Can You Celebrate


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆6/WWxs901は走り続けていた。
上手くいかない。誤解フラグを立てるどころか、先ほどはそれをへし折ってしまったのだ。
だから、その現状から目を背けるため、地面に落とされた後速攻で逃げた。
怖かったのだ。振り返ると、何かに捕まれそうで。
自分の『必要性』が、迫ってくる怪物に喰い潰されそうで。
だからひらすら、ただひらすらに安全地帯を目指して足を働かせる。
けれどそれは、結果には自らを危険な場所へ追い込む事となった。
目の前に広がる不気味な肉片の海に気付けなかった。
気付いた時、海は高波となり◆6/の身体を荒々しく包み込む。
そうしてカオスの化身であるはずの彼は、この地で誕生したカオスに……







――呑まれた





   ◇   ◇   ◇




最初に異変に気付いたのは、猫子頭の鬼軍曹だった。
気持ちが滅入るほどの凶悪な殺意が、彼が息を吸うたび肺に潜り込む。
徐々に近づく何者かに、軍曹の皮膚の一枚一枚が小刻みに震える。
考えなくとも理解できる。敵が来ているのだ。それも、軍曹だけを確実に狙い定めて。
絶対に逃がすものかと言うように。

「お姫様。俺にお客さんのようです」
「まあ、折角のティータイムが台無しね」

二人は路上に椅子とテーブルを用意した、簡素なお茶の席を設けていた。
軍曹は努めて軽快そうに肩を竦め空気を和らげる。
それを知ってか知らずか、コロンビーヌもやれやれと首を振った。
敵はそこまで来ている。軍曹は椅子から立ち上がり、優雅に会釈を。
微かに滲む不安を全て隠し、軍曹はコロンビーヌに背を向けて戦う意思を見せる。
立ち向かって気付いた。予想以上の凶悪さに。

「私の素敵な騎士様」

背中越しに、コロンビーヌの言葉が届く。
たったそれだけで、軍曹から嘘の様に震えが消え去る。
代わりに体中を駆け巡るは、熱くたぎる血と誇りに満ちた鼓動。

「御伽噺のお姫様と騎士は、幸せになるわ」

コロンビーヌはすっと指をさす。
見えていないのに、軍曹にはそれが何処を指しているか分かった。
綺麗な指が触れようとしたものは、鐘の付いた教会。

「そこで誓いを立てましょう」

殺し合いの中での挙式だなんて、素敵だと思わないと愉快そうに付け足しながら。
だから、軍曹は大きく頷き視線をきっちりと定める。

「必ず」




   ◇   ◇   ◇




目の前の化け物は、先ほど倒したそれの数段歪んだ姿をしていた。
下半身は、紫色の触手の森。
上半身は、ゼオライマーを彷彿させるフォルム。
左手には、巨大な剣を中心に存在する幾千もの武器宝庫(ゲートオブバビロン)。
右手には、どんな力さえ貫いてきたシェルブリット。
そして顔面部分には、融合しつつある顔のない6/の身体。
これが、軍曹の立ち向かうべき敵だった。
常人なら見るだけで分かるくらい、禍々さの集合体だ。
けれども、軍曹は震えることも、怯えることもしない。
自身に恐怖など無いことを、軍曹は誰よりも知っていた。
だから目を閉じて、自らの意思で青年から翼手へと姿を変える。

「いくぞ!」

背中に生えた巨大な羽を広げ、鋭い剣となった右手を天に掲げ、大きく跳躍する。
まず迫ってきた触手の洗礼を切り刻む。勢いはそこで止まらない。
切り捨てた触手を踏み台にし、切っ先を前方に向け突撃の構えを取る。
そして、両腕には目もくれずに顔面部分へと加速。
この手合いは、十中八九そういった場所が急所だろう。
そこを一気に叩き、余計な戦いをせず勝負を終わらせるのだ。

「WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!」

だが、相手だって黙ってはいない。
子供の癇癪の様に腕を振るうと、軍曹目掛け武器の洗礼を浴びせた。
曲刀が回転しながら軍曹の首に飛び掛り、大剣が獣のように暴れまわる。
規律よく並んだ短剣は、軍曹の羽目に誘いかけるように踊り続け。
最後に目に見えぬ宝刀がその左足をそぎ落とす。
痛みで眼球が真っ赤になるのを堪え、それでも軍曹は加速を止めない。
ここで立ち止まって防戦の構えを取れば、ますます不利になるからだ。

「おおおおおおおおおおッッ!」

破かれた皮膚からは鮮血が飛び散っていく。
肩に刺さった刃は、執拗に軍曹の身体に潜り続ける。
けれども、軍曹は突撃の構えを崩さない。
倒れない相手に苛立ちを覚えたのか、6/だった怪物は第二波を送り込む。
軍曹の等身より数段大きいシェルブリット。
先程のような無数の攻撃ではなく、単体の攻撃。
もちろん油断などできるはずがない。それがどれだけ強大な力か、軍曹自身は良く知っていたから。
振り下ろされる鉄槌を横に避け、体勢を整えるため加速を弛める。
だが、それがいけなかった。
切り捨てたはずの触手は再生し、四本の蔦となり軍曹の肢体を強烈に締め上げる。
自由を奪われた軍曹が次に感じたのは、文字通り胸を貫通する痛み。
敵の右腕が迷う事無く軍曹の皮膚を切り裂き、肉を削ぎ、骨を粉砕し、肺を破裂させ、そして背中から飛び出す。

「あ、ぐぁ、ッぉ、ぉ」

血が逆流し、心臓への負担が何倍にも跳ね上がった。
穴の開いた胸部から、花火のように赤い血と赤黒い血が撒き散らされる。
白い骨は剥き出しに晒され、千切れた肉は地面へと落下していく。
意識が赤と白と黒に奪われる。景色は既に色を失っている。
なのに、軍曹はただ痛みを堪え、しっかりとした笑みを浮かべていた。

「い、いいの、かよ……右手ぇ……お、さえた、ぜ」

口から泡と血を垂れ流す軍曹の言葉に、6/はギョッとした。
突き刺した右手が、どうやっても抜けない。動かないのだ。
一瞬だけ恐怖に襲われた6/は、次の瞬間冷静になり左手を動かす。
動かないならば、穴を広げればいいのだ。
左手を中心に廻り続けていた刃達が、我先にと軍曹の体中に突き刺さっていく。
或いは穴が広がるように。
或いは軍曹から力を奪うように。
或いは命を奪い去るかのように。
串刺し刑でも受けたかのような姿になりながら、けれども軍曹は目一杯白い歯を噛み締める。

「ぶ、ぶき……ひゅ、ひゅ。つか、使ッチ、まった、ひゅ、ひゅ……な」

6/に表情があったら、きっと恐怖で歪んでいただろう。
それぐらい、虫の息であるはずの軍曹は恐ろしかった。
肢体は締め上げ千切れそうなのに。
心臓は外に剥き出しとなり、内蔵も骨も無事な場所はないのに。
気付けば、人間の姿に戻っていたのに。
たった一点だけ変わらないから。
自身を見つめていた瞳が。勝利を確信していた瞳が変わっていなかったのだ。

「しっ、て、っか、ひゅ、ふゥ、る、か?」

いつから持っていたのか、軍曹の右手にはとある剣が握られている。
それだけではない。一瞬の間に、傷だらけの青年は傷だらけの騎士団長へと姿を変えていく。
きっとアニロワ1stを知っているものが見ればこう言っただろう。
あの姿は「グリフィス」だと。
軍曹は自分が変化したのを知っているのかいないのか、ただただ握った剣を縦に構える。
6/の本能が即座に軍曹を離せと警告する。
だが、突き刺さった右腕は未だ抜けず、締め付けていたはずの触手も逆に外せない。
そうこうしている間に、軍曹の構える剣が黄金に輝き始める。
二人の間を、まばゆい光が包み込む。
ボロボロになった歯をかみ合わせ、軍曹はゆっくりと舌を動かす。
決め台詞は、英雄に必要な行為だから。










「約束された……勝利!」








   ◇   ◇   ◇







目が覚めた軍曹の視界に飛び込んできたのは、美しいステンドグラスだった。
中にいるのは、周囲に祝福される二人の男女。

「目が覚めたかしら」

愛しい人の声が聞こえる。
目線を上げると、そこにはコロンビーヌの綺麗な顔があった。
どうやら膝枕をされているらしい。
そう言えば、いつの間にか姿が猫に戻っている。


「洋式か」
「ええ。急ごしらえだけどね」

ヴェールを被るコロンビーヌの頬に手を伸ばす。
が、伸ばした右手を見て躊躇う。真っ赤に汚れていたから。
すると、躊躇った右手をコロンビーヌの左手がそっと掴み取る。

「汝猫子頭の鬼軍曹は、この女を妻とし、良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、
 病める時も健やかなる時も、共に歩み、他の者に依らず、死が二人を分かつまで、
 愛を誓い、妻を想い、妻のみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」

「……誓います」

ゆっくりとした口調で、軍曹は力強く宣言する。

「汝コロンビーヌは、この男を夫とし、良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、
 病める時も健やかなる時も、共に歩み、他の者に依らず、死が二人を分かつまで、
 愛を誓い、夫を想い、夫のみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」

「ええ。誓います」

柔らかな笑みで、コロンビーヌはゆっくりと顔を軍曹に近づける。
二人はどちらからと言うでもなく、頷きあう。

「では、誓いのキスを」

夕日で輝くステンドグラスの下、二人はこうして夫婦となった。
膝元で目を閉じる軍曹に、コロンビーヌはそっと語りかける。

「子供はどっちがいいかしら?」
「お、いおい、ま、だ早いだろ、うが」
「もう、宿っているのよ」

いたわる様に、コロンビーヌは自分の腹部をさする。
突然の宣言に驚く軍曹だったが、次の瞬間には笑顔だった。

「男だっ、たら、猫太郎と、かどう、だ?」
「あら、私の名前は入れてくれないのかしら? 酷い旦那様ね」
「……すま、ない」
「構わないわ。選んだのは私よ」
「……」
「じゃあ、女の子だったらどんな名前かしら」
「……」
「コロン子なんてどう? 二人の名前も入っているわ」
「……」
「それとも、もっといい名前があって?」
「……」
「ねえ、貴方の考えた名前を教えてくださらない?」
「……」

軍曹は喋らない。ただ満足そうに、コロンビーヌの左手を握り締めている。
ポタリポタリと、軍曹の身体に雫が落ちる。
まるで軍曹の血を洗い流すように、大粒の雫が幾重にも落ち続ける。
コロンビーヌは悲しくて泣いているのではない。
ただ、愛する人の汚れを落とそうとしているだけ。
それだけだから……何度も大粒の雫を零す。
目が枯れるまで、愛した男が綺麗に眠れるまで。





【デビルシャリダム 完全消滅】
【◆6/WWxs901@カオスロワ 死亡】
【猫子頭の鬼軍曹@アニロワ1st 死亡】










【夕方】【E-6 教会】
【コロンビーヌ@漫画ロワ】
【状態】:健康
【装備】:ゾナハ蟲@からくりサーカス、腕時計型麻酔銃(残弾1/1)@漫画ロワ
【道具】:支給品一式×2、ティーセット一式、麻酔銃の予備針×4 、変化の杖、
     焦ったドラえもん・うっかり侍・孤高の黒き書き手の服、対戦車地雷×17個、ポン太くんスーツ@スパロワ(大破)
【思考】
 基本:恋愛がしたい。
 0:今はただそこにいる
 1:鬼軍曹を生涯愛し続ける
 2:宿った命を大切にする
 3:そういえば、新生クライシス帝国のみんなはどうしているかしら?

 ※容姿はコロンビーヌ(ロリ)@からくりサーカスです。
 ※ギャグ将軍にシンパシーを感じています。
 ※影の繋ぎ手・仮面ライダー書き手に紅茶を入れてあげたいそうです。
 ※猫子頭の鬼軍曹と結婚しました
 ※◆6/WWxs901の支給品は会場中に散らばりました。
 ※ジャリダムは完全に消滅しました


207:蟹座の爪の悪夢 投下順に読む 209:VSホワイトアルバム
235:意思×支給品=影丸 時系列順に読む 215:空気でもいいよ
204:我輩は――…… 猫子頭の鬼軍曹 225:小さな愛の物語
204:我輩は――…… コロンビーヌ 225:小さな愛の物語
203:誤解フラグ? ばっきばきにしてやんよ ◆6/WWxs901 225:小さな愛の物語
204:我輩は――…… デビルシャリダム




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。