020:第一印象がロリでも吸血鬼にロクな奴はいない? 投下順に読む 022:拡声器の呪い? 何だそりゃ、喰えんのか?
020:第一印象がロリでも吸血鬼にロクな奴はいない? 時系列順に読む 022:拡声器の呪い? 何だそりゃ、喰えんのか?
002:エース見参! エース 090:吼える男
メリーゴーランドオルセン



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。