意外!それは紙切れ!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

意外な影丸?は、とりあえず移動することにした。
自分のスタート地点は会場の端の方だし、ずっと隠れていれば安全かもしれないという
考えも当然あった。
しかし、それでは駄目なのだ。
今の自分は、キョンというただでさえ地味なキャラの姿なのだ。危険を冒してでも
目立つ行動を取らねば、空気扱いされいつの間にか死亡という事態になりかねない。

(とは言っても、まだ対主催でいくかマーダーでいくかすら決めてないんだよなあ…。
どうしよう…。)

考えながら、影丸?は歩く。その不注意がたたり、彼は瓦礫につまずいてしまった。

「おわっ!」

派手に転倒する影丸?。その衝撃でデイパックが開き、中の荷物が周囲にぶちまけられた。

「あーあー、大丈夫?ちゃんとカバンを閉めておかないから…。」

背後から大山のぶ代ボイスでお説教が飛んでくるが、影丸?はそれに反応することなく
散らばった荷物を拾い集める。

(あれ?こんなのあったか?)

ある物体を発見し、影丸?の手は止まる。それは輪ゴムで無造作に止められた、紙の束だった。
最初はメモ用紙かとも思ったが、彼の脳裏にパロロワともゆかりが深いあるアイテムの
存在が浮かび上がる。

(まさか…。これが噂のエニグマの紙!)

そう、それは彼の予想通りのものだった。支給品が収められたエニグマの紙である。
しかも、その枚数は1枚や2枚ではなかった。

(あんな足手まとい支給されたときには自分の不幸を呪ったが…。十分おつりが来るぜ!
ありがとう神様!)

一人浮き足立つ影丸?は、中身を確かめもせず1枚目の紙を開いた。
そこから出てきたのは、上等なあんこを皮で上下から包んだお菓子。要は…。


どら焼き。

「………。ドラえもん、これあげる。」
「えっ、いいの?ありがとう!」

大好物を渡されたドラえもんは、早速それをほおばり始める。
それを横目に、影丸?は新たな紙を手に取った。

(まだだ!まだ終わらんよ!)

己を奮い立たせ、紙を開いていく影丸?。しかし…。

2枚目 ドライフラワー
3枚目 ドライヤー
4枚目 ドライバー

(ロクなのがねえ…。一応、ドライバーは首輪解除に使えるかもしれないが…。)

すっかり気力を失い、影丸はうなだれる。ちなみにこの支給品はドラえもんにちなんで
「ドラ」縛りになっているのだが、彼にとってはどうでもいい事実である。

(最後の一枚…。おまえにかけるぜ!)

意を決して、最後に残された紙を開く。そこには、「ドラゴンキラー」の文字があった。

「よっしゃあぁぁぁぁ!!やっと当たり支給品きたー!」

ドラえもんが大声に驚いてどら焼きをのどに詰まらせたのも無視して、影丸?は
喜び勇んでドラゴンキラーを紙から取り出す。そしてそれを右腕に装備した瞬間、
どこからともなく「あの音楽」が聞こえてきた。

でろでろでろでろ でっでっ♪

「呪われてんのかよ、こんちくしょぉぉぉぉぉ!」

やり場のない怒りを、その辺の瓦礫にぶつける影丸?。

(落ち着け、俺…。確かに外せないのはいろいろやっかいだが、ドラゴンキラー自体には
特にマイナス効果はない。攻撃力もそれなりにある。あの猫型ロボットに比べれば、
こっちの方がはるかに「当たり」だ!)



何とか自分を納得させた影丸?は、ドラえもんに声をかけ移動を再開した。
目指すは人の集まりそうな所。すなわち、会場の中心部。

しかし、彼は気づいていなかった。輪ゴムを外した際、エニグマの紙を1枚落としていた
ことを。
そして、それが一番の当たり支給品だったことを。

紙は、風に吹かれどこかに飛んでいった。

【黎明】【H-2 廃墟】
【意外な影丸?@アニロワ1st】
【装備】:ドラゴンキラー-1(呪)@トルネコの大冒険
【道具】:ドラえもん(四次元ポケットなし、CV:大山のぶ代)、
ドライフラワー、ドライヤー、ドライバー
【所持品】:支給品一式
【状態】:かすかな擦り傷。
【思考・行動】
1:とりあえず中心部を目指す。
2:対主催かマーダーか…。
【備考】
※容姿はキョン@涼宮ハルヒの憂鬱です。
※クレイジーダイヤモンドのDISC@漫画ロワが、エニグマの紙に入った状態でどこかに飛ばされました。


107:すれ違う二人+α++曖昧ネッケツ怪人 投下順に読む 109:学校屋上戦争
106:すごく……誤解です 時系列順に読む 110:覚醒フラグ
083:支給品次第で参加者のモチベが変わるのは必然である 意外な影丸? 116:ドラえもん 鬼軍曹のバトルロワイアル…って俺がいねぇ!by影丸



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。