二時間制裁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ところでさ、パンタローネには頼りになる知り合いはいないのか?」
「うむ……漫画ロワは……ほら、あんなに熱いから」
「十分に頼りになる知り合いは心当たりがあると思うんだけど? 私は完全燃え特化型だし、気が合うかも」


ただいまディーをフルボッコ中です、しばらくお待ちください。


「例えば、えーと……このエースって人は?」
「まさにストライカーだな。熱いバトルを書き上げる漫画ロワのまさにエースだ。確かに味方になれば頼もしい」
「アッー、アッー、アッー!(ドップラー効果)」
「問題は敵に回ったときだ。熱い展開と共に葬られかねないぞ。もしも彼がマーダー側ならばな」


ただいまディーを青龍偃月刀で十七分割中です、しばらくお待ちください。


「じゃあ、確実に対主催で味方に加わってくれる人はどうかな?」
「……………………うむ」
「何で黙るんだよ、おいっ!!」
「いや、皆が熱い対主催だと信じたいんだが……君も分かっているはずだ。ここがロワである以上、何がキッカケでマーダーになるか分からない」
「ああ、待て! 羽を毟るな! あ、が、ちょ、その間接はそっちの方向には曲がらな……アッーッ!!」


ただいまディーを吊るし上げてランタンの火で炙っております、しばらくお待ちください。


「むしろ、君のところはどうだ? 例えばそう………………あれ、ステルス鬼畜とか孤高の黒き書き手とか、マーダーっぽい人たちが」
「……私ね、結構そのステルス鬼畜と予約合戦で激しく戦ったのよ。最後は手を取り合ったけど、どうなるのかな……」
「予約といえばこのtu氏なんて……」
「燃え展開多めの自ロワにおいて、貴重に欝をプレゼンしてくれますが、何か?」
「ぉぉおぉおおおお!? 魔女狩り!? 魔女狩りなのかこれは……アッ、ギィィィ……!」


次はディーを的にしてナイフダーツ中です、どうぞご鑑賞ください。


「そういえばパンタローネって書いてる作品はどんなスタンス?(ヒュン……)あぁ、外したか」
「繋ぎが主だ。実は一度病院で大集団崩壊とかさせたが、心配しないでほしい。ちゃんと対主催だ(ヒュン……)おっ、肩に当たった」
「私は燃え展開がほとんどで……(ヒュン……)あっ、やった! やっと額に当たったよっ!」
「む、俺の負けか……どれ、最期の一刀(ヒュン)おっ、喉に当たったな」
「…………………………返事ガナイ、ダダノ屍ノヨウダ」


気づいたら、朝日が昇っていた。
どうやら数時間に及びフルボッコをしたまま雑談していたらしい。
お姉さまはディーのほうを見るが、息はあるらしい。さすが神、こうなったらオーラフォトンブレイクを用意するしかない。

「さて……行動するか。目標は仲間集めと主催者打倒ってことで」
「ああ。有能で信頼できる人を探していこう」
「……いや、その前に放送ですか。まずはメモを取ろう、メモを」
「ああ、誰が犠牲者で禁止エリアは、だろう? まさか自分たちがこうしてキャラと同じことをするとはなぁ……」

二人はその場に待機して放送を待つことにした。
時間が少し余っている。
なので、もう少しの間だけ、そこで片言で転がっているディーを蹴っ飛ばしておくことにした。


【早朝】【B-2 森】
【お姉さま@ギャルゲロワ】
【装備:青龍偃月刀、ディー、チャイナ服】
【所持品:支給品一式、支給品一式(他ランダムアイテム1)】
【状態:健康】
【思考・行動】
基本行動方針:殺し合いに乗ってる人間を止め全員での脱出
1:とりあえず蹴ろう、ディーを。
2:戦う覚悟。
※容姿はくれないの長髪でスレンダーな美少女。というかまんま東方の中国w
※性別は未だ不明。
※ディーにより東方キャラに変わる力を得ました。何に変わるかはディーの気分次第。確率的には咲夜が高い。
 やばすぎる能力には制限がかかってます。
※ディーは制限により弱まってます。そしてそれが原因でちょっと逝ってます。


【パンタローネ@漫画ロワ】
【装備:無し】
【所持品:支給品一式、支給品一式(ランダムアイテム不明)】
【状態:健康、自動人形】
【思考・行動】
基本行動方針:殺し合いには乗らない、乗った人間には容赦しない
1:……そろそろ、お姉さまを止めるべきか? まあいいや、蹴ろう。
2:助けられる人はなるべく助ける。
※パンタローネの服を着ていますが顔は若いです。
※深緑の手の空気供給率が低下しています。
※深緑の手:手の平の穴から空気を吸収し、指から圧縮された空気で攻撃する技。
 原作では片手撃ち尽す→もう片手で撃ちながら、撃ちつくした手は空気供給で弾切れの心配が無かったりする。


111:類は友を呼ぶ 投下順に読む 113:走れたい焼きくん
111:類は友を呼ぶ 時系列順に読む 113:走れたい焼きくん
068:逝っちゃった神 お姉さま 154:書き手ロワ2ndの火薬庫
068:逝っちゃった神 パンタローネ 154:書き手ロワ2ndの火薬庫




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。