炬燵で蜜柑ならぬ…。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死者スレにて再会したTHE FIRSTと承。
とある一室にて炬燵に入って暖を取っていた。
ちょっとその様子でも見てみようか。


「いや~寒ィね」
「いや全く」

「…」
「…」
「あのさ」
「…ん?」

「…ブラック紳士とか言って正直スマンかった。あの時はヤケになってたっていうか何ていうか…」
「そんなこと気にするなよ。…俺なんかお前殺したんだぜ?」
「いや、違う違う。俺を殺したのは別の奴だから」
「あ、そうなの?…ずっと勘違いしてたんだけど」

「まあお互い色々あったからなぁ…」
「俺なんか操られてたからね」
「みたいだな。でも最期の承は格好良かったぜ、いやマジで」
「よせよ。それを言うなら仮面ライダーのお前の方が…」


「…(ぬくぬく)」
「…(まったり)」

「…鯛焼き食う?」
「死者スレで鯛焼きってのも乙なもんだな。んじゃ貰うわ」
「あいよ、ちょっと待ってな」
ジュー
「へぇ、手作りなのか」


「へい、お待ち!」
「いただきまーす。…うめぇ。」
「だろ?たこ焼きもあるぜ」
「んじゃたこ焼きも貰うわ」
「あいよ!」
ジュー


「…死者スレって平和だな」
「…だな。こんな場所だったとはちょっと意外だ」


「…ライダー書き手ってみんなアンタみたいに熱い奴なのか?」
「俺なんか全然大したことねーよ。もっと凄い人達が沢山居るしな」
「そりゃスゲー」
「俺はむしろスパロワの連中に興味持ったけど。アンタ見てたら巨大ロボットも良いかな…って」
「奇遇だな。正義のヒーローも悪くない…って俺も思ってたんだ」


「…」
「…」


「…たこ焼きもうめぇ」



色々あった二人だが、死者スレではすっかり打ち解けていた。
男二人の夜は更けていく…。

【THE FIRST&承 死者スレにて寛ぎ中】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。