走れたい焼きくん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

焦ったドラえもんとの接触以降も、THE FIRSTは不眠不休で鯛焼きを焼き続けていた。
少しぐらい休んでも、とは自分でも思う。しかし、手が止まらない。アドレナリンとか
エンドルフィンとかそういうのが出っぱなしなのかもしれない。

そんな彼の元に、一人の男が近づいてきていた。黒いスーツに身を包んだ、いかにも紳士
といった風貌の男だ。

「はい、いらっしゃ…。」

新たな客が来たものと思い、顔を上げるTHE FIRST。が、その表情は一瞬で凍り付く。
スーツの男の後ろに立つ、ハンマーを携えた巨大な不良少年を見てしまったからである。

(な、何あれ?支給品?巨大ロボ?というか、あんなもの歩いてきたら地響きとかするだろ!
何でこんな接近するまで気配も何もなかったんだよ!)

正解は、その巨大不良少年がスタンドだから。あ、「スタンドはスタンド使いにしか見え
ないはず」とか今更言い出してはいけない。パロロワのお約束である。

それはさておき、THE FIRSTは巨大承太郎を見上げたまま固まってしまっていた。
そんな彼に向かってスーツの男…承は、死刑宣告に等しい言葉を放つ。

「ゴルディオンハンマー、発動承認!」

「へ?」

未だ呆然とするTHE FIRSTに、黄金の鉄槌が振り下ろされる。そんな光景を目に
しては、さすがにTHE FIRSTも固まっているわけにはいかない。

「ふざけんなぁぁぁぁぁ!!オーバーキルにも程があるわぁぁぁぁぁ!!」

火事場の馬鹿力か、はたまたアドレナリンの過剰分泌のおかげか。THE FIRSTは
迫り来るハンマーの攻撃範囲から、何とか逃れることが出来た。だが、自ら動く術を持た
ない屋台と鯛焼きたちはそうもいかない。

「ああああああ!!なにしてくれるんじゃ貴様ぁぁぁぁぁ!!」

命の危機にさらされたショックと、大切なものを失った絶望に彼は叫ぶ。
もはや元キャラの面影などない。というか、誰だおまえ。

「許せん!貴様はこの俺が成敗…出来るかオイィィィ!!」

かっこよく啖呵を切ろうとしたTHE FIRSTだが、改めて敵の巨体を見てやっぱり
ビビる。どうでもいいが、さっきから叫びっぱなしでのどがちょっと痛い。

(あんなの相手に、一般人がどう戦えっていうんだよ!いっそのこと俺にも巨大化能力
とかくれよ!神様仏様東映様円谷様、俺に奇跡を~!)

残念ながら、奇跡とはそう易々と起こるものではない。まあ、この世界ではあながちそう
とも言い切れないのだが…。
とにかく、この場では彼に奇跡は訪れなかった。自分の願望が叶えられないと悟った
THE FIRSTは、次善の策に移る。
逃走。否、一時的撤退である。

「覚えてろ!必ずおまえを倒す方法を見つけてきてやるからな!鯛焼きの恨みは忘れねえぞ!」

捨てぜりふを残し、全力疾走で駆けていくTHE FIRST。
その後ろ姿を、承は黙って見送る。本当は言いたいことがあるのだが、口が、いや、
体が言うことを聞いてくれない。

(ああああ、やってもうたー!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!自分の意思じゃ
ないんですー!)

不本意に殺し合いに乗らされた男、承。彼もまた絶望していた。


【早朝】【C-7 市街地】
【THE FIRST@ライダーロワ】
【装備】鯛焼き名人アルティメットフォーム
【所持品】支給品一式(確認済み)
【状態】健康・かなりヤケ・精神的にやや疲労
【思考・行動】
基本行動:鯛焼きを焼いて焼いて焼きまくる。
1:食材を調達。
2:毒かなんかも調達。
3:スーツの男(承)にリベンジする方法を見つける。
※外見や声は三上了@仮面ライダー剣29-30話です。
※鯛焼き名人アルティメットフォームは、スペシャルターボのスイッチを入れることで
 鯛焼きをものすごく速く焼くことが出来ます。
※本職はたこ焼き屋です。


【承@スパロワ】
【装備】:スタンド『ビッグ承』(ゴルディオンハンマー装備)
【所持品】:支給品一式、了承@フリーソフト、他不明
【状態】:健康
【思考・行動】
1:殺し合い? 了承(1秒)
2:うおぉぉぉぉ、殺し合いなんて嫌だー!(本心)
※外見はBIG-Oのロジャー・スミス
※スタンド『ビッグ承』がスタンド『スタープラチナ』を使えるかどうかは不明です。

【THE FIRST特製の鯛焼き】全滅


112:二時間制裁 投下順に読む 114:レクイエムは静かに奏でられる
112:二時間制裁 時系列順に読む 114:レクイエムは静かに奏でられる
080:ほとんど無害 THE FIRST 150:take it a try
061:BIG-JOE SHOWTYME 149:書き手の誓い
080:ほとんど無害 THE FIRST特製の鯛焼き 126:温泉三昧




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。