アーカードVSガッツ!?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「があっ!!」
 長大な剣が高速で、地図氏の頭上めがけて弧を描く。
「う~ん、痛そうだ――なぁっ!!」
 咆哮が空気を割いた。
 殺気が、最速の男を貫いた。
 袈裟懸けの一撃を最速の男は最速で剣を引き戻す。
 禁――と一音。
 地図氏の手には、鎖鎌があった。
 竜殺しの腹の上で、跳ね上がった分銅が地面に落下する。
「おい……。鎖鎌なんぞどっからだした?」
「HAHAHA! 知らなかったのか、ヒューマン? 私には投影が可能だということを」
「そりゃ、書き手1stの能力だろがっ!! しかも地図限定のはずだろうがっ!!」
 わめきざま、最速の男は竜殺しを振るう。
 長大な横薙ぎを長大な剣が受け止めた。
「……次は鳳凰寺風の剣かよ」
 呆れと皮肉を存分に込めて、最速の男は呻いた。
(しっかし、デケェ剣だな……。どうみても女が使えるサイズじゃねーぞ)
 自分の持っている剣のことは成層圏の彼方に投げつつ、最速の男は心の中でぼやいた。
(しかも、この力ぁ……)
 最速の男の両腕の筋肉が膨れ上がる。
(とんでも、ねえ!)
 押されているのだ、片手一本で。
 軋む刃が徐々に最速の男に向かう
「吸血鬼に力を比べを挑むのは無謀。他の手段を考えるべき」
(長門かよ……。そんなにアーカードになるのが嫌かコラ!)
 いつの間にか制服姿の女子高生に姿を変えている地図氏に向かって最速の男は悪態をつく。
 しかし、ツッコミを入れている余裕もない。
(だが、力だけでどうにかなるほど――)
 ふっと力をぬく。
 地図氏の左腕が力のベクトルをそらされて上にそらされ、その体が前におよぐ。
「甘くねぇえんだっ!!」
 超重量の斬撃が、旋風をまいて地図氏の顔面に激突した。
 ビグシャガッっと異様な音が響いた。
 最速の男の背筋を氷塊が落ちた。
「ふはぁまえたっ!」
 半壊した顔面の中から声がする。
 地図氏の奥歯が竜殺しを噛みとめていた。

 ずどん。

 地図氏と最速の男が同時に弾けとんだ。
 地図氏の鉄拳が最速の男の胸板に突き刺さる寸前――否、突き刺さった瞬間、
 最速の男が義手から砲弾を発射したのだ。
「がはっ!!」
 最速の男の口から血が噴出した。
 鎧の胸部が凹んでいる。
(こりゃ、ヒビぐらい入ってやがるな)
 最速の男が憎悪を込めて見つめる先、
「素晴らしい……。その反射速度、判断速度、実にすばらしい!」
 ざわざわと地図氏の足が蠢き、みるまにその足が再構築されていく。
「愉しい愉しい、キサマをカテゴリーA以上の化物と認識する!」
「そりゃ、どうも……」
 地図氏の愉悦の混じった狂気の視線と最速の男の殺意の篭った視線が虚空で激突。
「しかしこれ以上のアナタとの戦闘継続は無益と判断した。
まだ敵は多く、これ以上の損傷と体力の低下は得策ではない」
「……黙ってやられてやるつもりはねぇんだが?」
「だから速攻で片付けちゃうことにしたの! 銃でっ!!」
(そんっなに、アーカードが嫌なのか!?)
 地図氏がまとうはゴシック調の赤いドレス、そして手にはソード・カトラス。
 見まごうことなき、銃撃女・ラジカルレヴィさんであった。
「つーことで、さっさとケツから鉛のクソしてくたばれや!」
 咄嗟に最速の男は、竜殺しを翳す。
 鉄塊は、銃に対しても十分な盾となろう。
「無駄だぜ……。くらいなっ! スーパーキョン・タイムっ!!」
 地図氏以外のモノ、全てがスローとなる。
 その中を地図氏は悠然と進んでいく。
 地図氏の唇が弧を描いた。
「こぇぇか? まぁ、そりゃこええだろうなあ。
体がゆっくりとしか動かねえのに、意識は元のまんまだもんなぁ……。
クク……。ぜいぜい、ガタガタふるえながら神様にお祈りでもしてくれや」
 ぴたりと銃口が最速の男の脳天を捕えた。
「ワリィな、この技はそう何度も使えねぇんだ。つーことで、死に――」

(ラディカルグッドスピード碗部限定!!)

 最速の男の腕に装甲が発生。
「な、なにぃ!?」
 スーパーキョンタイムのスローさとラディカルグッドスピードの超速が相殺。
 つまり、最速の男の腕は通常の速さ。
 地面から竜殺しの刃が跳ね上がり、地図氏の腕を切断。
 飛ばされた腕が赤い飛沫と共に宙を舞った。
 地図氏の目が飛ばされた腕を追う。
 機、なり。
 脱兎の如く、最速の男は窓に向かって突進していく。
「待ちやが――」
 最速の男が振り向きざま、何かを投擲。
 その時には既に地図氏は腕の再構築を終えていた。
 無造作に照準。発砲。
 爆裂。次の瞬間――部屋は白い粉塵で多い尽くされた。
「ケホっ……。消火器かよ」
 舌打ちしつつ、地図氏は銃をおろした。
「逃げやがったか……」
 逃げるのも最速かよ、などと思いつつ、地図氏は頭をかいたのであった。

【早朝】【F-3 ホテルのロビー】
【地球破壊爆弾No.V-7@アニロワ1st】
【状態】(〓ω〓.)、ダメージ(中)顔面に傷跡、右腕に深い裂傷(どちらも再生中)
【装備】なし
【道具】支給品一式、未定支給品×1(本人確認済み)
【思考】
 基本:闘争を愉しむ
 1:ちょっと休むか
 ※変化する姿に7つのバリエーションがあるらしいです。
 【1:地球破壊爆弾】【2:アーカード】【3:長門有希】【4:泉こなた】
 【5:銃撃女ラジカル・レヴィさん】【6:?不明?】【7:?不明?】
 ※基本的に中身はアーカードで、CVは平野綾です
 ※クーガーの早口台詞が言えます!
 ※鎖鎌、鳳凰寺風の剣、ソード・カトラスが投影可能です
 ※「スーパーキョンタイム」地図氏以外の者はゆっくりとしか動けなくなります。一度使うとそれなりの時間使用不可能です。

(ふざけやがって……。アーカードってレベルじゃねえぞ!)
 神行法を発動させてホテルから遠ざかりながら、最速の男は悪態をついた。
(こりゃ手段なんぞ選んじゃいられねえ……やっぱここは……)

 ――仲間を集めてフルボッコだな。

 次に会うときは、「孤城の主」を実現させてやると、最速の男は誓うのであった。


【神行太保のDIE/SOUL@アニロワ1st】
【状態】激怒  胸部にダメージ
【装備】竜殺し@ベルセルク、ガッツの装備一式@ベルセルク
【道具】支給品一式、拡声器(本人確認済み)
【思考】
 基本:地図氏は殺す。
 1:今の所は逃げる。
2:仲間を集めて「孤城の主」を実現させる
 ※容姿はガッツ@ベルセルクです。
 ※神行太保・戴宗の神行法(高速移動)が使えます。
 ※ラディカルグッドスピード腕部限定は、腕だけが速く動きます。


122:愛ゆえに 投下順に読む 124:POWER STAGE
122:愛ゆえに 時系列順に読む 124:POWER STAGE
077:Zero noize (+1)(後編) 地球破壊爆弾No.V-7 124:POWER STAGE
077:Zero noize (+1)(後編) 神行太保のDIE/SOUL 124:POWER STAGE



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。