シリアスの次に来るのがシリアスとは限らない


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ぁ……ぅ……」
あの出来事の後、コ・ホンブックはただただ歩いていた。
口から漏れるのは感情の篭っていない呟きで、その目に最早生気はない。
時間の感覚もなく、どれだけ歩いたのか既に見当はつかない。
周りの景色が少しづつ変わってきたが、そんな些細なことはどうでもいい。
――――彼女は今、絶望の真っ只中に居た。
闇の中に見えた唯一の希望を壊され、より深い絶望へと落とされた。
それを引き起こした男――いや、男というのは少し不適切かもしれないが――は既にこの世に居ない。
しかし、彼の思惑通り少女は正真正銘の化け物になった。

……なった、が。さすがの彼も、その後に何が起こるかまでは予想していなかったようだ。

シュルルルルル!!
「……!? ゥ……ァ!!」
謎の触手がコ・ホンブックの足を捕らえる。
一本だけではない、何本もだ。
何者かはわからない、だが、これだけはわかる。

――――この触手は生きようとしている。

それに答えたのは本能か、はたまた僅かに残った理性だろうか。
剣を捨て、自分に縋り付く触手を愛しそうに、力いっぱい抱きしめる。
時折口に含み、愛撫しながら別の触手を頬に摺り寄せる。
ドシュッ!ドシュッッ!!
一本の触手が体を貫く。それに続けて腹、太腿。
当然血が吹き出るが、彼女は苦しみ一つ見せていない。
寧ろ頬を赤らめ、恍惚とした表情を浮かべていた。
やがて体が修復を初め、触手ごと体を戻そうとする。
触手の方も、自らを一つの存在とすべく、内部で蠢いていく。
「……アッ……ィイ……」
ナカで何かが起こる度、艶声を上げる。
その体はピクピクと痙攣し、口元には笑みさえ見えた。
ドクンッ!!!
鼓動が聞こえ、少し遅れて一際大きく跳ねる。

「ア――ォ――アァアアアァァァアアァア!!!」

全てを掻き消す咆哮。全てを呪う負の意思。全てを飲み込む細胞。
その三つが混ざり合い、溶け合い、やがて一つになる。
「……ONEE-CHAAAAAAAAAAAAAAAANNNNNNNN!!!!」
――――――地獄軍神、コ・ホンブックVの誕生だ。


【昼】【E-6/市街地】
【コ・ホンブック@アニロワ2nd】
【状態】:酢飯細胞侵食中、不死者化、絶望、胸に12の傷(※)、腹に10の刺し傷(※)
【装備】:乖離剣・エア@Fate、乖離剣・エア(白)
【道具】:なし
【思考】:
 基本:生きているモノを呪う
 1:ONEECHAAAAAAAAAAAAAAAAAANNNNN!!!!

 ※容姿はアニタ・キング@R.O.Dです。
 ※不死者化する前に出来た傷は治りません。ずっと、痛いままです。
 ※嵌めていた首輪は爆発してなくなりました。
 【乖離剣・エア(白)】
 絶望へと追い詰められたコ・ホンブックが、自分を護るために紙使いの力で作り出したエアの模造品。
 威力や性能は本物と同様で、二本同時発動させることで奥義『紙砂嵐』を繰り出すことができる。
 ※地獄軍神コ・ホンブックVについて:
  不死者としての生命力と酢飯細胞のチート能力、そして凄まじい絶望による負の力が
  いい感じに混ざり合って出来た蝶人。触手つきのVつき。
  色々なものが作用しあい、科学反応とかもうそんなレベルじゃない。
  お姉ちゃんことボマーを求める心が、お兄ちゃんではなくお姉ちゃんと叫ばせ続ける。
  触手はやはり色々なことに使用できる。プレイとかプレイとかプレ(以下自主規制
 ※魂の叫びがE-6エリアに響き渡りました。


177:自重の意味を知るRPG 投下順に読む 179:それぞれの意地ゆえに
177:自重の意味を知るRPG 時系列順に読む 179:それぞれの意地ゆえに
163:絶望可憐少女達 コ・ホンブック 183:第二次スーパー書き手大戦 第183話 了承!!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。