再生怪人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まったく……あんなところで……同郷の書き手に出会うとは思わなかった」

 イスカリオテの制服に身を包んだ、長躯の男が息をついた。
 忌々しげにバヨネットを木々に突き立て、叫ぶ。

「ぶぅるぅあああああああああああああああああああああ」

 顔や髪が異なろうとも、声はアレクサンド・アンデルセンそのものだった。
 くしゃり、とパーマがかった髪を掻き上げる。
 その髪は本郷猛で、顔は村雨良だった。

「しかし……いくら戦闘能力が上がったとは言え、先程の様では優勝して帰るのは難しそうだ」

 しかし、全く引くつもりもない。ならば、どうするか?

「決まっている。鏖だ。全ての敵対勢力を叩いて潰す。全ての塵を塵に帰す。
 それになりより、俺は此処で死ぬつもりなど無い」

 そうだ、そうだとも。全ての参加者を等しく平らに叩いて潰す。一切合切一点の例外も無く、だ。
 しかし、無残に死ぬつもりなどは全く無い。
 あくまでも優勝、あくまでも生存がこの蘇った現代の熱血怪人の目的だ。

 ならばどうする?
 ――無闇やたらに狂うつもりは無い。

 然らばどうする?
 ――自分は知性の無い獣では無い。

 其れならば如何にする?
 ――答えは決まっている。自分は、自分は効率的に人を狩るだけだ。

「そうだ、そうだとも」

 自らが書いた才賀勝の様に、三村信二の様に、熱血怪人は頭を働かせる。
 自分は今強い。しかし先程のパンタローネの様に自分より強い人間もいる。

「流石は、投下数が多いだけある……」

 流石は最古の4人。流石は漫画ロワ書き手。
 あのまま戦いが続けば塵芥となっていたのは自分の方だ。
 悔しいが、奴との間には差があることは認めなくてはならない。

 でも、だからと言って、むざむざやられるつもりがあるか? と問われたら、否と答える。
 しかし、そうしても、確実に倒せる画策があるか? と聞かれても、否である。

 漫画ロワ書き手、最古の4人、他ロワ主力書き手……強敵は多い。
 1人倒して、はいさようならとは行かない。

 ならば――

「そうか……俺もそうすれば良いのだな」

 バヨネットを抜きとり、十字に構える。

「俺は漫画ロワ書き手、蘇った現代の熱血怪人。
 俺が使命は漫画ロワに逆らう愚者を、その肉の最後の一片まで絶滅すること。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 そして……最高のタイミングで横合いから殴りつけること」

 そうだ、そうだとも。
 わざわざ自分が戦闘力の高い漫画ロワ住人と戦う必要は無い。
 奴ら化け物《フリークス》は化け物《フリークス》共で潰し合えば良い。
 そうして残った最後の欠片を、最高のタイミングで、思い切り横合いから叩き潰してやれば良い。

 そう、ならばそれまでは沈黙を決め込むのが良い。
 或いはステルスとして対主催グループに潜り込むのも良い。
 ……尤も、他ロワ書き手《異教徒》を目の前に何時まで冷静になれるかわからないのだが。
 どちらにせよ、正面から鉄火の口火を切るのは得策ではない。
 無駄な手傷は優勝を遠ざける。
 一先ず紛れて、確実に狩っていく。


「ならば、親しみ易い様にこの格好をどうにかするか……そうだな、短パンなんて良いかもしれないなあ」

 そうと決まればバヨネットで下履きの太ももから下を断つ。
 うむ、心なしか大分動きやすい。

 自らの衣装を満足そうに眺めると、高らかに怪人は嗤う。


「フハハハハハハ……踊れ、踊れ、化け物《フリークス》共、俺の手の上でな」


 そうして蘇った現代の熱血怪人は、勝ち上がる策を考えた。
 しかし彼は――考察は出来ても――ステルスや鬱などを得意とする書き手ではないのだった。


==================================================

【深夜】【B-3 森】
【蘇った現代の熱血怪人@漫画ロワ】
【装備:バヨネット×2】
【所持品:支給品一式】
【状態:全身に無数の穴、自己回復中】
【思考・行動】
基本:優勝して帰る。迷いは無い
1:一先ず紛れる
2:とりあえず傷を癒やす
3:他ロワ書き手(異教徒)と一般人(化け物)は鏖
※イスカリオテの制服@ヘルシングに身を包んでいます。顔や髪型までアンデルセンではありません
※声はアンデルセン、髪型は本郷猛、顔は村雨良です


029:無題 投下順に読む 031:森に咲く炎
029:無題 時系列順に読む 031:森に咲く炎
023:熱血怪人対自動人形~特別ゲストお姉さま~ 蘇った現代の熱血怪人 086:ゼットン



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。