無題(872)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「男おーなーんてララララ~~~ 女もラララ~~♪」
本棚に囲まれた屋内……図書館に音程を外しまくった歌声が響く。
「らぶ ワズ ボ~~ん♪」
音源の容姿は0.01となった視力をカバーしてくれる分厚いメガネに、痩せ型である。
後頭部で手を組み、椅子でシーソーをしながら机に足を乗せる彼はブリリアント・ダイナマイト・ネオン。
オープニングからずっと同じ事をブリリアントは繰り返している。

「フゥ……」
やがてその行動も終焉を迎えた。
さっきから閉じていた眼を開き、天井を見上げる。
暗い所は苦手だが、今はそうも言っていられない。
ぴょん、と椅子から飛び降りる。

そして再び息を吸い込んで────

「 な ん で シアーが本体襲っちゃいけねえんだあああああ!! あのクソ読み手舐めやがってぇぇぇええ!!」
先ほど腰掛けていた椅子を持ち上げ、窓に思いっきり投げつける。
割れたガラスが景気良く外に四散した。
「大体、人気キャラが死にゃあ『クオリティが低い』とイチャモン! 『人気キャラのケンシロウ殺すなんてありえない』!!」
机にガン!ガン!ガン!ガン!ガン!ガン!、と立て続けに蹴りを入れる。 
「あそこの読み手は調子のってんのか!? ぬううあにが『読み手あっての書き手だ』、書き手サマ舐めんな?
大体……過去に『ケンシロウの秘孔制限は難しい』なんて言って人の作品NGにしてえ……!!」
本棚にツカツカと歩み寄り、並べられた英和辞典に手をかけ……
「な・ん・で、な・に・ゆ・え! 新作では普通に制限が判明してんだコラァ!」
上記にあげられた愚痴は全て、根本的な勘違いと少し考えれば分かるのだが、生まれついて超ド短気の彼はその結論には至らない。
そのままダンベルとしても使える辞書を辺りに撒き散らす。
「いっぺん人気キャラズガンすんぞ、この、ド・チクショウがああああああ!!」
再び椅子を手に取り……

しばらくお待ちください(工事現場のオッサンが頭を下げながら)

「フゥ……フゥ……ヒィ、ハァ…………」
肩で息をしながら、とりあえずは一息をつく。
一つとして残らず破壊された机、ページが半分以下になった書物があたりに散らばり、本棚はもはや正方形の一面が外れた箱と化し、ホワイトボードは……
とまぁ図書館はまるでそこで一戦があったように滅茶苦茶だった……。
「!」
と、そこに来て彼は気付く。
こんな事をしている場合では無い、自分にはやるべき事があるのだ!

「明日のバイトに備えて……さっさと寝るか」

そして辺りを見渡して……。

【深夜】【B-6 町の図書館】
【ブリリアント・ダイナマイト・ネオン@漫画ロワ】
【状態】疲労大
【装備】椅子の破片
【道具】なし
【所持品】支給品一式(未確認)
【思考・行動】
基本:イラつく事があれば、なんにでも当り散らす(優先度は 人間>物)
1.オレは確か……家に居たはずじゃあねえか!
2.ここは何処だ、何でこんなに荒れてるんだ?
3.ええい、またイラついてきた!

※呼び出されてきてから今まで歌っていたため、オープニングを全然聞いてません
※容姿はギアッチョ(@ジョジョ5部)の短髪ver

015:無題 投下順に読む 017:きゃあ、じぶんごろし!
015:無題 時系列順に読む 017:きゃあ、じぶんごろし!
ブリリアント・ダイナマイト・ネオン 074:dddddddd



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。