さらなる高みを目指して


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人気のない森の中にその書き手はいた。
ここは中央部から離れたC-8の森の中。
鬱蒼と茂った森ゆえに、太陽があるにもかかわらず暗い森を形作っている。
そのような森だから静かな所かと言われれば、実はそうでもない。
さまざまな音がここには響いている。
木の幹を打つ音。
落ちてくる葉を叩く音。
大地を蹴る音。
腕を振るう音。
その者が発する魂の音。
それらの音が融合し、独特のハーモニーを奏でている。

この者の名は「熱血王子」
漫画ロワの書き手の一人である。
彼がここで黙々と腕を振るうのには、それ相応の訳があった。

サラマンダーからの脱却を決意した王子だったが、ふと自分の能力に関して疑問を持った。
自分の力である『破棄すべき全ての手(リスト・ブレイカー)』は果たしてこのロワで如何ほどのものなのかと。
確かに自分は手首を刈り取る手首マーダーをこころざしてここまで行動してきた。
しかし、その成果はどうだ! 未だに奪った命は0だ!
理由は薄々感じていた。
『破棄すべき全ての手(リスト・ブレイカー)』が有効な技とはいえ、言ってみれば相手の手首をはねるだけの技。
それでは出血多量しか死因は望めまい。
これではだめだ。自分の復讐は果たせない。
今のままではだめだ……もっと強く……更なる高みへ昇らなければ――

そう思い立って今に至る。
今の彼の行為を表すとしたら「修行」や「特訓」という言葉が当てはまるだろう。
古来より自分の限界を打ち破るには「修行」や「特訓」と相場が決まっている…………のかどうかは知らないが、
彼がそれで新たな境地を開いたなら、その時が彼が真のマーダーとして新生する時であろう。
そして――――ついにその時がきた。

ウルトラマンメビウスのヒビノ=ミライのような姿をした熱血王子が『ウルトラリング(書き手ロワ特別バージョン)』を合わせると、
その姿は銀目銀髪の高町なのはの顔に、ウルトラマンレオの体、声は赤木しげるというカオスなものとなる。
彼の足元には二人の死体があった。
それはA-8からわざわざ運んできたアルレッキーノと欝のエルだったもの。
もちろん王子はこの死体が誰なのかは知らないが、最後の仕上げに必要なものだった。
そして既にアルレッキーノの方はどういう訳か、見るも無残な姿へと変貌していた。
王子は欝のエルの死体を天高く放り投げると、構えを取った。

「《破棄すべき全ての手(リスト・ブレイカー)》ブラストモード……」

その言葉を紡いだ瞬間、彼の手の中の『破棄すべき全ての手』が禍々しい光を放ち始めた。
その光に辺りの空気も毒されているようだ。

「……全力全壊……《破棄すべき全ての首(ネック・ブレイカー)》ーーーッ!!!!」

その言葉と共に王子の手によって7つの斬撃が同時に放たれ、欝のエルへと突き刺さる。
下から……両足首……両手首……両乳首……そして首。
合計7箇所に同時に放たれる高速無比の斬撃。
それが熱血王子が編み出した新たな牙『破棄すべき全ての手(リスト・ブレイカー)』のブラストモード――
――『破棄すべき全ての首(ネック・ブレイカー)』
欝のエルの死体はアルレッキーノのものと同じように見るも無残な姿になった。

「そう、手首だけじゃ足りないね……首と名のつくものは全て――ッ!?
 ……乱発は控えた方がいいかぁ、まさしく最後の切り札か。
 少し休んだら、活動再開だ」

熱血大路は変身を解くと、しばらく休憩する事にした。
復讐はその後だ。

【午前】【C-8】
【熱血王子@漫画ロワ】
【状態】:疲労(中)、全身に軽い打撲、顔面に小ダメージ、変身解除
【装備】:『破棄すべき全ての手』(ブラストモード『破棄すべき全ての首(ネック・ブレイカー)取得)、ウルトラリング
【所持品】:支給品一式
【思考・行動】
基本:手首と言わず全ての首を狩り尽くし、復讐を果す。
1:脱・サラマンダー。相手は誰でもいいので見敵必殺。
2:666とネコミミストと会ったら今度こそ手首そして全ての首を狩る。
3:逃げていった最速の人達をもう一度見つけ出し、手首そして全ての首を狩る
※変身後の姿は銀目銀髪の高町なのはの顔に、ウルトラマンレオの体、声は赤木しげるです。
※変身前は、ウルトラマンメビウスのヒビノ=ミライの様な容姿です。
※第一回放送の前半を聞き逃しました。
※【『破棄すべき全ての手(リスト・ブレイカー)』@漫画ロワ&誤爆スレ】
 一話で二人の人間の手首をはねた逸話に由来する宝具。
 真名を解放しながらの攻撃は、全て手首を斬り飛ばす一撃となる。
 ちなみに外見はfateのルルブレ。存在は誤爆スレと漫画ロワ毒吐きを見て勝手に作った。
 ブラスターモード『破棄すべき全ての首(ネック・ブレイカー)について:
 このモードは『破棄すべき全ての手(リスト・ブレイカー)』の強化版。
 真名を解放しながらの攻撃は、相手の首と名のつく場所、つまり両足首・両手首・両乳首・首の合計7箇所に高速無比の斬撃を同時に繰り出す。乱発すると身体がもたないので、最後の切り札的な位置づけです。
※【『ウルトラリング(書き手ロワ特別バージョン)』】
 透明な麻雀牌がついた指輪と、レイジングハートがついた指輪の二つで一つ。
 この二つを合わせる事により、戦闘形態へと変身を遂げる。
※C-8にアルレッキーノと欝のエルの死体(両方とも見るも無残な姿)が放置されています。


190:愛だよ、愛 投下順に読む 192:Sa・Ga/Drastic our soul
170:さあ、立ち上がれ 時系列順に読む 192:Sa・Ga/Drastic our soul
131:その名は「火蜥蜴」 熱血王子 193:さよなら誤解先生





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。