鬼軍曹とドSの書き手放送局! 第2回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さて、そろそろ時間ですね。」
「おう、久々にやるとするか!」

「「鬼軍曹とドSの!書き手放送局!!」」

ドS「というわけでこんにちは、皆様。ついに我が分身が孤城の主となってしまったマスク・ザ・ドSです。」
軍曹「今日はー。嫁が孤城の主に参加していて、ぶっちゃけ心配で仕方ない猫子頭の鬼軍曹です。コロンビーヌー!」
ドS「落ち着いてください、軍曹さん。」
軍曹「おっと、すまん。しかし、ラジオやるのも久し振りだな。」
ドS「すいませんねえ。私がゲームの開発で忙しかったもので、なかなかスケジュールに空きを作れなくて。」
軍曹「いや、ゲーム作ったのってだいぶ前だった気が…。」
ドS「まあ細かいことは気にせず、ゲストの紹介にまいりましょう。今回からはなんと、一度に二人のゲストをお招きすることになりました!」
軍曹「まあ、一人ずつじゃはっきり言ってロワ完結までに紹介し切れそうにないしなあ…。」
ドS「それでは入ってきていただきましょう。今回のゲストは共にある意味死後のほうが活躍しているこのお二人です。どうぞ!」

蝶ネクタイ「どうも。ネクストコナンズヒント『蝶ネクタイ』です。…って、やっぱなげーよこの名前!」
深淵「こんにちは!死者スレの黒幕、深淵でーす!」

軍曹「うん、あれだな…。何というか、どうにも地味な組み合わせだな。」
蝶ネクタイ「はーい、そういう人を傷つけるような発言しなーい。先生は悲しいぞー。」
ドS「まあ、お二人とも一話死亡ですからね。それで個性をアピールするのも難しいでしょう。」
深淵「うーん、それは否定できないなあ…。自分なりに個性はアピールしたつもりだけど、やっぱり十何話も活躍した人たちと比べるとねえ…。」
軍曹「けどさっきも言ったとおり、二人は死んだあとに活躍してるよな。」
ドS「そうなんです。ネクスト(ry氏はアイテム「キバットバット3世」に身を変え影丸氏を助け、深淵氏は死者スレの基礎を作り上げたのですよ。」
軍曹「じゃあ、まずはネクスト(ryから聞いてみようか。キバットとして活躍して、どうだった?」
蝶ネクタイ「正直、微妙。キバットは間違いなく中身は俺なんだけど、参加者じゃなくアイテムだからな、あくまで。まあ、なったことに後悔はしてない。」
ドS「なるほど。では、深淵氏は?」
深淵「とにかくね、大変だったよ。一から今の死者スレを築き上げるのは。みんな非協力的だし。そんな中でも僕は…。」
ドS「おっと。お話の途中ですが、時間の都合で次のコーナーに行かせてもらいます。」
深淵「うきゃん。」


ドS「”マスク・ザ・ドSの、色々思い出してもらいましょう”のコーナーぁ!」

深淵「え?」
蝶ネクタイ「ちょっと、またこのコーナーやるの?悪名高きこのコーナーを!」
軍曹「残念ながら、まだ代わりのコーナーが出来てませんので。」
ドS「そういうことです。続けてほしくないのなら、次までに代案を持ってきてください。」
蝶ネクタイ「いや!もう手遅れじゃん!次回からなくなっても、俺らは避けられないじゃん!」
軍曹「まあ、その通りだね。」
ドS「さて、本来なら私が死因を再現するのですが…。残念ながら…じゃなかった、喜ばしいことに、今回は特別ゲストが来てくださっています。」
蝶ネクタイ「なんだか、ものすごい悪寒が…。」
軍曹「どうぞ、お入りください!」

エロ師匠「エロスを、ぶち撒けろォォォォォ!!」

蝶ネクタイ「ぎゃあああああ!!出たー!俺の天敵出たー!」
エロ師匠「さあ、お楽しみの時間の始まりだ!ネクスト(ryに関しては任せたまえ。何せ殺したのは私だからな。」
蝶ネクタイ「きゃああああ!!ご勘弁をぉぉぉぉぉ!!」
エロ師匠「そしてそっちのショタは、のどを貫いて自殺だったな。ならば二人まとめて姦通…もとい、貫通といこうじゃないか!」
深淵「え?あの、ちょっと!」
エロ師匠「エロエネルギー全開!サンライトスラッシャー!」

グサッ グサッ

蝶ネクタイ「………!!」
深淵「………!!」
エロ師匠「よし、本日のおかず確保完了!ではな、諸君。またいい男が出演する時は呼んでくれ。」
ドS「ああっ、エロ師匠!ゲストを連れて行かないでください!まだ感想を聞いて…。」
軍曹「あー、行っちゃった…。」
ドS「仕方ありませんね。ゲストがいなくなったので、今日の放送はここまでです。それは皆様、また次回!」
軍曹「結局今回もgdgdかあ…。」

この放送は、死者スレのトラブルなら何でもお任せ「便利屋6/」と、大人の時間をあなたにプレゼントする「ドSバー」の提供でお送りしました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。